2019.06.05

年下彼氏とうまく付き合う方法|年下男子へ「かわいい」はNGワード!?

目次

年下彼氏の扱い方がわからない…
年下彼氏とうまく付き合う方法
年下男子へのNGワード
結婚は考えられる?
年下男子との素敵な恋愛。

 

年下彼氏の扱い方がわからない…

年下彼氏と付き合ってみたはいいけど…

扱い方が難しい。

ジェネレーションギャップだってあるし、頼りきれないところもある。

一緒にいてとても幸せだけど、「負担になっていたらどうしよう」と思うことも。

年下彼氏と付き合っているからこそ、喧嘩してしまうこともある。

でも、少しずつ減らしていきたいから…

そんな今回は、年下彼氏とうまく付き合っていく7つの方法をご紹介。

さらに、年下男子に言ってはいけないNGワードも発表します!

 

年下彼氏とうまく付き合う方法

大好きだけど、年の差とか、自分の方が年上とか、気になってしまう…

周りにどう思われるかな?とか、彼氏の周りの女の子は自分より若くて綺麗だったり…

年下彼氏とうまく付き合うためにはどうしたらいいんだろう?

今まで通りの恋愛で、いいのかな?

そんな悩んでいる女性に向けて、年下彼氏とうまく付き合う方法を7つご紹介します!

1.『年下』として接しすぎない

年下彼氏とうまく付き合う方法1つ目は、年下として接しすぎないことです。年下だと思いすぎてしまうと、相手も気にしてしまいます。彼氏も「子供って思われてないかな?」「今までの彼氏より頼りないのかな?」と気にしてしまうのです。

なので、あまり年下彼氏と意識せずに、今まで通りの恋愛をしましょう。お互いが支え合い、助け合うことには、何も変わりないのです。

2.甘やかしすぎない

年下彼氏とうまく付き合う方法2つ目は、甘やかしすぎないことです。年上女性が好きな彼氏の場合、甘えたがりや世話焼いて欲しいと思っていることがあります。ですが、あまりにも甘やかしすぎてしまうと、ダメ男になってしまいます。仕事をしなくなったり、家事に協力してくれなくなります。

甘やかしてダメ彼氏にならないように、厳しく言うことは言い、甘える時はしっかり甘えましょう。

3.頼りたいときはしっかり頼る

年下彼氏とうまく付き合う方法3つ目は、頼りたい時はしっかり頼ることです。相談したい時はしっかり相談すること。年下彼氏は頼りづらいと思ったり、「負担になるかな?」と気負いする必要はありません。

彼氏には甘えたい時は甘え、頼りたい時はしっかり頼るようにしましょう。お互いが支え合える関係性を築く努力をしてみてください。無理して「しっかりした女性でいよう」なんて思う必要はないのです。

4.お母さんにならない

年下彼氏とうまく付き合う方法4つ目は、お母さんにならないことです。年上女性はお母さんキャラになりがち…お母さんキャラになってしまうと、彼氏を尊敬できなくなってしまいます。ご飯も作ってあげて、掃除洗濯もしてあげて、彼氏の仕事のサポートもしてあげる。そんなに尽くしすぎてしまうと、彼氏のお母さんになってしまいます。

助け合うことと、尽くしすぎることは全くの別物。本当に愛しているのであれば、彼氏の世話をしすぎないようにしましょう。

5.ありのままの自分でいる

年下彼氏とうまく付き合う方法5つ目は、ありのままの自分でいることです。変に強い女性でいようとしたり、大人な女性でいようとする必要はありません。ありのままの自分を好きになってくれた彼氏を信じましょう。

年上彼女だと意識しすぎずに、ありのままの自分を出すことを心がけましょう。

6.無理に合わせようとしない

年下彼氏とうまく付き合う方法6つ目は、無理に合わせようとしないことです。彼氏の年齢に合わせて無理に若作りしたり、彼氏の思考に合わせる必要はありません。無理に合わせようとするとすぐに疲れて付き合っていることが負担になってしまいます。彼氏も気を使うようになってしまい、お互いの間に溝ができてしまうことも…

なので、無理に合わせようとするより、ありのままでお互いが素をさらけ出せる環境を作りましょう。

7.お互いを尊重し合う

年下彼氏とうまく付き合う方法7つ目は、お互いを尊重し合うことです。お互いが尊敬し合い、お互いが支え合えることが一番。どちらかが尽くしすぎてしまったり、どちらかが頼りすぎてしまうと、バランスが崩れてしまいます。

なので、恋愛だけでなく仕事や他のプライベートも充実できるように、お互いを尊重し合いましょう。

 

 

 

年下男子へのNGワード

ここまで、年下彼氏とうまく付き合っていく方法についてご紹介してきました。

ここからは、年下彼氏へのNGワードについてご紹介!

うまく関係を続けるためには、「してあげること」も大切ですが、「しないであげる」優しさも大切なのです。

1.「可愛い」

年下男子へのNGワード1つ目は、「可愛い」と言うことです。「可愛い」と言われて嬉しい男性は、意外と少ないのです。女性は彼氏に対して「かっこいい!」と思うと同時に「可愛い」と思う瞬間もたくさんあると思います。仲が深まれば深まるほど、「可愛い」と思う瞬間が増えるもの。

ですが、年下であることを少し気にしている彼氏であれば、「可愛い」と言うことは控えましょう。年下彼氏はとても嫌がるのです。

2.「甘えないで」

年下男子へのNGワード2つ目は、「甘えないで」と突っぱねることです。甘やかしすぎることはダメですが、「甘えないで」と言う必要はありません。甘えないで欲しいと思っていても、甘えたい彼氏にとって「甘えないで」と言われると、冷たく感じます。

お互いが甘えられる関係性もとても大切です。年下彼氏に対しては「甘えていいよ」と言ってあげることも優しさです。反対に「今日は甘えていい?」と頼ることもgood。

3.「私、おばさんだから」

年下男子へのNGワード3つ目は、「私、おばさんだから」と自虐する発言です。自虐的な発言をされると、男性は困ってしまいます。女性同士で会話している時は、「私、可愛くない」と言うと友達が「可愛いよ」と言ってくれますが、男性にその心理はわかりません。

なので、「私、おばさんだから」と言ってしまうと、彼氏が引いてしまいます。さらに「やっぱり年上を気にしてるのかな?」と思わせてしまうのです。なので、自虐的な発言は控えましょう。

4.「子供だな〜」

年下男子へのNGワード4つ目は、「子供だな〜」と冗談で言うことです。冗談でも、子供扱いしてはいけません。年下を気にしている彼氏であれば、子供扱いされることをひどく嫌がります。男性は誰だって頼られたいし、立てて欲しい生き物なのです。

なので、子供扱いしたり、『男の子』扱いしないようにしましょう。年下であることを気にしてしまいます。

5.「なんでできないの?」

年下男子へのNGワード5つ目は、「なんでできないの?」と言うことです。仕事でも後輩や部下に対して「なんでできないの?」と言ってしまうと、後輩のモチベーションが下がってしまいます。なので、「なんでできないの?」と言う発言は、年下彼氏にもしてはいけません。

男性からしたら、女性に「できないことがある」と思われるのは嫌なもの。なので、できないことに対して「なんでできないの?」と言うのではなく、「一緒にやろっか!」と支え合いましょう。協力する姿勢が大切。

6.「私の方が収入あるから」

年下男子へのNGワード6つ目は、「私の方が収入あるから」と言ってしまうことです。男性にとって仕事ができることは、男性としての価値として捉えている人が多くいます。なので、収入が低いことに対して触れないようにしましょう。

年下彼氏と言っても、かなり年の差がある場合、余計気にしてしまうと思います。「私の方が収入あるから、頼ってよ」と優しさのつもりで言った発言でも、男性にとっては侮辱された気持ちになったり、バカにされていると感じてしまうのです。

7.「頼りない」

年下男子へのNGワード7つ目は、「頼りない」と言ってしまうことです。年下彼氏は、「今までの彼氏に比べて頼りないと思われてるかな?」「自立した女性だから、自分なんかじゃ支えられないかな?」と気にしてしまっていることがあります。

男性は、そんな不安を口に出したりしないからこそ、読み取りづらい部分なのです。ですが、だからこそ触れないように気をつけましょう。思いやりを持って発言することが大切なのです。

 

結婚は考えられる?

ここまで、お互いが尊重しあい、うまく付き合っていくためにはどうしたらいいのかをご紹介しました。

彼氏に対して「しないであげる優しさ」を身につけましょう。

そんな年下彼氏と、考えるのは結婚。

年の差がある年下の彼氏であれば、結婚を考えることは難しいですよね。

「自分はそろそろ結婚したいけど、彼氏はまだ若いしな」

「彼氏は、まだ遊びたいだろうな」

「子供欲しいなんて言ったら、引くかな?」と気にしてしまうことも…

結婚を考えられない恋愛は、ある程度の年齢まで行くと苦しくなるだけ。

「このまま付き合っていても….」

「そろそろ結婚したいんだよな…」

そう思ってしまうと、付き合っている時間が無駄な気がしてしまいます。

大好きな彼氏だけど長くは一緒にいられない。

そんなの絶対嫌だから、相手が結婚したいと思う女性になることも一つの目標にしてみませんか?

 

年下男子との素敵な恋愛。

年下男子でも、年上男性でも、同い年の男性でも。

年齢なんてただの数字で、何も関係ないのです。

恋をするのに年齢は関係ない。

年下男子だからと言って、気を使いすぎたり、自立しようとする必要はありません。

頼り合ったり、支え合ったり、尊重しあうことは、とても大切。

もちろん、年下男性だからこそ気にしていることもあります。

そんな相手が気にしている部分には触れないように、お互いがありのままで恋愛できる環境を作ることも一つの愛。

年下男子との素敵な恋愛ができることを願っています。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする