2019.05.26

失恋から立ち直る9の方法|辛い時、立ち直れない時、どうしたらいい?

目次

辛すぎる。失恋から立ち直れそうにない…
余計に辛い。絶対にしてはいけない10のこと

失恋を癒す方法が知りたい…
失恋から立ち直る9の方法
【女性各位】「男を忘れるには男だよ」は嘘です
吹っ切れるまでは時間が必要

辛すぎる。失恋から立ち直れそうにない…

彼氏と別れた。

好きな人に振られた。

つまり私は、失恋した。

ああ、辛すぎる。
しんどすぎる。
未来が見えなさすぎる。

「失恋」というものは、何度経験しても慣れるなんてことはなくて。

むしろ、回数を重ねるごとに、立ち直るまでの時間がかかるようにすらなっている気がする。

「もっと良い男がいるよ」
「そのうち吹っ切れるよ」

いやいやいや。そんなこと言われてもさ。

今、辛いじゃん?

今、涙が止まらないじゃん?

今、呼吸苦しいじゃん?

誰か、今この瞬間から、失恋から立ち直る最高の方法を教えてはくれませんか。

余計に辛い。絶対にしてはいけない10のこと

彼氏と別れた時、元彼が忘れられない時、片思いの恋が終わった時、告白が上手くいかなかった時。

失恋のシーンとは、実に色々なものがあります。

しかし、その全てに共通しているのが、「失恋は辛い」という事実。これだけは、誰もに共通していることと言えるでしょう。

失恋から立ち直るには、まず絶対にしてはいけない行動があります。ここでは、絶対にしてはいけない失恋時の10の行動をご紹介します。あなたの傷を、少しでも早く和らげるためにも、絶対に行わないようにしてください。

1.元恋人に電話する

まず、絶対にいけないこととして最初に挙げられるのが、元恋人に電話をすることです。好きな気持ちがどうしても押さえられなくなったり、寂しい気持ちで押しつぶされそうになったり。失恋時には、そんなことがつきものです。

その勢いあまって、元恋人に電話をしてしまっても、先に進むことはできません。むしろ、ずるずると元恋人への感情を引きずってしまうだけです。

特に電話は、相手と声色だけで直接話をするので、相手のペースに持ち込まれやすくもあります。そして、感情的にもなりやすい傾向にあります。どんなに「またもう一度話がしたい」と思っても、勢いだけで電話をするのは絶対にやめましょう。

2.元恋人にLINEをする

絶対にしてはいけないのは、電話だけではありません。LINEでメッセージを送るのも、絶対にやめましょう。

失恋をして辛い時には、寂しい時間を埋めるために元恋人に連絡をしたくなってしまうことがあります。しかし、そんなタイミングで連絡をしたところで、余計に寂しさが募るばかりです。一時的な寂しさの解消ができたとしても、結局「寂しい」という根本が変わることはありません。

手持ち無沙汰な時間を、元恋人とのLINEの時間に充てるのも、これからのあなたにとっては不毛な時間です。別れた相手や、もう恋愛をすることがない相手との連絡に、あなたの大切な時間を費やすことはやめましょう。

 

3.元恋人と会う

絶対にしてはいけないことの中でも、特に気をつけてほしいのが、元恋人と直接会うことです。たとえ相手に誘われたとしても、どんなにあなたが「もう一度だけ」会いたかったとしても、会うのは絶対に避けましょう。

元恋人と会ったところで、発生するのはどんな時間ですか?使うお金は、有意義なものですか?これからのあなたの未来を考えれば、元恋人と会う時間やお金を使うことは、もったいないものです。

失恋をした今この瞬間は、とても辛いものです。それでも、その寂しさや辛さを埋めるために元恋人に会うのは避けましょう。

4.他の男性と遊ぶ

失恋の傷を癒やすためだけに、他の男性と遊ぶのもやめましょう。他の男性と遊んでも、結局行き着く先は「元恋人の方がよかった」ということ。結局あなたは、「彼」が居なくなった寂しさを他の男性と遊ぶことで埋めようとしているだけなのです。その傷が、他の男性によって埋まることはまずありません。

もしあなたが、元恋人のことを完全に吹っ切ることができていれば、話は別です。次の恋に向かって、他の男性との交流を持つことは素敵なことです。しかし、元恋人のことを忘れることができていない時には、他の男性と遊ぶことは避けましょう。

5.夜中に考える

人間は、夜になると色々なことを考え込んでしまうものです。特に、失恋をした時など辛い状況に置かれた時は、そのことばかりが頭の中をぐるぐるとしてしまって、余計に眠れなくなり、余計に辛くもなってしまいます。

失恋をして辛い時には、夜はさっさと寝てしまいましょう。おすすめなのは朝型の生活です。夜中に考え込んだ時に、勢いで電話やLINEをしてしまうという事態にもなりかねません。夜は早く寝るに限ります。

6.空元気で振舞う

失恋をして辛い時には、無理に明るく振る舞おうとするのも逆効果です。空元気で楽しそうに振る舞うのもやめましょう。

空元気で明るく過ごしているその瞬間は良いのですが、一人になった瞬間などに、突然反動で大きな寂しさや孤独感が襲ってくることがあります。その寂しさは、あなたの辛い気持ちをより大きなものへとしてしまいます。

辛い時には、辛いと言っていいのです。無理をして明るく過ごそうとする必要はありません。

7.新しい彼氏を作ろうとする

元恋人が吹っ切れる前に、新しい彼氏を作ろうとするのもやめましょう。

たとえばあなたが、元恋人に復讐をしてやりたい、元恋人よりも早く新しい恋人を作りたいと思っていたとして、その「新しい恋人」の気持ちはどうなってしまうのでしょうか。

恋人は、本当に「好き」という気持ちを持てる人を選ぶべきです。それができなければ、他人の気持ちを必要以上に傷つけることとなりかねません。まだ昔の恋人を忘れることができていないのに新しい彼氏を作ろうとするのは、絶対にやめましょう。

8.元恋人のSNSを漁る

今の時代、私たちは他人とSNSで簡単に繋がることができます。たとえ元恋人となった人であっても、SNSで繋がったままになっていたり、相手の投稿を漁ったりすることは出来てしまいます。しかし、元恋人のSNSを見るのは避けましょう。

元恋人の良い側面ばかりが映し出されているSNSを見ても、相手への未練は募るばかりです。昔の投稿を見てしまったりなんかしたら、「あの頃は良かったのに」と、今はもう二度と戻ることのない時間へと思いを馳せ続けることとなります。

あなたは、「今この瞬間」を生きています。相手のSNSを漁って昔を美化したり、元恋人の「今」に執着することはやめてください。

9.元恋人の友人に相談する

失恋をして辛い気持ちが大きくなりすぎると、元恋人の友人に頼ろうとしてしまう人もいます。「どうしたら元に戻れるかな」なんて相談をしてしまう人もいるでしょう。

しかし、そうやって相談をした先で、一体何が待っているのでしょうか。相手の友人を困らせるだけでなく、もしかしたら元恋人にその話が伝わって、怒られる可能性だって否めません。

元恋人との関係を終わらせたくないからと言って、周囲の人を巻き込むような行動は控えましょう。

10.SNSで病み投稿をする

どうしても辛い気持ちが募ってしまって、どこにもやり場がない時。私たちは、ついSNSの力に頼りがちです。そして、いわゆる「病み投稿」をSNSに上げてしまいます。

病み投稿をSNSに上げても、救われることはありません。むしろ、周囲の友人から裏で笑われるようなことすらありえるかもしれません。

どうしてもやり場のない気持ちを発散したい場合には、自分の周囲の人がいない「裏アカ」でつぶやくようにしましょう。気持ちを押し込め続ける必要はありませんが、発散する場所を選びましょう。

失恋を癒す方法が知りたい…

絶対にしてはいけないことは、分かった。

でも、失恋した傷は、癒えないのです。

あの人のことが忘れられない。あの人との思い出が忘れられない。あの人との時間を取り戻したい。あの人とまた思い出を作っていきたい。あの人とまた恋人に戻りたい。あの人ともう一度やり直したい。あの人と幸せになりたい。

そんな思いが溢れてきて、どうにもならない。

気持ちのやり場もない。
辛くて苦しくて、どうしようもない。
泣いちゃいけないってわかってるのに、涙が止まらない。

失恋を癒やす方法が知りたいのです。

早く失恋から、立ち直りたい。

失恋から立ち直る9の方法

失恋から立ち直りたい。辛い時にそう思ったら、具体的にはどんな手段を取ればいいのでしょうか。ここでは、失恋から立ち直る13の方法をご紹介します。実践しやすいものから、ぜひ挑戦してみてください。

1.仲の良い友達に相談する

失恋から立ち直るためには、仲の良い友達に相談をするのがおすすめです。気の許せる友人や、信頼している友人に失恋について相談してみましょう。あなたがこれから、どう進んでいけばいいのか、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。

もし、元恋人の存在を知っている友人に相談をするのであれば、相手のことも考慮した上でのアドバイスがもらえることでしょう。

 

2.泣きたい時は我慢しない

失恋をして、辛い時。あなたは、無理に泣くのを我慢してはいませんか?

泣くことは、私たちにとって大切なことです。悲しい時には、涙が出るものです。辛い時には、泣きたくなるものです。その素直な気持ちを押し殺すことは、余計に自分の気持ちを辛くさせる可能性があります。

泣きたいと思った時には、泣きたい気持ちを我慢することなく泣きましょう。自分の素直な「辛い」に、寄り添ってあげましょう。我慢は禁物です。

3.失恋ソングに溺れる

失恋をした時には、失恋した辛い気持ちに寄り添ってくれるものが必要です。それが、「失恋ソング」。歌は、私たちの気持ちに寄り添ってくれるものです。自分の感情に合わせた音楽を聴くことで、私たちの気持ちは救われます。

失恋から立ち直りたい時には、自分の気持ちを代弁してくれる失恋ソングを聴きましょう。たくさん共感をして、失恋の気持ちを徐々に薄めていくことが大切です。

4.無理に忘れようとしない

あなたは、失恋をして元恋人のことを忘れられていない時、無理に相手のことを忘れようとしてはいませんか?相手のことを忘れるのは、いずれは必要なことです。しかし、いきなり無理に忘れるのは現実的ではありません。忘れることができないのに、無理に忘れようとすることは、余計に相手を思い出すことになります。

無理に忘れようとせず、今のあなたの「辛い気持ち」に寄り添ってあげれば大丈夫です。

5.次の幸せを考える

失恋から立ち直るためには、次の幸せを考えてみるのも良い手段です。失恋をして辛い時には、なかなか「幸せな状態」をなかなかイメージすることができていません。「この先どうなってしまうのだろう」と漠然とした不安を持ってしまっているために、辛い気持ちがなかなか払拭できません。

次の幸せを考えるには、自分が「これから何をしたいか」を書き出してみるのがおすすめです。実際に紙に書き出してみることで、自分が何を思っているのかを整理することができます。紙とペンを持って、これからの自分についてを考えてみましょう。

6.選択は間違っていなかったと思う

失恋をしたばかりの時には、「自分の選択は間違っていたのではないか」と疑う気持ちを持ってしまいがちです。いわゆる未練が、選択に対する疑念として出てきてしまうのです。

もう既にお別れをした段階で、自分の選択を疑っても、何も変わることはありません。むしろ、昔の出来事や思い出を美化してしまって、自分の選択が間違っていたと思ってしまいがちです。

失恋から立ち直りたい時には、自分の選択が間違っていなかったと自信を持ちましょう。今の自分に自信を持つことは、あなたを次のステージへと進めてくれる一歩となります。

7.元恋人を人として好きになる

どうしても元恋人を忘れることができない時というのは、相手の人間性が嫌いになれない場合があります。人間として嫌いになったわけではない相手とさようならをすることは、とてもつらく苦しいことです。これまで友人としても仲良くしていた場合には、余計に辛い気持ちが募ることもあります。

そんな場合には、元恋人のことを人間として好きになるのも一つの手段です。無理に相手を忘れようとするのではなく、恋人としてのお別れだけを受け入れ、友人としてのお付き合いは続けていくというのも無理ではありません。

状況しだいではありますが、恋人としての関係を終わらせて友人として割り切って付き合うことも検討しても良いでしょう。

 

8.恋愛から一旦距離を置く

そもそも恋愛自体から一度距離を置くことも、失恋から立ち直るには効果的です。元恋人だけに限らず、全ての人を「恋愛」という側面で見るのを辞めてみましょう。

恋愛のことを考えると、それだけで元恋人のことを思い出してしまうこともあります。そんな事態を避けるためにも、一度恋愛から距離を置き、自分だけと向き合う時間を設けることは有効です。

9.自暴自棄にならない

失恋から立ち直ろうとするために、自暴自棄になることはありません。「もうどうにでもなれ!」などと、自分の行動すべてを乱雑にしては、あなた自身がもったいないです。自暴自棄になることなく、「これからの自分」についてを考えてみてください。これからのあなたに待っているのは、決して暗い未来ばかりではありません。

【女性各位】「男を忘れるには男だよ」は嘘です

失恋で心が辛く、苦しくなっている全ての女性へ。

失恋をした時によく聞く言葉、「男を忘れるには男だよ」は、まったくの嘘です。

男を忘れるために、他の男を利用するんですか?

そんな程度で、あなたの気持ちは他の男性に向けることができるんですか?

そんなことで、他の男性の気持ちを傷つけるのですか?

まだ元恋人のことを忘れることができていないのに、他の男性の元に行っても、比較してしまってますます辛くなるばかりです。

きちんと忘れることができてから。きちんと自分の中で整理がついてから。

次の男性と、また素敵な恋をしてください。

吹っ切れるまでは時間が必要

失恋をして、すぐに相手のことを吹っ切ることなんて出来ません。

吹っ切れるまでには、当然時間がかかるもの。

どうしたって辛い気持ちはしばらくの間続くもの。

それだけ、あなたの恋が本気だったということです。

無理に忘れることはない。

あなたの気持ちは、ゆっくりと落ち着いていきます。

少しずつ時間をかけて、相手のことを忘れていけば大丈夫。

元恋人のことを忘れることができた時には、あなたの世界はまた違う色をして輝きはじめる。

そして、また次の恋に向かうこともできるようになる。

あなたの幸せは、まだこの先にたくさん待っています。

次の恋に向けて。

次の幸せに向けて。

まずは、まだ忘れられない「あの恋」と時間をかけて向き合ってみてください。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする