2019.06.01

みんな、人生の賞味期限迎えるの、早くない?

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私は一生美味しい女。

そんなに若いのに、もう賞味期限切れ?

同世代。20代諸君よ。

なぜそんなにも、つまらなさそうに生きているのだ。

「もうオバサンだから」

「もう歳取ったから」

「もう若くないから」

何度こんなセリフを聞いただろうか。

誰かが誕生日を迎えるたびに、「私たちも歳を取ったね」と誰かが言う。

待って待って。

私、現在25歳。

まだまだバリバリ若いと思っているんだけど。

寿命を全うできたなら、あと60年近くは生きるであろうこの命。

こんなに序盤で、もう賞味期限切れですか?

過去だけを美化しつづける、あなたの姿。

学生時代から、不思議に思っていることがあった。

高校生になれば、中学の同級生は「中学は楽しかった」と言う。

大学生になれば、高校の同級生は「高校は楽しかった」と言う。

社会人になれば、大学の頃の友人は「大学時代は良かった」と言う。

単純に疑問なんだけど、どうしていつも過去を見つめているのだろう?

どんなに楽しかった時間があったとしても、その時に戻ることはない。

過去を美化しつづけて振り返っていても、今が変わることはない。

過去を生きている人の姿って、全然美しくない。

「歳を重ねること」は、「諦める」ってこと?

歳を重ねるごとに、「もう若くないから」の一言で色んなことを諦めている人も見るようになった。

自分のやりたいこと。

仕事以外の時間を充実させること。

お酒以外で楽しいことを見つけること。

自分の心をワクワクさせること。

「夢を見よう」なんて、大きなことを言うつもりはさらさらない。

でも、毎日にワクワクできないって、最悪じゃない?

自分にワクワクできないって、自分に対して失礼じゃない?

人生に賞味期限設けたらつまらなくない?

そもそも、人生の賞味期限を迎えちゃってる時点で、もう人生終わっちゃうじゃん。

そりゃ生きてれば、色んな責任感とかやらなきゃいけないこととか、重くのしかかってくる瞬間だってある。

「自分の思うようになんて生きられない」って、言いたくなる気持ちだって分かる。

でも、それを言ったらもう人生が美味しくなることは、二度とないよね。

だって、自分で「不味くても良い」って言ってるんだもん。

自分で賞味期限切れってことを認めちゃってるんだもん。

そんなの、美味しいわけがない。

そんな人生、私は食べたくない。

私はずっと、美味しく生きるよ。

私の人生?

25歳現在、今もなおめちゃくちゃ美味しいよ。

高校生の頃よりも、ずっとワクワクしている。

大学生の頃よりも、さらに現実味を帯びている。

いつまで続くんだろうって、ハラハラもしている。

だって、自分の人生って、一生をかけて味わうフルコースメニューでしょ?

私は、私の人生の、たった一人のシェフ。

どんどん美味しくしていかなきゃ。

どんどん味に深みを持たせなきゃ。

どんどん彩りを加えなきゃ。

自分の人生くらい、美味しく仕上げないと。

賞味期限切れを迎えるのなんて、まだまだずっと先。

私は一生、美味しい女として生きていくよ。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする