2019.06.14

私とあなた。感情は交わることのない平行線。

Ayano

Ayano

あなたの「好き」と、私の「好き」は、違うんだよ。

愛のないセックスも。

きっと永遠に交わることのない、平行線。

ずっとずっと、一緒にいることは考えられない。

それに、「すき」という感情にはズレがある。

「Like」と「Love」と言ったらわかりやすいだろうか。

私の気持ちに応えられるはずもないのに、抱いたり。

あなたの気持ちに気付いているのに、抱かれたり。

そんな夜を繰り返して、私たちは一ミリも成長しないまま、傷だけどんどん深く掘っていく。

私たちはきっと、永遠に愛し合うことはない。

恋人みたいなキスをしても、恋人みたいに「すき」と言い合っても。

そこに愛なんてなかった。

どこを探しても、あなたの愛はここにはなかった。

代理彼女的ポジション

私はきっとあなたにとって代理彼女的ポジションなんだろう。

あなたには彼女がいて、私はあなたの都合のいいセカンド。

「セカンドじゃない。代わりなんて思ってない。」

そんな言葉も、信用することなんてできそうにないや。

私のことを愛していても、愛していなくても、どっちでもいい。

でも、一番になれないことだけは確信している。

彼女がいるんだもん。

できるだけ彼女のことを聞かないようにした。

できるだけ彼女との会話を想像しないようにした。

彼女を特定してしまったら、苦しくなるのが自分だから。

完璧すぎるセカンド

我ながら、完璧なセカンドだと思う。

ちゃんとセックスもする。

彼女にバレないような配慮もする。

寂しくなっても言わない。

急に「会いたい」なんて言って迷惑かけない。

彼女といるときは連絡しないようにしてる。

完璧だと思う。

我ながら、素晴らしいと思う。

あなたに愛してもらえないなんてわかっていても、詰めたりしない。

「好きじゃないのに、彼女いるのに、なんで私とこんなことするの?」なんて言って困らせたりもしない。

でも、心はもうボロボロ。

私とあなた。感情は交わることのない平行線。

私にとってあなたは唯一無二の存在。

でも、あなたにとって私は、彼女の代理。

彼女と予定が合わなくて暇な日に呼んだら来る女。

彼女との約束がドタキャンになった時に呼んだら来る女。

彼女と会えなくて寂しくて仕方ない時に呼んだら来る女。

私は、あなたの大切な人にはなれない。

わかっていても苦しくて仕方ないんだ。

そんな苦しいって感情にも蓋をして気づかないようにしてるんだ。

こんな扱いされてるなんて恥ずかしくて、友達にも相談できない。

私とあなた。感情は永遠に交わることのない平行線だね。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする