2019.05.30

メンタリティ

「真面目になりたい」真面目な人の性格とは?|真面目に生きるということ

目次

「真面目になりたい…」
真面目の意味とは
真面目な人8つの性格
真面目な人が向いている仕事は?
真面目に生きるということ

「真面目になりたい…」

「いつもヘラヘラしているよね」、「もっと真面目にやってよ!」って、何度言われただろう。

私は別に、ヘラヘラしているつもりも、不真面目やってるつもりもない。

でも、なんでだか分からないけれど、私の姿は他人から見ると「不真面目」に見えるらしい。

そもそも、真面目ってなに?

真面目な人って、なんであんなに褒められるの?

仕事でもプライベートでも、真面目ってだけで得をするばかりじゃない?

そんなに真面目が褒められるのなら、私だって真面目になりたい。

「私の長所:真面目」って書ける人間になりたいよ。

真面目な人間って、どうやったらなれますか?

真面目の意味とは

そもそも「真面目」とは、誠実でうそや冗談のないことを意味する言葉です。真面目な人柄といえば、まっすぐで真心がこもっている素敵な人を意味することが基本です。

真面目な性格を持つ人とは、まったく嘘をつかずに冗談を言わないというほどの人ではありません。まっすぐに誠実に生きている人であれば、「真面目な人」に当てはまります。

真面目な人8つの性格

実際に「真面目な人」に当てはまる人とは、どんな性格の持ち主なのでしょうか。ここでは、真面目な人の8つの性格をご紹介します。「真面目になりたい」と願っている人は、自分がどのくらい当てはまっているのかチェックしながら読み進めてください。あなたが真面目になれる要素が詰まっていますよ!

1.時間や約束を守る

真面目な人は、基本的に時間や約束を破ることはありません。簡単に遅刻をしたり、人とした約束を忘れてしまうようなことがないのです。

「時間厳守」「やると言ったことはやる」というように、決めたことを必ずまっとうします。

反対に、不真面目だと言われてしまう人が不真面目認定されるのも、まずはここが大きなポイントです。時間や約束を守らない人は、すぐに不真面目な人だと言われるようになります。

2.連絡がマメ

真面目な性格の持ち主は、人との連絡をマメに取ることができます。仕事でも必要な連絡を怠ることはありません。プライベートでも、人から連絡が来たらきっちり返信をしますし、必要があれば必ず自分から連絡をします。そして、お礼や挨拶の連絡を忘れることもありません。

こまめに連絡をくれる相手や、しっかりと返信をくれる人に対して悪い印象を持つ人はいませんよね。連絡がマメに取れる真面目な人は、周囲からも良い印象を持たれます。

 

3.完璧主義

真面目な人の中には、完璧主義的な側面を持つ人がいます。「どんなことでも完璧にこなす!」と決めて、決めたことは必ず守ります。守らないと、気が済まないのです。

また、約束事や仕事だけでなく、プライベートでも完璧主義な部分は見受けられます。たとえば、部屋の整理整頓は必ずしていたり、自分だけのルールがあったり。いきすぎた完璧主義の場合には、時に他人からの理解を得られないことすらあります。

4.純粋

純粋な気持ちを持っている人というのも、真面目な性格の持ち主だと言うことができます。「真面目」という言葉が指すとおりに、純粋な人というのはまっすぐな気持ちを持っています。

自分の信念や思いに純粋に、他人にも素直に生きている人は、周囲からも真面目な人だと言われます。そして、そのまっすぐな心が時に人の心を打ち、「真面目な素敵な人だ」と思ってもらうことができるのです。

5.人を信じやすい

真面目な人の中には、真面目がゆえに人を信じやすい傾向にある人がいます。人を疑うことを知らずに、当たり前に人を信じてしまうのです。

必要以上に人を疑うことはありませんが、真面目な人は信じやすすぎるため、時には人に騙されてしまうこともあります。人を信じやすい性格が、悪く作用してしまうこともあるのです。

6.責任感がある

責任感がある人は、真面目な性格だと言われることもあります。責任感があるということは、自分の全うすべきことや、自分の言ったことを必ずやり遂げるということ。嘘をつくこともありませんし、必ず約束を守ります。

そのため、人からは「あの人なら真面目だから安心して任せられる」という存在になります。責任感があることを見せていく積み重ねで、真面目認定をされるようになっていくのです。

7.計画的

言ったことを必ずやり遂げたり、責任感を強く持っている真面目な人は、基本的に計画的な人が多いです。計画性を持っていないと、自分の言ったことが順調に上手くいかなくなることも多々ありますよね。真面目な人は、「そうならないように」といつも計画的であることを意識して行動しています。

真面目に計画を考えて、「自分の思うように物事が進むように」と行動をしているため、最終的にもしっかりと約束を果たすことができるのです。

 

8.何事にも真剣に取り組む

真面目な人は、どんなことにも真剣に取り組みます。「真剣」とは、物事にまっすぐで誠実であること。その言葉自体が、真面目と似通った性質を持っています。

真剣に取り組んでいる姿を見て、周囲の人々は「あの人は真面目だね」と判断するようになります。そして、それがいかなる時でも、どんなことに対しても発揮されていると、より真面目度は増して見えるものです。

 

真面目な人が向いている仕事は?

真面目な人には、いくつかの向いている仕事があります。真面目じゃないとできない仕事も、世の中にはあるものです。

実際に、真面目な人が向いている仕事にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは真面目な人に向いている6つの職業をご紹介します。

「真面目になりたい」と願うあなたが挑戦してみたいと思う仕事も、ここにあるかもしれません!

1.エンジニア

エンジニアの仕事は、真面目な人に向いていると言えます。エンジニアの仕事は多岐に渡ります。会社内からの依頼を受ける場合もあれば、社外の人とのやり取りが発生する場合もあります。そして、パソコンの知識なども多くのものを必要とされます。

真面目な人であれば、エンジニアに必要な知識を学び続けることができます。そして、人とのコミュニケーションにおいても、約束を破ることはないので、信用を失うこともありません。

逆を言えば、真面目で丁寧な仕事ができない人には、エンジニアは向いていないと言うこともできます。エンジニアを目指す場合には、自分に適正があるかどうかの判断もしてみるのが良いでしょう。

2.経理

真面目な人に向いている仕事として、経理職の仕事も挙げることができます。

経理の仕事は、とても細かなことを扱うものです。丁寧で、嘘のない、かつ迅速で完璧な仕事ぶりが求められます。とても求められることが多いですが、真面目な人であれば経理に必要な条件は基本的に満たすことができるでしょう。

3.プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの仕事も、真面目な人に向いています。プロジェクトマネージャーとは、人の上に立って、プロジェクトを管理する立場の人のこと。マネージャー職の一種とも言えます。

マネジメントをするにあたっては、様々な情報を管理していく必要があります。プロジェクトがスケジュールどおりにきちんと進むかどうか、メンバーは全員問題なく動けているかどうか、プロジェクトの質が落ちることはないか。そのすべてを管理するのが、プロジェクトマネージャーです。

これら全てを管理していくためには、一つ一つを丁寧に完璧にこなしていく必要があります。そのためにも、真面目な性格が必要となりますし、真面目であればプロジェクトマネージャーとしての力を発揮することもできるでしょう。

 

4.公務員

公務員の仕事も、真面目な性格の持ち主に向いている仕事です。公務員といっても、仕事は多岐に渡ります。職種も様々ですし、やることも就く仕事によってさまざまです。

しかし、公務員はしっかりと資格を取った人でないと就くことができない仕事です。まずは資格を取るという段階で、不真面目な人は振るいにかけられてしまうこともあります。

そして、公務員の仕事は安定しているものです。安定している仕事という点でいえば、人生を真面目に不安定をなく過ごしたい人にとっては、おすすめの職業だと言うことができるでしょう。

5.薬剤師・医者

薬剤師や医者の仕事も、真面目な人に向いている仕事だと言うことができます。

薬剤師も医者も、なるためにはどちらも資格が必要ですし、たくさんの勉強が必要になります。本気でまっすぐに目指そうと思える人でないと、資格を得ることは決して簡単ではありません。

真面目に「薬剤師になりたい」「医者の仕事がしたい」と思える人は、真剣に目指してみるのも良いでしょう。

6.マーケター

webマーケターの仕事も、真面目な人に適正のある仕事の一つです。マーケターは、一見派手な職種のように思われますが、実は地道な作業もたくさんあるものです。細かい分析やチェックをするのが難しい人には、向いている仕事とは言えません。

真面目に、細かい数字を見て、施策を考え、実践する。その繰り返しにひたすら真剣に向き合える人には、マーケターの仕事が向いているでしょう。

 

真面目に生きるということ

真面目になりたい。真面目に生きたい。

そう願う人って、少なくはないはず。

真面目に一生懸命やっている人にも、憧れることだってある。

それだけ、真面目な人には魅力が詰まっている。

真面目にやっているからこそ、出せる成果もある。

真面目にやっているからこそ、実現できる世界がある。

真面目にやっているからこそ、人から得られる信頼もある。

自分の心が疲れてしまうほどの「真面目」は、体に毒だけれど。

自分の人生と真剣に、真面目に向き合う瞬間も、時には大切。

真面目に、前を見て、ただひたすらに。

そんな生き方をしてみるのも、悪くないかもしれない。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする