2019.06.17

多幸感が出るオキシトシンとは?幸せホルモンを出して幸せになる方法!

【目次】

幸せホルモンがあるって、本当?
私も幸福を手に入れたい…!
多幸感を感じられる「オキシトシン」の意味とは?
私たちが幸せを感じる7つの瞬間!
幸せを感じて楽しくなる方法13選!
誰だって幸せを手に入れることができる。
多幸感溢れる瞬間をたくさん手に入れよう。

幸せホルモンがあるって、本当?

私たちは人生の中で、いつ、どんなときに幸せを感じているんだろう。

自分の好きなことをしているとき?

友達とくだらない話で盛り上がっているとき?

それとも、誰かを愛しいと思うとき?

私の幸せと、誰かの幸せは同じじゃない。

「こうだったら幸せ」なんて、きっと誰にも定義できない。

だけど、私たちが幸せを感じることに関係しているホルモンがあるらしい。

「幸せホルモン」

どんな時に、私たちはそれを感じることができるんだろう。

私も幸福を手に入れたい…!

幸福感を感じていたい。幸せでいたい。

誰しもが、当たり前に胸に抱く願い。

どうせ生きていくなら、幸せな方がいいに決まってる。

けれど、何もしないでただ漠然と「幸せになりたい」と思っていたところで、幸せになんてなれるはずもなくて。

幸せを感じるためは、一体どうすればいいんだろう?

幸福を手に入れるために、自分に今、何ができるんだろう?

幸せの定義なんて、きっと人それぞれだけど、自分が本当に幸せだと思える瞬間を見つけられたら。

きっとそれだけで、これからの人生はもっと楽しく輝くはずだから。

多幸感を感じられる「オキシトシン」の意味とは?

「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」は、人やペットなどとの関わりの中で分泌されるホルモンのこと。

オキシトシンが分泌されることでストレスを減少し安心感を得ることができることから、「愛情ホルモン」や「抱擁ホルモン」とも呼ばれます。

私たちが「楽しい」「気分がいい」「嬉しい」などと感じた時に脳内で作られるのがこのオキシトシンなのです。

本来は女性が母乳を出すために分泌されるホルモンではありますが、このホルモンが作られるのは決して女性だけという訳ではなく、男性の場合でも同じように分泌されます。

抱擁ホルモンという別名の通り、ハグやキスといった恋人とのスキンシップによって分泌されることの多いオキシトシンですが、もちろん恋人がいない場合であっても大丈夫。

友人と食事を楽しんだり、誰かのためにプレゼントを選んだりすることでも脳内で作られることが分かっています。

人との触れ合いの中でオキシトシンを分泌させることで新たな人間関係が築ける…なんてこともあるかもしれません。

私たちが幸せを感じる7つの瞬間!

幸せホルモンと呼ばれている「オキシトシン」についてご紹介しましたが、それでは、私たちは普段一体どんな瞬間に幸せを感じているのでしょうか。

人生において幸福感や充足感を感じることのできる7つのシーンをご紹介します。

1.夢が実現した時

長年抱いてきた夢が叶った瞬間は、間違いなく「やり遂げた」という達成感に満ちていて嬉しいものです。努力してきた期間にかかわらず、その努力が実ったという事実は、私たちに幸福感を感じさせてくれるでしょう。

夢を実現させるための道のりには苦しいこともたくさんあったはずですが、だからこそ、それが叶った時の喜びも大きい。描いてきた夢のスケールは人それぞれでも、そこに向かって努力をし、辿り着いたということが大きな幸せに繋がります。

2.恋が叶った時

誰かに恋をしていて、それが成就した時、私たちは他の何にも代えがたい喜びや幸福を感じます。愛しいと思う相手と気持ちが通じ合った時の感覚は、密な人間関係だからこその唯一無二のものと言えます。

自分が好きな相手も自分のことを好きでいてくれるということは、とてもありがたくて貴重なこと。恋が叶った瞬間には、その時にしか感じられない幸せが詰まっています。

3.目標に向かって努力している時

仕事でも学業でも、自分が思い描く未来を実現するための明確な目標を持つというのは素敵なこと。また、そうして目標に向かって努力している時、私たちは幸せを感じているのです。

もちろん、目標を追っていく中で迷うことやくじけそうになることもたくさんあるでしょう。けれど、そうした迷いを乗り越えて努力を続けていれば、充実感とともに日々を送ることができるはずです。そして、その充実感こそが、私たちに幸せを感じさせてくれます。

4.友人と楽しく遊んでいる時

気の置けない友達と他愛のない話で盛り上がっているとき、私たちは心身ともにリラックスして安心感を感じることができます。他人から見たらくだらない話であっても、思いっきり笑って気を遣わないでいられる瞬間は、気持ちをリフレッシュするのにこれ以上ないほど効果的。

自分の悩みを相談して、真剣に聞いてもらう。アドバイスしてもらう。そうした何気ないコミュニケーションの中で、多くの人は幸せを感じるのです。また、おしゃべりをすることで、脳内でオキシトシンがたくさん分泌され幸福感を味わうことができるでしょう。

 

 

5.家族と共に時間を過ごせる時

一緒にいて安らげる存在である家族と過ごす時間は、私たちに友人や恋人との時間とはまた違った安堵感を与えてくれます。血が繋がっていることによる居心地の良さを感じられるので、肩の力を抜き、思いっきりリラックスできる相手とも言えるでしょう。

両親や兄弟と過ごす時間はかけがえのないもの。歳を重ねるにつれて、なかなかまとまった時間を過ごす機会も減ってしまうので、一緒に過ごせる時間を大切にしてみてください。

6.趣味に没頭できる時

自分の好きなことを突き詰めて趣味に没頭できる時間は、私たちに充足感を与えてくれます。読書やゲーム、スポーツなど人によって趣味は様々ですが、「やりきれた」という達成感を感じたり、精神的に成長することができたりと、趣味を楽しむことで得るものは多いでしょう。そうした過程の中で、私たちは幸福を感じていると言えます。

7.何かから解放された時

何かによって抑圧されていた状態から解放されたとき、私たちは解放感とともに確かな幸福を感じます。仕事や学業でも、目の前に積まれていたタスクが全て片付いたときなどには「自由になった」と幸せに感じるのではないでしょうか。

また、物理的なことだけではなく、精神的な抑圧から解放されることも大事です。私たちは常に、無意識のうちに自分で自分を縛ってしまっていたり、社会やコミュニティの暗黙の了解などに押さえつけられています。

自分を縛るものや他人からの抑圧から解放されることで、私たちは幸福感を得ることができるのです。

幸せを感じて楽しくなる方法13選!

ここまで、どんな時にオキシトシンが分泌され私たちは幸福を感じることができるのか、人生の7つのシーンについてご説明しました。

ここからは、私たちが日々を生きていく中で幸せを感じて楽しく過ごすための方法13選をご紹介していきます。

1.趣味の時間を過ごす

仕事や学業で忙しいなと感じている時でも、自分の好きなことをして過ごす時間を忘れないようにしましょう。趣味の時間の楽しみ方は人それぞれですが、他のことを忘れてひとつのことに没頭できる時間はとても貴重なものです。

特にこれといって趣味がないという人は、本を読んだりゲームをするなど、身近な趣味から始めてみるのがおすすめ。まずは色々なことに興味を持ってみることで、長く続けられる趣味が見つかるかもしれません。趣味をもつことで、そこからまた新たな人間関係が生まれて気の合う友達を見つけることができる可能性も。

2.休みの日を満喫する

休みの日は「せっかくの休日なんだから遅くまで寝ていたい」とお昼過ぎまで寝てしまうなんてこともあるかもしれませんが、いつもと同じくらいの時間に起きてみることで1日が長く感じられて、充実した休日を過ごすことができます。友達を誘ってレジャーに出掛けるなど、少し遠出をしてみるのもいいでしょう。

お布団の中で過ごす時間はとても心地いいですが、二度寝したい気持ちをグッと押さえて早起きすることで、休日をより満喫することができるでしょう。

3.好きな人と過ごす

1日中1人で家に引きこもっていることに退屈さを感じたら、思い切って好きな人を誘ってみましょう。自分が好きだと感じる人と過ごすことで、私たちは確かな幸福感を感じると同時に、安らぎや満足感を感じることができます。好きな人と過ごすことでしか得られない幸せもあるので、会いたいと思った時には相手に素直にそう伝えることが大切です。

4.デートをする

「心にうるおいが足りない」と感じる時は、スケジュールにデートを組み込んでみましょう。これから会う人のことを思ってメイクをしたり服を選んだりする時間を過ごすことで心がうきうきし、幸福感を感じることができるでしょう。また、一緒に食事をしたりショッピングをしたりすることで、1人のときとはまた違った発見や、新しい気付きを得ることができる場合も。

5.夢に向かって進む

「将来何をしたいか」「未来にはどんな自分でいたいか」。自分の思い描く未来像のために努力をすることで、私たちは充足感や達成感を感じることができ、それが人生の幸せにも繋がっていきます。

「大きな夢がない」という人も、まずは近い未のことを少し考えてみてください。思い描いた未来像のために今何ができるのか、何をするべきなのかを考え、そして行動することで、きっとこれまで感じることのできなかった幸福感を感じることができるようになるでしょう。

6.好きな音楽を聴く

疲れているときや心をすっきりさせたい時には、ゆっくりと時間をとって好きな音楽を聴いてみましょう。普段は電車での移動中や他の作業をしながらBGMとして音楽を聴くことが多いですが、集中して「音楽を聴くこと」だけを楽しむことで、また新たな発見があるかもしれません。

また、悲しい時には悲しい歌を聴いて思いっきり涙を流すのも効果的。その時の感情に寄り添ってくれる音楽を聴くことで心をリフレッシュさせることができ、幸せな気持ちになれるでしょう。

7.アロマを楽しむ

香りには、私たちの気持ちを落ち着かせ、リラックスさせてくれる効果があります。イライラしたり疲れが溜まっていると感じた時は、自分の好きな香りのアロマを楽しんでリフレッシュしましょう。

また、よく眠れない時にはラベンダーやカモミール、心と体をスッキリさせたい時にはミントといったように、自分の悩みに合った香りを生活に取り入れることで、日々の満足感を向上させることができます。

 

 

8.ハーブティーを飲む

ハーブティーには、気持ちを落ち着かせてくれたり、香りを楽しむことでリラックスできるという効果があります。毎日の生活の中にティータイムを取り入れることで、仕事や学校生活の間の気分転換になり、ほっと息抜きすることができるでしょう。

また、フルーツのフレーバーのついているものや淹れた時の色がカラフルなものなど様々な種類の茶葉があるので、趣味としても長く楽しむことができます。

9.恋人と触れ合う

恋人と過ごす時間は、かけがえのない大切なもの。心から一緒にいて楽しい、愛おしいと思える相手と触れ合うことで得られる満足感や幸福感は、多くの人にとって他の何にも代えがたい特別なものです。

ハグをすることによって日頃抱えていたストレスが軽減されるほか、お互いの気持ちも伝わりやすくなるので、2人きりで過ごすときにはたくさんスキンシップをしてみてください。

10.感動する映画を見る

感動的なストーリーの映画を見ると、前向きな気分になり心が満たされ幸福感を感じることができます。人と人の絆や繋がりが感じられる映画を見て感動した時に、心がじんわりとあたたかくなって幸せな気持ちになったことはありませんか?

また、泣ける映画を見て思い切り涙を流した後、心がスッキリしたなんて経験をしたこともあるかもしれません。心が乾いていると感じた時には、ヒューマンドラマやラブストーリーなどの感動的な映画を鑑賞してみましょう。

11.人に親切な行動を取る

誰かに対して親切に接することで、感謝の気持ちを伝えてもらえたり、自分自身に自信を持てるようになります。そうした日々の小さな積み重ねによって、毎日がこれまでよりも幸せに満ちたものに変わっていくでしょう。

また、街などで誰かの親切な行いを目にすると、見ているだけで何だか幸せな気持ちになれるもの。自分が親切な行動を心がけることで、それを目にした人も幸せを感じることができるかもしれません。

12.家族との時間を大切にする

一緒にいて安心感を感じることのできる家族は、幼いころから一緒に過ごしていることから、自分のことをよく分かってくれている相手です。時には、家族の方が自分以上に自分のことを分かっている……なんてことも少なくありません。

外の世界が広がるにつれて家族とのコミュニケーションは減ってしまいがちですが、意識をして家族と過ごす時間を大切にしてみてください。

13.自分だけの時間を楽しむ

恋人や友達、家族と過ごす時間も大切ですが、同様に、1人で過ごす時間も大事。自分だけの時間を楽しむことで、ゆっくりと自分自身と向き合い、自分の心の声を聞くことができるでしょう。

そうして自分と向き合うことで、将来の目標ややりたいこと、自分が本当に一緒に過ごしたいと思う相手は誰なのかなど、人生を豊かにするためのヒントにたどり着けることも。

誰だって幸せを手に入れることができる。

誰にだって、幸せになる権利はある。

もちろん、私だってそうだし、あの子だってそうだ。

けれど、幸せの形は当然人それぞれ。

趣味の時間を過ごしている時が一番幸せだと感じる人もいれば、恋人と過ごしている時間が一番幸せだと感じる人もいる。

誰かの幸せを否定することなんて、誰にもできない。

私の幸せだって、誰にも否定することはできないんだ。

だから、私は私の幸せを見つけたい。

自分が胸を張って「今の自分は幸せです」って言えるような時間をたくさん集めて、いつも幸福を感じていたい。

そうやって、自分で自分の人生を「幸せ」でいっぱいにしていくんだ。

多幸感溢れる瞬間をたくさん手に入れよう。

幸せになりたい。

いつだってそう思っているし、これまで何度も何度もそう願ってきた。

幸せは、毎日変わらないように見える生活の中でも、自分次第でいくらでも見つけることができるもの。

幸せになりたいと漠然と願うだけじゃなくて、自分から見つけて集めていくものなんだ。

だから、何気ない日々の中で、できるだけたくさんの幸せを集めていこう。

どうせ生きていくのなら、幸せだと感じられる瞬間を、もっともっと増やしていこう。

そうやって小さな幸せを見つけていくことで、今よりもきっと、生きることが楽しくなるはずだから。

まずは小さな幸せを、ひとつひとつ大事に拾い集めていきたい。

Mizuki
Mizuki
人を好きになることがあまり得意ではないライター・編集。愛するものは猫と音楽。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする