2019.06.15

【物欲がない人】欲しいものがない人13の心理&特徴|人生楽しみたい!

目次

物欲がないんです。
物欲とは?
欲しいものがない人の心理
物欲がない人の特徴
人生もっと楽しみたい!

物欲がないんです。

みんなの話を聞いていると、自分が欲しいものに目を輝かせている。

「あれ欲しいなあ…。」

「次のお給料が出たらこれも買いたいなあ…。」

「この新商品も気になる…!」

欲しいものを手に入れる喜び。そのために「頑張ろう!」って思える気持ち。

そういう気持ちが、私にはありません。

そもそも、何かを欲しいと思う気持ちが湧かない。欲しいものがない。

「物欲は抑えるもの」なんて聞くけど、私には物欲そのものがない。

お金が貯まるのはたしかに良いことなのかもしれないけれど、その分ドキドキしたりワクワクすることも少なくて…。

「みんなはあんなに楽しそうでいいなあ…。」なんて気持ちが湧いてくる。

物欲がないのって、おかしいことですか?

物欲とは?

「物欲」とは、お金や物に対して「欲しい!」と思う気持ちのことです。

物欲が多くある人は、その分お金遣いが荒くなったり、必要のないものまで購入してしまうこともあります。

しかし、物欲がない人はない人で悩んでいることもあるものです。物欲がまったくないと、日々の中で「楽しい!」と感じる瞬間や物を買うことでワクワクする経験もありません。

「物欲を抑えなければ」と葛藤している人が一方で、「物欲が欲しい」と悩みを抱えている人もいます。

欲しいものがない人の心理

では、物欲がない人の心理にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは欲しいものがない人の心理を6つご紹介します。もしあなたが物欲がなくて悩んでいるのであれば、自分に当てはまるものがないかチェックしながら読み進めてみてください!

1.物を見てもドキドキしない

欲しいものがない人は、何か目新しいものや自分が持っていないものを見てもドキドキする気持ちが湧いてきません。

「これが欲しい…!」というワクワク感がないため、当然購入することもなく、新しいものを手にする喜びに触れる機会もありません。

2.毎日のマンネリ化に慣れてしまった

物欲がない人の中には、毎日がマンネリ化していることに慣れきってしまっている人がいます。

かつては新しいものを買うことでワクワクしたり、ドキドキしたりすることもあった。でも、毎日の生活の中に刺激がないのがいつしか当たり前になってしまい、「別にわざわざ買わなくてもいいや」という気持ちが強くなっている。そんな人は、物欲を感じることが少なくなっています。

特に欲しいものがないという時に、無理をして新しいものを買う必要はありませんが、以前は楽しめていた買い物を楽しめなくなっている場合には、今の生活自体がマンネリ化している可能性もあります。

 

3.何を買っても幸せを感じない

欲しいものがない人の中には、どんなものを買っても、嬉しい気持ちや幸せを感じることがない人がいます。

このタイプの人は、買うまでの過程すら楽しんでいないことがあります。買い物をする際には、「これ買おうかな…我慢した方がいいかな…。」と悩んでいる時間も楽しいものです。しかし、購入に至るまでの悩む時間を楽しめない人にとって、買い物はただの手段でしかありません。自分にとって必要最低限のものしか買うことがないので、特に強い喜びを感じることもありません。

4.行動することがめんどくさい

「買い物をする」という行動自体にめんどくさい気持ちを抱いていて、買い物をしない人もいます。このタイプの人は、そもそもネットショッピングができるサイトを覗いたり、実店舗に足を運ぶ機会が少ないため、「買いたい」と思う機会そのものが少ない場合があります。

実際に買い物をする段階に進めば欲しいものはあるかもしれないけれど、物を売っている場所を見ることが少ない。そのため、必然的に物欲がないのです。

5.何も手に入れられないと思っている

物欲がない人の中には、「自分が欲しいものは何も手に入れられない」と思っている人もいます。

欲しいものはあっても、自分の収入ではとても手に入らないものや、家族のものを買うことが優先で、自分のものまで買う余裕がない時。「どうせ買えないから」と欲しいものを探すことすらしません。

6.疲れて、もう気力がない

欲しいものがないと感じている人の中には、そもそも毎日の生活に疲れ切っていて、物を買おうとする気力がない人がいます。

たとえば仕事や子育てで忙しくて、探せばきっとあるだろう欲しいものを探す余裕すらない時には、人は物欲を忘れてしまいます。

毎日の生活の中に余裕がなくなってしまっている時には、物欲もなくなってしまうものです。

物欲がない人の特徴

物欲がない人にはいくつかの共通する特徴があります。物欲がないことが自分にとって良く作用している人もいれば、疲れなどが現れているサインになっている人もいます。自分の物欲のなさはどんな特徴を持っているものか、チェックしてみてください!

1.優柔不断で決められない

物欲がない人の中には、優柔不断で物事を決めることが苦手な人がいます。単に優柔不断だからといって、物欲がなくなるわけではありません。いつでも優柔不断で、欲しいものがあっても買うか買わないか悩みすぎる経験をしてきたから、「もう悩むのがめんどくさい」と思っているのです。

物を買う時には、少なからず自分の意志が必要になります。それを決めるのが億劫で、「面倒だから買わなくていいや」を繰り返しているうちに、次第と物欲そのものを感じることがなくなってしまいます。

 

2.人生を楽しめていない

欲しいものがない人の中には、毎日の生活に余裕がなく、自分の人生を楽しむことができていない人がいます。

自分が日々を生きていくことに必死になっている時には、私たちは余裕がなくなり、物が欲しいと思うことも減ってしまいます。生きている上では、日々の中に余裕があることで楽しめる機会も増えます。

欲しいものもなく、「毎日に余裕がないなあ」と感じるあなたは、少しゆとりのある生活を心がけると、再び物欲が湧いてくるはずです。

3.物への執着心がない

そもそも物に対して執着心がない人にとっては、「物欲」は無縁ともいえます。このタイプの人は、物欲がないことに対してネガティブな感情を抱いていることも少ないです。

物に執着しないため、自分に最低限必要なもの以外は特に買うこともない。買い物をしても、そんなにワクワクすることもない。執着心がない人にとっては、物欲がないことが悩みの種になることは少ないです。

4.新しいものを取り入れるのが苦手

物欲がない人の中には、いつも同じものばかりを買ってしまって、新しいものを取り入れるのが苦手な人がいます。「もっと良い物が欲しいんだけど…。」と思ってはいながら、「何を買えばいいのか分からない…。」と悩んでしまって、結局物を買うことが少なくなります。

たとえばインテリアや調理器具、その他自分の生活に直結するものに関しては、参考にしたい人におすすめの商品を聞いてみるのがおすすめです。素敵なものを持っている人のマネをして、まずは自分に取り入れてみましょう!その繰り返しをしているうちに、「自分もこんなものを買えばいいのか!」と徐々に買いたいものを選べるようになっていきます。

5.三大欲求も弱い

欲しいものがない人の中には、物欲だけでなく、人間の三大欲求と呼ばれるものも弱い人もいます。

そもそもあまり欲に支配されることがなく、中にはそれをネガティブに捉えていない場合もあります。余りにも欲求が少ない場合には、物を買う楽しさを知ってみるのも良いでしょう。友人におすすめされたものを買って、自分の生活に取り入れてみたら、あなたがハマってしまうものがあるかもしれません。

 

6.我慢することに慣れている

物欲がないと感じている人の中には、物を買うのを我慢することに慣れている人がいます。

幼い頃から親に自分の欲しいものをあまり買ってもらえなかった経験があったり、今は子育てで精一杯で子供のものばかりを買うようになっていたり、状況次第で物欲を感じる機会そのものが少なくなっている可能性もあります。

我慢に慣れている場合には、状況次第では自分が我慢しているものを解放してあげるのがおすすめです。金銭的にも余裕があって、物欲があれば生活をもう少し楽しめるようになるのに、と悩んでいる場合には、自分の興味があることと向かい合ってみてください。興味のあるものの中から細分化していき、自分が欲しいものにたどり着くことができるはずです。

7.すでに夢中になっているものがある

すでに夢中になっているものがある人には、欲しいものがないと感じる場合があります。夢中になっている分野のものはある程度揃っているし、これ以上は今は求めていない、といった状況においては、物欲は発生しづらくなります。

夢中になっているものにはお金をかけられているのであれば、そのまま思う存分楽しみましょう。無理に何かを買う必要はありませんし、今あるもので十分楽しめるというのであれば、それがあなたにとっての最適です。

楽しんでいるうちに、夢中になっていることに関する新たなものが欲しくなることもあるはずです。その時まで、お金を大切に取っておきましょう!

人生もっと楽しみたい!

物欲がないことは、決して悪いことではありません。

物欲がないことで、お金の無駄遣いをしなくて済む。物欲がなければ、いざという時のために金銭面の蓄えもできる。物欲がないからこそ、本当にお金をかけたい一つのことにたくさんお金を費やせる。

しかし、時には物欲や物を買った時の喜びは、私たちを幸せな気持ちにしてくれます。

欲しいものがあるからこそ、「頑張ろう!」と思う気持ちが湧いてくることもあります。

あなたがより楽しく生活できるように。

物欲を上手く活用して、自分の人生をもっともっと楽しめるものにしていきましょう!

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする