2019.05.28

「彼氏から連絡こない!無理…」返信は待つべき?彼氏の心理&対処法!

目次

「彼氏から連絡こないんですけど。無理なんですけど。」
こんなとき、返信は待つべき?
連絡を返さない&無視する彼氏7の心理!
返信しづらい彼女からの連絡

ライン送りたい!返信こない時の対処法
彼氏とうまく付き合っていくためには…
気持ちって見えないから恋愛は難しい。

「彼氏から連絡こないんですけど。無理なんですけど。」

彼氏からの連絡がこない…。

ラインをしても、既読がつかない。
電話をしても、無視される。
たまに来る返事も、なんだかそっけない。

付き合っていたら、連絡は取り合うものじゃないの?

付き合っていたら、連絡取りたいものじゃないの?

私何か悪いことしちゃったのかな…。

そんな心配が募るから、余計に連絡したくなる。
まだ返事が来ていないのに、連絡してしまう。

会ったらきっと、また嫌な顔されるんだろうな。

でも私は、彼氏から連絡なしの状態って、不安だし。

…あああ!結局ずっとぐるぐる考え続けてる。

そもそも連絡くれればいいじゃん。
なんでくれないの?

彼氏から連絡こないとか、無理なんですけど。

こんなとき、返信は待つべき?

彼氏からの連絡がこない時。ラインの既読もつかないし、電話も出てくれない。心配にもなるし、不安な気持ちも募りますよね。もしかしたら、このまま別れることになるのかな、なんて気持ちにもなってしまうものです。

そんな時って、連絡をしていいのでしょうか。それとも、おとなしく返信を待ちつづけた方がいいのでしょうか。

この記事では、彼氏からの連絡がこない状況に頭を抱えている彼女たちの悩みを解決していきます。

彼氏の連絡を待っている時。もう待っていられない!なんて状態の時。

この記事を参考に、少しでも気持ちを緩和してください。

連絡を返さない&無視する彼氏7の心理!

そもそも、彼女からの連絡に返事を返さなかったり、連絡を無視する彼氏は、どんな気持ちでいるのでしょうか?

ここでは、連絡を返さない彼氏の心理をご紹介します。「もしかしたら、私の彼氏はこんな気持ちなのかな?」と、自分の彼氏に当てはめながら考えてみてください。

1.めんどくさい

連絡を返さない彼氏の気持ちとして、まず最初に挙げられるのが「めんどくさい」と思っている可能性です。彼女からの連絡に対して、返事をするという行為自体がめんどくさいと思っている場合があります。

男性の中には、そもそも人とこまめに連絡を取り合わない人も多くいます。彼氏がそのタイプの人である場合は、たとえ彼女であっても連絡を取るのは面倒だと感じている可能性があります。

 

2.しつこい

彼女からの連絡に対して、「しつこい」と感じている場合には、彼氏は返信をしないことがあります。

あなたは、彼氏に対して同じ内容を何度も送信していたり、連絡を催促したりはしていませんか?連絡を催促されることで、余計に返信をしたくなくなる場合もあります。自分の連絡がしつこくなってはいないか、今一度自分の連絡の仕方や頻度を見直してみましょう。

3.今忙しい

彼氏からラインの返信がこない場合には、「今忙しいから連絡できない」と彼氏が思っていることもあります。たとえば仕事やバイトで手が離せない時、忙しい時期が続いていて夜もなかなかスマホを触っている時間がない時など。彼氏からの連絡がこないことがあります。

なかなか彼氏の予定や状況をすべて把握するというのは難しいことですが、彼氏が忙しい状況の時には、少し返信を待ってみましょう。もしかすると、時間を置いてから、「ごめん!」と連絡が来るかもしれません。

4.寝てる

彼氏が寝ている時には、当然連絡が返ってくることはありません。仕事や生活リズムによっては、彼女であるあなた自身とは違うペースでの連絡となることもあります。彼氏の生活リズムも考えてみましょう。

できれば彼氏のリズムを極力把握した上で、「今寝ているだろうな」という時には、無理に催促したり、連絡を重ねてするのは避けましょう。

5.友達と一緒にいる

彼氏が友達と一緒にいる時にも、彼氏からの返信や連絡が途絶えることがあります。友達と直接話をするのに夢中で、なかなか返信をできなかったり、スマホを開くことを忘れてしまうこともあります。また、スマホ自体は開いていても、落ち着いて返信をしたいからと、あえて返信をしていない場合や既読をつけていない可能性もあります。

彼氏が友達と一緒にいるのだと知っている時には、無理に返信を催促するのはやめましょう。むしろ、彼氏には「楽しんできてね」とだけ伝えて、友達との時間を大切にしてもらうことが重要です。あなたにも友達との時間があるように、彼氏にも大切な友達との時間が必要なのです。

6.一人の時間が欲しい

彼氏から連絡が来ない時には、「一人の時間が欲しい」と彼氏が思っている可能性もあります。この場合は、連絡が来ていることが分かっていても、なかなか返信が来ないこともあるでしょう。

そもそも、たとえ彼女であっても一人の時間には介入してほしくないというタイプの男性もいるものです。そんなタイプの人が彼氏の場合には、事前に「どんな時に連絡しないでほしいか」と聴いておくのも良い手段です。たとえば、夜の1時間は自分の趣味の時間にしていたり。たとえば、朝の出社前には誰とも連絡を取りたくなかったり。彼氏の気持ちを知っていれば、返信が来なくても心配にならずに済みます。

 

7.今はそっとしておいてほしい

彼氏からの返信が来ない時には、「今はそっとしておいてほしい」と彼氏が思っていることもあるでしょう。

たとえば仕事やバイトでとても疲れている時や、何か悲しいことがあった時。彼女だからこそ、一緒に居たい気持ちや、話を聴かせてほしい気持ちもありますよね。しかし、男性からすると誰にも話をしたくない瞬間もあるのです。

もし、彼氏からなかなか返信が来ない時には、「そっとしておいてほしいのかな」と彼氏の気持ちを汲んで、しばらくの間は返信を待ってみるのがよいでしょう。

返信しづらい彼女からの連絡

彼氏からの返信が来ない時には、もしかすると彼女であるあなたの連絡が、返信をしづらいものなのかもしれません。

「これ、なんて返信すればいいわけ?」「返信必要じゃないよね?」なんて内容の連絡には、たとえ彼女からの連絡であっても、返信をしないこともあります。

ここでは、彼氏が返信をしにくい彼女からの連絡7選をご紹介します。こんな連絡はなるべく避けるようにしましょう!

1.「暇?」だったら何?

彼氏に対して、「今暇?」「今なにしてるの?」なんて連絡をしてはいませんか?

こんな連絡が来ると、彼氏は「これ返信しなくていいよね?」「暇だったら、何?」なんて気持ちを抱いているかもしれません。

女性からすると、どんな時でも連絡を取っていたいなんて気持ちでも、男性的には必要がない連絡はしなくていいと思っていることも。もし彼氏が連絡不精な人であれば、今の状態を聞くような連絡は控えましょう。

2.「今日〇〇だった」どうでもいい報告

今日の日記のような、彼氏からしてみればどうでもいい報告に対しても、返信が来ないことがあります。「あ、そう。それで?」と思って、そのまま返信をしないのです。

この場合、毎日連絡をしているうちに、「こういう連絡に対しては、彼氏は返信をくれないんだな」ということが次第に分かってきますよね。無理に返信してもらおうとするよりも、いっそ諦めて、今日の報告は自分の日記やSNSにするのが吉です。

 

3.「私ブスだから」などの自虐

彼女からの自虐的な連絡に対しては、彼氏が返信に困ってしまうことがあります。「私って、ブスだからさ」「私は何にもできないから」などと、ネガティブなことを言われてしまうと、なんて返信をしたらいいのか分からなくなってしまうのです。

具体的な相談をしたい時には、「こんなことで悩んでいるから、相談に乗って欲しい」「アドバイスが欲しい」と、彼氏にも分かりやすく伝えてみましょう。そうすれば、彼氏としても何を言ったらいいのかが分かりやすくなります。

4.「なんで返信くれないの?」などの催促

彼女から「なんで返信くれないの?」などと連絡を催促されると、彼氏は連絡をしたくなくなることがあります。催促することによって、余計に彼氏からの返信を遅らせてしまっていることもあるのです。

なかなか返信が返ってこない時には、どうしても催促したくなる気持ちも出てくるものです。しかし、催促は逆効果となることも多くあります。催促したい気持ちを抑えて、「これについて話がしたいから、時間のある時に連絡をちょうだい」などと、用件だけをすっきり伝えるようにしましょう。彼氏からの返信も、いつもより早くなるかもしれません。

5.「死にたい」などの深刻な発言

彼氏が彼女への返信に困ってしまう内容として、「死にたい」など深刻な悩みや言葉があります。彼女に対して、なんと言ってあげたらいいのか分からなくなってしまうと、返信が億劫になりそのまま連絡をしないなんてこともあるのです。

深刻な悩みを相談したい時には、できる限り直接会って話をしましょう。会えない場合には、ラインではなく電話で話をするのも良いでしょう。ラインで返信をしづらい内容を送ってしまうと、なかなか彼氏からの連絡が来ずに、待つこととなってしまいます。

6.「話がある」という開きづらいLINE

彼女からの連絡で、「話があるんだけど」といった含みのある内容だけが来ている時には、なかなかその連絡を開かない男性もいます。そもそも開くことが億劫だったり、ちょっと躊躇してしまったりして、結果連絡が遅くなってしまいます。

彼氏に連絡をする時は、彼氏が開きづらい内容になっていないか注意しましょう。もし、開きづらいような内容のラインを送りたい時には、直接会う約束をするか、もしくは電話で話をしてしまった方が結果的に早く済むこともあります。

7.スタンプだけの返信

彼女からのラインがスタンプだけの連絡だった時に、「これって返信要らないでしょう?」と思って彼氏は返信をしないこともあります。

彼女からしたら、スタンプを送り合うことも大切なコミュニケーションの一つなのに、彼氏からしてみればそれは必要のない連絡、と捉えられてしまうことも。

もし、スタンプを送った時に彼氏からの返信が来ない場合には、「この人はスタンプには返信しないタイプなのね」と割り切ってしまうのが良い手段です。スタンプの送り合いっこは、諦めましょう。

ライン送りたい!返信こない時の対処法

待てど暮らせど、一向に彼氏からの返信が来ない時。返信は来ていないけど、もう一度ラインを送ってみようかな、送ってもいいかな、と悩んでしまうものですよね。

そんな風に、彼氏からの返信がこない時には、どのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、彼氏からの返信こない時の対処方法を7つご紹介します。極力彼氏からの返信を促せるように、上手にラインを送りましょう。

1.明るいトーンで送る

彼氏に返信を催促するラインを送ろうとする時って、大抵気持ちに余裕がなくなっている時ですよね。そんな状態で送るラインは、どちらかというと暗い内容になりがち。

そんな内容の催促ラインが来てしまったら、彼氏はますます返信が億劫になってしまうかもしれません。

彼氏に催促のラインをする時には、なるべく明るいトーンで連絡をしましょう。話を変えて、明るい話題について送るのも良い方法です。

2.ノリよく送る

彼氏からの返信がこない時には、送信している内容が暗い内容だったり、重い内容だからかもしれません。

催促のラインを重ねて送る時には、ノリよく送信してみましょう。もしかすると、すぐに返信が返ってくるかもしれません!

3.疑問形で送るようにする

彼氏からの返信がないのは、もしかしたら「これ返信いらないよね?」と思われているからかもしれません。返信がいらないと判断されたラインに対して、いつまでも返信を待ってみても、そりゃ連絡が来るわけありませんよね。

彼氏に対して催促の連絡をする時には、疑問系のメッセージを送ってみるようにしましょう。質問をされたとなると、彼氏にも返信が必要な連絡であると伝わります。

なかなか連絡のつかない彼氏に対しては、できるかぎり疑問系で投げかける内容を送信するのがおすすめです。

 

4.一旦待ってみる

どうしても彼氏に催促のラインをしたい時。早く返信が欲しくて、心配で仕方ない時。

まずは一旦、一息ついて考えてみてください。もしかすると、彼氏は仕事中かもしれません。友人との飲み会の最中かもしれません。そんな時に連絡を催促するようなラインが来たら、彼女であってもめんどくさいと思われることも。

今の彼氏の状況を考えると、連絡がしづらいのかもしれない。そんな時には、催促したい気持ちを抑えて、もう少し待ってみましょう。

5.暇つぶしに友達と会うor電話

彼氏からの連絡をただひたすらにずーっと待っているだけでは、あなたの時間がもったいないです。あなたはあなたで、楽しみましょう。

たまには友達と会ったり、電話をしたり。遊びに行くことで、彼氏からの返信を待つ時間も減ります。待っているような感覚も減ります。彼氏からの連絡を待つだけでなく、自分も友達との時間を楽しんでみてください。

6.映画やドラマを見て待つ

彼氏からの連絡が来ない時には、ただスマホをにらめっこをしていても疲れてしまいます。そんな時には、映画やドラマを見て待つようにしてみてください。

映画鑑賞やドラマ鑑賞は、手軽に取り入れることができるリラックスの方法でもあります。どうせ彼氏の連絡を待っているのであれば、あなたの時間も有効に使ってみましょう。映画の感想を彼氏に話すことができれば、話題の幅も広がりますよ。

7.寝る

どうしても彼氏からの返信が気になって、何も手に付かない時には、いっそのこと寝てしまいましょう。睡眠は、私たちにとって最高の休息です。彼氏からの連絡を待ちながらイライラしているだけでは、時間ももったいないですし、心にも悪いです。

寝て起きてみたら、意外とすんなり彼氏からの返信が来ているかもしれません。あまり期待はせずに、じっくり寝ながら気長に待ちましょう。

彼氏とうまく付き合っていくためには…

なかなか連絡をくれない彼氏。

連絡を取り合いたい気持ちには、男女差もあります。もちろん、個人差もあります。

どんなに大切な彼女であっても、毎日の連絡となるとめんどくさいと感じる男性がいるのも事実。

彼氏とうまく付き合っていくためには、彼氏の連絡を取り合うスタイルや頻度がどんなものなのか、予め把握しておくことが大切です。

全てを彼氏に合わせる必要はありません。あなた自身が「こんな頻度で連絡を取りたい」と主張をしてもいいのです。しかし、いざ連絡が来なくて心配な状況になる前に、日頃から彼氏と話し合っておきましょう。

お互いの認識をすり合わせておくことで、余計な不安や心配を抱くことなく、お付き合いをしていくことができます。

気持ちって見えないから恋愛は難しい。

恋愛をしていれば、必ず相手がいます。

相手には相手の、自分には自分の気持ちがあるもの。

だから、恋愛をしているとドキドキもするし、ハラハラもする。

全部の気持ちが見えてしまったら、もしかすると恋愛はこんなに楽しくもないのかもしれません。

お互いの気持ちが見えないからこそ、話し合う。喧嘩もする。そしてまた、仲を深める。

見えない気持ちだからこそ、大切にしあう。

そうやって、彼氏との大切な関係を築いていきましょう。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする