2019.05.26

私、人類全員から嫌われている、気がするんだ。

久保佳奈子

久保佳奈子

他人からの視線が、怖くて。不安で。それでも私、生きている。

みんな、私のことを見ている?

街を歩いていると。

クラスの中にいると。

会社の中にいると。

誰かからの視線を、いつも感じる。

あれ、見られている?

本当に見られているのかは、分からない。

でも、見られている気がするんだ。

いつも誰かから、評価の対象にされている気がしてしまうんだ。

私、人類全員から嫌われていない?

見られている気がしてしまうと、もう頭の中はそれでいっぱいになる。

私、変な風に思われていないかな。

私、どこかおかしいところないかな。

私の存在、嫌がられていないかな。

私の存在、笑われていないかな。

次第に不安は大きなものへとなっていく。

そして私は、ただ漠然と、こう思うのです。

私って、もしかして人類全員から嫌われていない?

他人の目線が、怖いんだ。

人が2人以上居れば、「合う・合わない」は絶対に発生するもの。

だからきっと、私に合わない人だけじゃなくて、合う人も居るはず。
だからきっと、この世の全ての人間から嫌われているわけではないはず。

そう分かっているんだけど。

他人から浴びせられる視線が怖くて、誰も信じられる気がしなくなって、「きっとみんな私のことが嫌いなんだろうな」って、そんな風に思ってしまう。

そんなはずないのに。

でも、私は他人からの目線が、怖いのです。

いつまで経っても、怖いまま。

他人からの目線に怯えていることに気付いてから、早数年。

「そんなに怖がることはないんだよ」って、自分にずっと言い聞かせている。

なんだかんだと、普段はそう思うこともできるようになってきた。

それでも、ふとした瞬間に、あの恐怖はやって来る。

他人の目線は、いつまで経っても怖いまま。

全人類が敵かのような、そんな気がしてしまうのです。

別に、誰かになにかをされたわけでもない。
ある特定な人が苦手なわけでも、嫌いなわけでもない。

みんなのことが「怖い」だなんて思って、ごめんない。

「あなた」という名の他人がいる。

私は今も、他人が怖い。

他人から見られると、ドキドキしてしまう。

自分の評価を気にして、不安になってしまう。

それでも私は、他人との関係を築くことを、諦めない。

だって、私は一人では生きていけないから。

「あなた」がいるから、私も生きている。

「あなた」のおかげで、今の私が作られてきた。

この世には、「私」だけじゃない。

たくさんの「あなた」がいる。

私は、「あなた」の存在をもって、作られているんだ。

揺れる憶測と時折出てくる強さの中で

嫌われているのかもしれない。
本当はそんなに私のこと気にしていないかもしれない。
もしかしたら恨まれているかもしれない。
実は好かれているのかもしれない。

人と出会ったり、話をしたりするたびに、様々な憶測が私の中を行き交う。

でも全部、私の憶測でしかない。

本当のところは、何も分からない。

だって、他人だから。

「嫌われているなんて、思わなければいい」

そんな器用なことは、私には出来ない。

それでも、私は「あなた」と一緒に生きたいから。

時に、嫌われながら。
時に、「あなた」の顔色を伺いながら。

生きることを、諦めない。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする