2019.05.26

「自尊心が低い…。」自尊心がないとは?自尊心を高める方法13選

私の自尊心は、とても低いのです。

「自尊心」

それは心の底から自信を持つことが出来て初めて、持てるものです。

「私の自尊心は低い」

そんな思いを抱いているために苦しんでいる人は多くいます。

自尊心が生活に対して及ぼす影響は大きく、自尊心が低いと、自分の生活の満足度も同時に低くなってしまうことが多いです。

自分のことを認められていないということは、自分の行動や思想に関しても否定していたり認められていないということでもあります。

そのように自分のことを否定してばかりで苦しんでいる人のために、どのようにして自尊心をつければよいのかご紹介していきます。

 

自分を尊敬なんて、出来ない…。

自分を尊敬することは、人によっては難しいことです。自分自身を認められず、他人から認められる機会も少なかった人にとっては、高い自尊心を身につけることは困難になってしまいます。

他人から認められているような人でも、自尊心が低ければ、それが自信につながることはありません。

また自分のことを大切に思ってくれる人がいても、自身のことを認められていない場合には、自分の心を満たすことはできません。

自尊心を持てるかどうかには、育った環境や身近な人との関わりの中で自尊心が育めなかったことが大きな影響を及ぼします。

今回の記事は、自尊心の低い人にとって、自尊心が低い原因や自尊心を育む方法を知るきっかけになるはずです。

 

自尊心の意味とは?プライドとの違い

自尊心とは「自分の思想や行動に自信を持つこと」や「自分の人格を大切にする気持ち」を意味します。

そのため高い自尊心を持っている人は、他者からの言葉や干渉に惑わされずに、自分の考えや行動を実行することができます。

自尊心とよく似た言葉として「プライド」というものがあります。

プライドは自尊心という意味も持っているため、意味に関しても非常に似通っています。ですがプライドは「他者からの承認を求める欲求」を意味し、自尊心は「自分自身を尊敬していること」を意味するという違いがあります。

そのことから、自尊心を育むには、他者ではなく自分が自分をどう認識するのかが非常に重要となるのです。

 

自尊心がない5つの原因

自尊心がない人には、うまく自尊心が育めなかった原因があります。ですが自分自身でその原因を把握していない人も多くいます。

そのような人に向けて、自尊心がない原因についてご紹介していきます。

1.自己肯定感が低い

自尊心がない人は、自己肯定感が低い人が多いです。

自己肯定感とは、自分のことを認められるということを意味します。自己肯定感が低いと自信を持てず、さらに自分の存在に価値を見出すこともできないために、自尊心も育まれないのです。

つまり自分自身のことを認め、自分に価値を見出すことができていない状態では、自尊心を育むことが困難になってしまいます。

2.人から強く否定された経験がある

他人から強く否定された経験があると、自尊心が上手く身につかないことがあります。

自尊心とは自分自身を尊敬することです。自尊心を育むためには、成長過程で身近な人から肯定され、自分自身の価値を実感するという経験が重要となります。そのため肯定されるのではなく他者から強く否定をされることは、自尊心を育むことを大きく阻害する要因となってしまうのです。

3.他人からの目を気にしてしまう

他人からの目を気にしすぎてしまうために、自尊心が低くなることもあります。

他人の目を気にしていると、自分に対する意見に敏感になりすぎてしまい、自分の評価を下げることにつながることが多いです。

またあまりにも他者からの目を気にしすぎると、相手の思っていないことでも自分に対する悪意だと受け止めてしまう「被害妄想」が増えてきます。

そうなってしまうと他者との関係に歪みが生まれてしまうだけでなく、自分自身にも大きな負担となってしまうこともあります。

 

4.過去のトラウマが忘れられない

過去に精神的に大きな傷を受けたことがある人は、その経験がトラウマとなってしまい、自尊心が育めなくなってしまうこともあります。

トラウマはそのほとんどがネガティブなものであるため、それに似た状況や出来事があると、ネガティブな経験をその度に再体験することになってしまいます。

ネガティブな経験を多くすると、自分に対する自信もそれに伴い失われていってしまうので、自分を尊敬する気持ちも中々育まれなくなってしまうのです。

5.人と自分を比べてしまう

自尊心の低い人は、人と自分を比べてしまうことが多いです。

他者と自分を比べると、どうしても他者の良いところばかり見えてしまい、自分のことを「劣っている」と思ってしまいます。そのため自信を持つことが難しくなってしまい、自尊心も損なわれてしまいます。

人と比べることは、自分を客観的に見る良い機会にもなりますが、それと同時に自分にマイナスな影響をもたらすことも多いのです。

 

自尊心を高める方法13選

様々な環境や要因により、自尊心の成長は阻害されてしまうことがあります。ですがそれと同様に、自尊心を高める方法も多くあります。

そのように自尊心を高め、自信を持つための方法を、これからご紹介していきます。

1.過去のトラウマを解消する

過去のトラウマが原因で自尊心が低くなってしまっている人は、そのトラウマを解消することにより、自尊心を高めることができます。

トラウマを解消することは、自分にとってとても苦しい思い出に向き合うことになり、精神的な苦痛を伴うこともとても多くあります。

またトラウマが根深い場合には、さらにその解消には大きな時間と多大な負担がかかってしまうために、自分の体調とも相談しながら、じっくりと向き合っていくことが必要です。

2.自分の良いところを挙げてみる

自尊心の低い人は、自分の良いところを認識することが苦手です。そのため自尊心を育むために必要な、「自分に自信をもつ」ということができないままになってしまいます。

自分に自信を持つために、自分の良いところはなんなのかを挙げてみましょう。普段自分の良いところを意識しない人ほど、それを繰り返し意識することによって、大きな自信を持てるようになり、それに伴って自尊心も高まっていくはずです。

3.毎日の良かったことを日記で振り返る

自尊心が持てていないと、ネガティブな情報ばかりが目に写りがちです。そのため生活そのものをつまらないものだと考えてしまうようになってしまいます。

そんな状況を解消するために、その日にあった良かったことを日記に書き、毎日振り返るようにしましょう。意識していない内は頭に残りにくいですが、小さくても毎日良いことは起こっているはずです。

そのため日記に書いて形に残すことで、毎日悪いことばかりではないということが実感できるようになります。

4.他人からの評価を気にしすぎない

他人からの評価を気にしてしまうと、どうしても自分に対する悪い評価も耳にすることになります。そうすると自信を失ってしまい、同時に自尊心も傷つけられてしまうことになります。

そのためあまり他人の評価に気をとられ過ぎないようにしましょう。

他人からの評価というのは、自分の成長のために現在の状況や改善点を知るためには有用なものですが、必要以上にそれに縛られて自分の行動や思想を変える必要はないのです。

 

5.自分軸で大切なことを決める

大切なことを決める際に、他者を軸にして考えてしまうと、自分から行動の主体性が失われてしまい、自己・自我が希薄なものになっていきます。そうなってしまうと自分を大切にしようという思いも薄れていき、自尊心が低くなってしまうのです。

そうならないために大切なことに関しては、自分の考えを軸にして決断し、行動を起こすことを心掛けるようにしましょう。

そうして自分を軸にして考えることが習慣づいていけば、自然と自尊心も育まれていきます。

6.上手くできたことを自分で褒める習慣をつける

自尊心が持てていない人の中には、幼少期に信頼できる人から褒められる経験がなかったという人が多くいます。そのため大人になった後でも、何かを達成した際にその実感が持てず、成功体験が自信につながらないのです。

そのような人は、うまくできたことは自分で褒めることを習慣づけるようにしましょう。

慣れないうちは上手く褒められないかもしれませんが、それが習慣づけられると、自分で自分の自尊心を育んでいくことができるようになります。

7.人の良いところを真似してみる

「自分の良いところが中々わからない」という人は、人の良いところを真似してみましょう。

自分の憧れている人や尊敬できる人の、「ここがすごい」「自分もこんな風になりたい」と思う部分を見つけて、それを自分でも実践してみてください。

真似をした分だけ自分の中に尊敬できる部分が増えていくことになりますし、自分の憧れの人に近づいているという実感が持てることから、自分に自信を持てるようになるはずです。

8.自分に合う仕事や趣味を見つける

自分の苦しいことばかりを行っていては、自分の生活がつまらないものに感じてしまいますし、そうなると何に対しても意欲が持てなくなってしまいます。

現在の生活の中に楽しみが見出せない人は、自分に合う仕事や趣味を探してみてください。

自分に合う仕事や趣味が見つかれば、生活の大半を占める仕事に楽しみを感じられるようになったり、趣味のために日々の憂鬱なことも軽やかに乗り越えていけるようになるはずです。

9.ファッションを変えてみる

ファッションは自分のことを表現する手段であり、着ている服や身につけているものによって、世界に対する自分の見方や受け止め方も大きく変わってきます。

「今まで着てみたい服があるけれど、勇気がなくて着れなかった」という人は、思い切ってその服を着てみてください。

憧れの服に身を包んでいるだけで、自分自身の行動に自信が持てるようになったり、ネガティブな情報しか入ってこなかった生活をより前向きに受け止められるようになるはずです。

10.専門性のある分野の勉強をする

自尊心の低い人の中には、他人と比べて自分の自信を失ってしまう人が多いです。そのような人はあまり一般的でない専門性のある分野について学んでみてください。

専門性のあることを身につければ、他人と比べて自分の自信を損なうことがなくなります。

また専門性のある分野について学んでいる人は、何らかの目的意識や目標を持っていることが多く、それを糸口として新たな関係性や道が開かれていくこともあります。

11.憧れの人や状態を見据えて行動する

自分にどうしても自信を持てないという人は、自分の「憧れの人」や自分にとっての「理想の状態」に目を向けていくことが大切です。

憧れの人の行動を分析し、その人の行っている習慣や行動を把握すれば、憧れの人に近づくためには何をすればよいのかということも見えてきます。

また自分の理想がはっきりしていれば、そこに至るまでの道程や方法も分かってきます。

今は自身が持てていなくても、自分が成長していくことにより、徐々に自信も自尊心も育まれていくはずです。

 

12.自己肯定感を高めるための読書をする

普段生活している中で、誰かから肯定される機会というのは、そこまで多くはありません。ですが自己肯定感を高めるための手段には、誰かから肯定されることだけでなく、読書をするというものもあります。

世の中には、様々な特徴を持った人それぞれを肯定するような内容の本が多くあります。

また自分に対する見方を変えてくれるような本もあります。それらの本を読むことによって、自身や世界に対する捉え方が前向きなものに変わっていくのです。

13.刺激的な環境に足を運ぶ

毎日が単調だと、生活に張りがなく、人生や自分に対する価値が下がってしまいます。

そのような場合には、刺激的な環境に足を運ぶことが有効です。ここでの刺激的とは激しいということではなく、今の自分には無い新たな経験やプラスの影響を与えてくれるということを意味します。

現在の生活に不満を抱えている人は、それらの刺激を受けることにより、日々に楽しみを見出したり、今までは思いもしなかったようなあたらしい道が拓けることもあります。

 

自信を持てないままだと、自分が可哀想でしょう?

「自信をもてていない」ということは、別に誰かに迷惑をかけるわけでもないです。

ただ自信を持てないことによって、自分が損をしたり、十分に楽しみを感じられなかったりということはよく起こり得ます。自信を持てていないままだと、誰よりも自分が可哀想なのです。

本来得るはずだった貴重な経験も、それを感じ取れるだけの自分の状態が整っていなければ、その機会を逃してしまうことになります。

そのため自信を持てていないと、自分で意識している以上の損を、知らず知らずの内にしていることも多くあるのです。

そのため今まで「誰かのため」を優先しすぎて、自分の心をおざなりに扱ってしまっていた人は、他の誰かではなく自分自身のために、自分を大切にしてあげましょう。

 

高めていこう、自尊心。

自尊心を持てていない人にとっては、自尊心を育むことはとても大変なことに思えるはずです。

今まで自尊心がなかった人にとっては、自尊心を高めるということは未知のことであるため、それは当然のことであり、恥ずべきことではありません。

それに自尊心を育むために必要なのは、難しいことではありません。

自尊心を高めるのに必要なのは、「自分と、自分の心を大切にすること」です。

いつもより多く自分を振り返り、その良いところを探し、そして褒めてあげる。

それだけのことなのです。

今までに大きな傷や辛い経験を重ねてきた人にとっては、時間がかかってしまう場合もあります。

ですが治っていく過程の段階でも、今までと比べると生きやすさが大きく変わっているはずです。

ゆっくり自分を見つめ、大切にしながら、自尊心を高めていきましょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする