2019.05.28

悲劇のヒロイン気取りと言われても…。悲劇のヒロイン症候群の意味とは?

【目次】


「悲劇のヒロイン気取りですか?」
気取っているなんて、言われても…。
悲劇のヒロイン症候群の意味とは?
悲劇のヒロインになってしまう人の7つの心理
男性だって、悲劇のヒーローになる。
無理に治す必要はないよ。
悲劇のヒロインだって、人生の主役。

「悲劇のヒロイン気取りですか?」

「どうせ私なんて…。」

これが、私の口癖。

自分に自信なんて持てるわけない。皆無。
いつでもネガティブなことしか思い浮かばない。
私なんて、人より劣っている。

だから気付くと、いつも口から出てしまうのです。

「私なんて、何も上手くいかないんだ。」

そんな時に、他人から言われることがある。
ネットで揶揄されていることもある。

「悲劇のヒロイン気取ってんじゃねえよw」

悲劇のヒロイン、気取りね…。

気取っているなんて、言われても…。

悲劇のヒロインを気取っている、なんて言われても。

私、気取っているつもりなんて全くない。

むしろ、やめられるのなら早くやめたい。
こんな自分から、早くさようならしたい。

でも、どうしたら自分のこの辛い気持ちとか、苦しい思いがなくなるのか、分からないんだ。

気取っているんじゃありません。

私、本当に悲劇のヒロインなんです。

悲劇のヒロイン症候群の意味とは?

よくネットなどで目にする「悲劇のヒロイン症候群」という言葉。

どんな意味を持つか、ご存知ですか?

悲劇のヒロイン症候群とは、自分のことを常に悲観的に捉えていて、それを嘆いている女性を指す言葉として使われています。

まるで悲劇のヒロインかのように、いつも自分のことばかりを悲観している。

そんな姿を批判的に、また時には馬鹿にするかのように使われる言葉です。

悲劇のヒロインになってしまう人の7つの心理

ここでは、悲劇のヒロインになってしまう人の心理を7つご紹介します。

悲劇のヒロインになってしまうのは、決して悪いことではありません。自分の人生と向き合っているからこそ、辛い気持ちが表面化してしまうのです。

自分は悲劇ののヒロインになっている、と今悩んでいる方は、自分に当てはまるものがないかチェックをしてみてください。あなたの辛い気持ちの原因が、ここにあるかもしれません。

1.自分に自信が持てない

悲劇のヒロイン症候群に陥っている人は、自分に対して自信を持てずにいることがあります。そもそも根本的に自分に自信が持てないから、いつも自分のことを悲観しているのです。

自信のなさは、自己肯定感の低さとも繋がってきます。自分を肯定してあげる気持ちがあれば、自分に自信を持つことができます。自分に自信を持つためにも、まずは今の自分を認めてあげましょう。

自分を認めてあげる練習を少しずつ重ねていくことで、いつかのあなたは自分に自信を持つことができるようになります。

 

2.他人からの評価が気になってしまう

他人からの評価を必要以上に気にしてしまう人も、悲劇のヒロインと呼ばれるようになってしまうことがあります。

他人からどう見られているかが気になりすぎて、自分の軸を持つことができずにいるのです。いつでも他人の顔色を伺いながら過ごしている。そして、他人に対しては「どうせ私なんて、あなたより劣っています」なんて、悲観的なことを口にしてしまうのです。

他人軸ではなく、自分軸の中で生きることができるようになれた時、あなたは悲劇のヒロインから脱出することができるのです。

3.自分のことを諦めている

悲劇のヒロイン症候群に陥っている人の中には、もう自分自身のことを諦めてしまっている人がいます。「どうせ自分は、こんなもんだ。」なんて、自分の限界を自分で決めてしまっているため、他人と自分を比較しても落ち込むことばかりです。

諦めることは、決して悪いことではありません。諦めて、開き直ることで、自分らしく生きることができるようにもなるものです。もしあなたが、自分を諦めているなと感じているのであれば、無理に「諦めない努力」をするより、いっそのこと諦めきってしまいましょう。自分を諦めた先では、あなたはあとは自由に生きるだけです。「どうせ自分はこんなもんだから、あとは好きにしよう。」そんな風な発想を持てることができたら、楽観的な悲劇のヒロインの誕生です。

4.心の奥では自分への期待を捨てきれずにいる

悲劇のヒロインになっている人の中には、一見自分のことを諦めているようで、実は本音の部分では自分に期待をしている人が多くいます。

自分への期待を捨てきることができないから、「どうして自分はこんな人間なんだ」などと落ち込むのです。そもそも期待することがなければ、落ち込むことすらありません。

あなたがもし、まだ自分に対する期待を持っているなと感じるのであれば、その期待を大切にしてあげましょう。あなたは、あなた自身に期待されている素敵な人です。

自分の期待に答えられるように、もう少しだけ歩いてみよう。自分のために、もう少し進んでみよう。

そうやって歩いていれば、あなたは自分自身にとって魅力的な人に、いつかきっとなることができます。

5.常にマイナス思考

悲劇のヒロインになっている人の中には、いつでもマイナス思考の人がいます。マイナス思考が頭からついて離れないために、いつでも自分のことを悲観的に捉えてしまうのです。

ネガティブな性格は、必ずしも悪いわけではありません。自分をより良くするためにも、客観的に自分の欠点を評価できる力は大切です。しかし、度を越えたマイナス思考は、あなたの心を苦しめることとなります。あなた自身が苦しくない程度に、自分を客観的に見つめる時間を取る程度にとどめてあげましょう。

 

6.褒め言葉が受け止められない

悲劇のヒロインになっている人は、必ずしも本当に悲劇のヒロインのような状態に陥っているわけではありません。他人から見れば、「むしろ羨ましい」なんて思われる人も、悲劇のヒロインになってしまうことがあります。

そんなタイプの悲劇のヒロインさんは、他人からの褒め言葉が受け入れられません。実はかなりの数の褒め言葉をもらっているのに、批判的な言葉ばかりが自分の頭に残ってしまうのです。

自分は人から褒められた記憶がない、というあなたは、本当に褒められたことがないか、一度考え直してみてください。あなたのことを素敵に思う人は、絶対にいます。

7.他人が羨ましい

悲劇のヒロイン症候群に陥っている人の中には、いつでも他人に対して「羨ましい」という思いを抱いていることがあります。自分の状況と他人を比較して、「自分よりも幸せそうな人」を見てしまっています。そして、自分の手元にある幸せを忘れてしまっているのです。

他人が羨ましいと感じているあなたのもとには、幸せが一つもありませんか?本当は幸せがそこにあるのに、目を背けていたり、忘れてしまっているだけではありませんか?

他人と比較する前に、まずは自分の手元を大切に見てあげてください。

男性だって、悲劇のヒーローになる。

悲劇のヒロイン症候群というと、対象は女性だけのように感じますよね。

実は、男性だって悲劇のヒロインになることはあります。正確には、悲劇のヒーロー。

人間は、生きていれば誰でも「自分なんて」と自分を卑下する瞬間があります。それが度を越えてしまった時、私たちは生きづらさすら感じることがあります。

女性・男性に限らず、人間誰しも悲劇のヒロインになりうるのです。

無理に治す必要はないよ。

悲劇のヒロイン症候群なんていう言葉が使われるようになって。

私たちは、本気で自分の醜さとか、生きづらさとか、そういうものを人に伝えるのを躊躇するようになっている。

だって、相談したら、裏で「悲劇のヒロイン」だって笑われるんでしょう?

悲劇のヒロインは、バカにされるでしょう?

大丈夫。

もしあなたが、今は悲劇のヒロインだったとしても。

それは、あなたが自分の人生と深く向き合おうとしている証拠。

「変わりたい」と強く願っている証拠。

だから、自分がなりたい自分に少しずつ変わっていこう。

あなたは、他人のために変わる必要なんてない。

自分のために、変わろう。

悲劇のヒロインだって、人生の主役。

「悲劇のヒロイン気取り」をしていると、笑われることがあるけれど、みんな忘れていない?

悲劇のヒロインだって、ヒロインだから。

自分の人生の主役だから。

悲劇のヒロインをバカにする人って、その時間を自分の人生に使っていないわけじゃん?
他人の人生に顔出して、偉そうに批評家しているだけじゃん?

そんな人は、放って置けばいい。

悲劇のヒロインだって、立派に人生の主役を演じている。

悲劇のヒロインを演じているうちに、いつかの私たちは自分の人生を見つけているはず。

自分だけの人生を歩いていこう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする