2019.05.31

ある日突然、私は泣き虫になりました。

久保佳奈子

久保佳奈子

泣いてもいいって、最近知ったの。

「泣くことは、悪いことだ。」

泣いちゃいけない。

泣いたら馬鹿にされる。

泣いたら笑われる。

小さい頃から、そう強く思って生きてきた。

泣くことはダメなことだと思って生きてきた。

同級生のよく泣く男の子は、情けなく見えたし、

よく泣く女の子は、ズルいように見えた。

「私はそんな風に思われちゃいけない」なんて義務感を背負うようになって、小学生の頃から泣くことを避けてきた。

泣いた回数はとても少なくて、全部をはっきり覚えている。

小学2年生で、初めて学校内で大泣きしてしまったこと。

中学では一度も泣かなかったこと。

高校の部活で一度だけたくさん泣いたこと。

たったそれだけ。

人前で泣くことは、私にとっては許されないことだった。

泣きたくても歯を食いしばった。

泣きたい瞬間は、たくさんあったはずだ。

悔しいことも、悲しいことも、感動したことも、嬉しかったことも。

結構たくさん経験してきている。

でも、私は泣かなかった。

歯を食いしばって、我慢した。

どうしても泣きたい時には、お風呂の中で一人で泣いた。

「人に見られちゃいけないから」

誰にも見られないのは、お風呂の時間だけだった。

私には感受性がないのかな?

ずっと涙を我慢していたら、いつの間にか自分の感覚が分からなくなってきて。

「私って、泣けないんだっけ?」なんて思うようになっていった。

映画を見ても、ドラマも見ても泣かないし。

みんなが泣いてるところでも泣かないし。

人が感じるもの、全部どこかに置いてきたのかな、なんて。

自分の感覚が遠くどこかに消えてしまった。

人間として持っているはずの感受性をなくしてしまった。

ただ我慢していただけでした。

本当は、違ったの。

私の感受性は、どこにも消えてなんていなかった。

ただずっと泣くのを我慢していたから、涙が出ることを避けて通っていただけだった。

一度タガが外れたかのように泣き出してからは、涙はとめどなく流れた。

ほんのちょっとのことで、簡単に泣くようになった。

自分って繊細なんだな、なんて気付いた。

全部、我慢していただけでした。

泣き虫でも、大丈夫。

泣き虫になってみて、気付いたこと。

泣くのは悪いことじゃない。

涙を流すのは、おかしいことでもない。

悲しいことがあれば、泣きたくなる。

苦しいこともしんどいことも、泣くことで乗り越えられることだってある。

涙のおかげで、また前を向くことができる。

泣くのを我慢する必要はない。

泣き虫でも大丈夫。

泣いて泣いて、心を浄化してあげよう。

たくさん泣いて、泣き疲れたら、涙もちょっと収まる。

そしてまた朝を迎えたら、歩き出せるから。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする