2019.06.09

メンタリティ

「大丈夫?」って聞かれたら「大丈夫。」って答えちゃうんです。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

この世界に、「優しい」を循環させよう。

「大丈夫じゃない」なんて言えない。

苦しい時。
今にも倒れそうな時。
潰れそうな時。

「大丈夫?」と声をかけてくれる人がいる。

家族、恋人、友人、同僚。

相手にとっては、たまたま気になっただけかもしれない。

特に深い意味はないかもしれない。

それとも、私がよほど辛そうだからかもしれない。

真意は分からないけれど、私は「大丈夫?」と聞かれた時に、必ずこう答えていた。

大丈夫だよ!

本当は、全然大丈夫じゃないくせに。

「大丈夫じゃない私」なんて、嫌いでしょう?

私がなぜ「大丈夫じゃない」と言えなかったのか。

それは、「大丈夫じゃない私」には何の価値もないと思っていたから。

人は私に、「出来る」を求めている。

人は私に、「失敗しない」を求めている。

人は私に、「しっかりしている」を求めている。

そう信じていたから、いつでも大丈夫を演じていた。

本当は大丈夫じゃないこと、気づかれていたかもしれない。

でも、私は隠そうとした。

本当は「助けて」の一言が言えないだけ。

大丈夫な自分を演じていた理由なんて、いくらでも後づけできる。

「大丈夫だと思っていたから」って言うことも。

「まだまだやれると思っていたから」って言うことも。

本音は違う。

ただ、無価値な自分になるのがとても怖かった。

人から嫌われるのがとても怖かった。

「何でそんなことも出来ないの?」と批判されるのが怖かった。

「助けて」の声を無視されたらと考えると、怖かった。

怖くて、「助けて」が言えなかっただけ。

「助けてください」

人に対して「助けて」が言えるようになった私は、この世界に随分と生きやすさを感じるようになった。

助けてください

そう叫んだら、「どうしたの?」と聴いてくれる人がいた。

「何が辛いの?」と踏み込んでくれる人がいた。

時に傷つくこともあったけれど、優しい人の優しさに気付くことができた。

自分の中で壁を作っていたら、優しい人の存在にすら気付けない。

自分はただ一人だ、って勝手に思って、ただ苦しくなるだけ。

この世界には、思っていた以上に優しさがあった。

支えられて、支えて。

「大丈夫?」への返答は、「大丈夫。」だけじゃない。

「大丈夫じゃない。」と言っても、大丈夫。

私は、「大丈夫じゃない。」と言う。

代わりに、人の「大丈夫じゃない。」も受け入れられるようになった。

ありがちな言葉、って笑われるかもしれないけれど。

人は、支えられながら、支えながら生きている。

誰かに頼ったなら、「ありがとう」の気持ちをお返しすればいい。

また他の誰かを助けられるように、声をかけてみればいい。

きっとそうやって、「優しい」が循環していくから。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする