2019.06.13

メンタリティ

「必要とされたい」という自己満足。

あーやん。

あーやん

「頼っていいよ」は「必要としてよ」という意味。結局は自分の存在意義を見出したいだけなのかな...

「必要としてほしい。」

必要としてほしい。

大切な人にも、身の回りの人みんなに、必要としてほしい。

必要としてくれなきゃ、生きている意味を感じられないんだ。

誰かに必要とされていたい。

そばにいるために必要とされたい。

友達でいるために必要とされたい。

私以外の代わりが見つからないように、私を必要としてほしい。

そんな風に思ってしまうんだ。

結局「頼っていいよ」って言葉は、自己満足なんだ。

愛してほしい

「この子じゃなきゃダメ」

「お前じゃなきゃダメ」

そう思われないと、生きている意味を見出せない。

誰にも必要とされない人間になることが、一番怖いんだ。

愛されるために、頼られたい。

必要とされるために、頼られたい。

私が死んだら泣いてくれる人が、一人でも多くほしいんだ。

そんな自己満足の身勝手な考えは、自分をどんどん苦しめていく。

自分の容量が不足しています

自己満足のために「頼ってほしい」なんて言っても、周りの人全員の悩みを解決してあげることも、周りの人全員の悩みを抱えることもできない。

自分のことで精一杯だから、自分の容量は常に不足している。

気づいたら自分が壊れちゃってる。

頼ってくれたのに、何も返せない…

何度も何度も繰り返しているのに、全然学べない。

人間関係や、自分の感情、周りの人の感情は、数値化できるものじゃない。

答えなんてどこにもない。

だからこそ、何度も失敗する。

必要な人に必要とされない私

自分が必要としている人。

家族や、恋人や、友人。

必要な人に必要としてほしい。

頼ってほしいし、甘えてほしい。

私にしか言えないことをどんどん増やしてほしい。

でも、自分が必要としている人に、必要とされない私。

そんな私は、生きている意味があるのでしょうか?

必要とするってどういうことなんだろうか…

一人になるのが怖いんだ。

必要とされなくなるのが怖くて。

愛されなくなるのが怖くて。

大切にされなくなるのが怖くて。

一人ぼっちになってしまうのが怖いんだ。

必要とされて、愛されて、大切にされたい。

そんな自己満足で生きていくことは、時に辛くて仕方なくなる。

こんな自分の感情に気づかなかったら、幸せだった?

それとも、今より不幸だった?

「必要とされたい」という自己満足。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする