2019.05.27

「彼氏に殴られた」DV男の特徴・性格・心理とは?DV彼氏の対処法をご紹介!

目次

「彼氏に殴られた…もう辛いです…」
DVの意味とは?
DV男の特徴・性格・心理とは?
経験者が伝える。殴られた時の3つ対処法
もう失敗しないために。暴力男の見分け方
お願い。情が湧く前に逃げて。

 

「彼氏に殴られた…もう辛いです…」

彼氏に殴られた。

普段は優しいし、暴力を振るうような人じゃないと思ってた。

好きだから殴られているのか、大切にされていないのか、何を考えているのかわからない。

逃げるのも怖い。「別れよう」と言い出すのも難しい。

どうしたら彼氏から離れられる?

暴力を辞めてもらうためには、どうしたらいいの?もう一生このまま変わらないの?

大好きだから付き合ったのに、こんなことになるなんて思っていなかったのに。

私はどうしたらいいんだろう。どうしたら、彼氏が前のような人に戻ってくれるんだろう。

 

そんな今回は、彼氏に暴力を振るわれて悩んでいる女性に向けて、DVの意味やDV男の特徴・性格・心理を徹底解説。

さらに殴られた時の対処法&DV男の見分け方もご紹介します。

「もう、一人で抱え込まないで。」

 

DVの意味とは?

DVとは、domestic violenceの略。日本では配偶者暴力のことを差します。

配偶者や恋人や家族に暴力を加えることを言います。

DVは恋愛だけでなく、親しい関係の人に対して行われることが多くあるのです。

DVは、殴る・蹴る・叩くなどの身体的暴力だけでなく、精神的暴力や、性的暴力もあります。

精神的暴力は、怒鳴られたり、人前で馬鹿にされたり貶されること。

性的暴力は、恋人や配偶者が嫌がっているのにもかかわらず無理やり性行為を行うこと。

一般的に身体的暴力を振るうことをDVと言いますが、様々な暴力があるのです。

その中から今回は、交際相手への暴力(デートDV)と呼ばれるものに焦点を当ててご紹介します。

 

DV男の特徴・性格・心理とは?

今回は、身体的暴力だけでなく、精神的暴力や性的暴力を振るう男性についても同時にご紹介。

そこでまずは、DV男の特徴・性格・心理について詳しく解説します。

〜特徴〜

1.ストイックで真面目

DV男の特徴1つ目は、ストイックで真面目なことです。真面目であるがゆえに、完璧を求め続けます。それは恋人にも同様に求めるのです。自分にとって完璧な女性でないと許せない。自分と同じレベルでないと許せない。そして、完璧でない女性が自分に反論することが許せない。

なので、ストイックで真面目な人は頑固で自分の意見を理解してもらえないことがあると、身体的暴力に走ってしまったり、「お前なんかが口答えするな」「お前は本当にダメな人間だ」と精神的暴力で恋人を傷つけます。

2.目が笑っていない

DV男の特徴2つ目は、目が笑っていないことです。DV男は、普段から優しく穏やかに見えて、目が笑っていないのです。何をしていても100%で楽しむことがなく、人の痛みがわからない人も多くいます。中には、サイコパスと呼ばれるような男性も…

目が笑っていないと「この人何考えているんだろう」と思いますよね。そんな男性に恋をした場合は、ちゃんと見極めてから付き合うようにしましょう。

3.クレーマー

DV男の特徴3つ目は、クレーマーであることです。二人で食事に行った時に「あの店員何もできないな」「この店最悪だな」と言いだしたり、店員さんに対して態度が悪い場合は気をつけましょう。

男性は、車を運転している時と、食事に出かけた時の店員さんへの態度である程度の人格がわかります。

〜性格〜

1.自分の非を認めない

DV男の性格の特徴1つ目は、自分の非を認めないことです。自分が悪い時に絶対に謝ってこない人や、「なんで俺が悪いのか理解ができない」と言うような男性には気をつけましょう。

一緒にいても自分が常に折れて上げなければいけなくなります。そうなると、立場が下になってしまいDV彼氏は「こいつは俺の言うことを全部聞く女」と思われてしまうのです。

2.嫉妬・束縛が激しい

DV男の性格の特徴2つ目は、嫉妬や束縛が激しいことです。自分より価値のある男性が存在することが嫌なので、常に自分が一番でありたいと思っています。付き合う前から嫉妬が激しい人には注意しましょう。付き合った途端、その嫉妬は束縛へと変わります。

少しでも男友達と連絡取っていたら、首を絞められたり、脅されることがあるのです。

3.普段は優しい

DV男の性格の特徴3つ目は、普段は優しいことです。DV彼氏がDVする人だと最初気づけないのは普段の性格が優しいから。レディーファーストで思いやりがあり、大切にしてくれると思ってしまいます。

ですが、ふとした時に「この人危険かも」と思うサインがあります。そのサインにしっかり気づけるようにしましょう。

~心理〜

1.常に従わせたい

DV男の心理1つ目は、常に従わせたいという思いです。常に自分が優位に立っていないと心配になってしまうのです。その結果、恋人が言うことを聞かないと殴ってしまったり、蹴ってしまったりするのです。

恐怖心を与えることによって恋人が「従うだろう」と思っているので、精神的暴力を与えるよりも、身体的暴力に走りやすくなっています。

2.独占したい欲求

DV男の心理2つ目は、独占していたいという思いです。常に自分の支配下に置いておきたいため、彼女が他の男性に取られるなんて絶対に許せないのです。なので、精神的暴力や性的暴力に走ってしまいます。

彼らの怖いところは、その直後優しくしてくるところ。「愛しているからこそ、こんな行動をしてしまったんだ」と謝るから怖いのです。

3.責任を持つことができない

DV男の心理3つ目は、責任を持つことができないことです。身体的暴力も精神的暴力も性的暴力も自分に非があると思っていません。これは、「彼女がこんなことをしたから、仕方なく僕は暴力を振るったんだ。」「彼女が悪いんだ。」「俺を怒らせた彼女は最低だ。」と行ったように、彼女側に責任があると思っています。

それによって自分のしたことに対して責任を持つことができないのです。

 

 

 

経験者が伝える。殴られた時3つの対処法

ここからは、実際に彼氏に身体的暴力や精神的暴力を受けた経験がある女性が伝える、殴られた時3つの対処法についてご紹介します。

1.一度暴力を振るわれたら別れる

殴られた時の対処法1つ目は、一度暴力を振るわれたら別れることです。暴力は何度も続きます。一回で終わることは少ないのです。「今回は私が怒らせてしまったから、彼氏に殴られた。彼氏は悪くない。」と思ってしまったら最後。どんどんエスカレートしてしまいます。

2.信頼できる人にすぐに連絡する

殴られた時の対処法2つ目は、信頼できる人にすぐ連絡することです。一番は家族に連絡しましょう。友人に相談しても解決させることは難しいので、近くに家族が住んでいる場合は家族に相談しましょう。

もう何度もDVが続いているのであれば、すぐに両親に事情を説明してください。解決に向かっていきます。

3.二人きりで解決しようとしない

殴られた時の対処法3つ目は、二人きりで解決しようとしないことです。殴られた時に「なんでそんなことするの?」とも言えなくなっていきますよね。「怖い」「助けて」「どうしよう」という感情で頭の中がいっぱいになる。

そんな時に二人きりで解決しようと思っても難しいのです。さらに落ち着いた状態で話し合うとしても、二人きりの空間ではまたDVされる心配があります。人が多いカフェや、周りに人がいる空間で話し合うようにしましょう。

 

もう失敗しないために。暴力男の見分け方

もう失敗して欲しくないから。もう傷ついて欲しくないから。

最後は、暴力男の見分け方についてご紹介します。

1.プライドが高い

暴力男に見分け方1つ目は、プライドの高さです。男性は誰しも、プライドがあります。人としてのプライドも、男としてのプライドもあります。ですが、DVするような男性はプライドが異常なくらいに高いのです。

少しでもプライドを傷つけてしまうと不機嫌になります。「この人、怒ったら怖そうだな…」と思ったり、「この人には冗談言えないな。」と思ったらすぐに離れましょう。

2.車の運転が荒い

暴力男に見分け方2つ目は、車の運転が荒いことです。男性は車の運転で性格が見えます。信号が赤になった時に舌打ちをする。前の車が車線変更した時にキレる。など、人格が変わるようなことがあれば、早く離れましょう。ふとした時に人格が変わる男性は、DV男の可能性が高いのです。

3.たまに暴言を吐く

暴力男に見分け方3つ目は、たまに暴言を吐くかどうかです。精神的暴力を与えてくる男性は、基本的に口が悪い傾向にあります。冗談のように暴言を吐く場合は問題ありません。ですが、真面目な顔で暴言を吐いてくる男性は危険です。

4.悲劇のヒロインを演じる

暴力男に見分け方4つ目は、悲劇のヒロインを演じるか否かです。「俺は愛されてこなかった」「俺は孤独」「誰にも理解してもらえない」「お前しかいない…」悲劇のヒロインを演じて女性を引き寄せる男性は、裏表がはっきりしています。

「可哀想だからこの人と一緒にいてあげなきゃ。」「この人には私しかいないんだ。」と思ってしまったら、DVされても何も言い返せない関係になってしまいます。なので、そうなる前にしっかり見極めて離れましょう。

 

お願い。情が湧く前に逃げて。

情が湧いてしまったら、離れるのが難しくなってしまう。

だからお願い。その前に逃げて。

そのあとの恋愛も引きずることになってしまうから。

DV男と早く離れておかないと、次の恋が始まった時に「この人も暴力振るうのかな?」「この人も私のこと殴るのかな?」と疑うようになってしまいます。

新しい恋の相手が、少し手を振り上げただけで「殴られるんじゃないか」と思って自分の顔を腕で大きく隠したり、反射的に動くようになってしまいます。

そんなの辛くて仕方ないから。

自分の今後の幸せのためにも、お願い。

「もう限界」と思う前に逃げて。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする