2019.05.22

恋の一方通行

「年下の男の子に片思い」年下男性を落とす8つの方法&恋愛の始め方

【目次】

「年下の男の子に片思いしました」
年下の男の子が好きすぎる!
年下男性を落とす8つの方法
年下の男の子が見せる脈ありサイン
年下男性との恋愛の始め方
「年上女性じゃ、ダメですか?…」

「年下の男の子に片思いしました」

恋をした。

私の好きなタイプは、大人っぽい人。

私のことをいつも気にかけてくれて、
優しく話をしてくれて、
なんでも許してくれる。

そんな存在の、年上男性としか、恋をしてこなかった。

「年上が好きなんだ」って公言までしてた。

それなのに。そのはずなのに。

自分より年下なんて、今まで考えたこともなかったのに。

ある日、年下男性に恋をしました。

後輩の男の子に、恋をしました。

脈あり?脈なし?

そんなのも分からないくらい。初めての経験すぎる…。

年下の男の子が好きすぎる!

年下男性に恋をする、初めての経験。

会社の部下だし、私なんてどうせ「ただの先輩」としか思われていない。

先輩・後輩としての関係は、別に悪くないと思う。普通に上手くやっている。

でも、私、恋をしてしまった年下の男の子のことが、好きすぎるんです…。

いつの間にか、相手の魅力に染まってしまって。

「相手は年下の男の子。年下。ダメダメダメ。」

なんて言い聞かせていたのに、いつの間にか片思いは始まってしまっていた。

脈ありかどうかも分からない。

…でもそんなのどっちでもいい!

ただ好きなんです!

ああでもどうせなら年下男性とのこの恋愛、叶えたい!

お願い誰か教えて?

年下の彼を落とすには、何をすればいいのでしょうか?

年下男性を落とす8つの方法

「年下の男性に恋をしてしまった。」

そんな経験のある女性は、意外と多いものです。

好きになるはずはなかったのに、いつの間にか年下の魅力にハマってしまっていた、なんて経験。ありますよね?

ここでは、年下男性を落とす8つの方法をご紹介します。実践しやすいものからどんどんトライして、気になる年下の男の子を落としに行きましょう!

1.若い女の子にはない大人の余裕

年下の男性にとって、年上の女性が持っている大人の余裕は他にはない魅力です。あなたの持っている「年上」という強みを最大限に発揮してしまいましょう。

大人の余裕を見せるには、会社の上司・部下の関係や、部活の先輩・後輩の関係は良く作用します。あなたが仕事や練習を余裕にこなしている様子を見せ、時には相談にも乗ってあげる。そんな頼れる姿に、年下の男の子も魅了されてしまいます。

2.お母さんに絶対ならない

年下の男の子に恋をした時に、気をつけなくてはならないのが、これ。彼のお母さん的存在には絶対にならないこと!

頼れる存在だからといって、「お母さん」だと勘違いされてしまっては、その後の恋愛関係に発展することはまずありません。

頼れる存在であることは良いことですが、お世話をしすぎたりして、彼にとってのお母さんにはならないように気をつけましょう。

3.大人の女性特有の色気を出す

大人の女性にしかないものが、「色気」。気になる年下の男の子の周りに居る同年代の女性に敵うものとして、最大の魅力とも言えます。どんどん大人の女性特有の色気を出していきましょう。

たとえば、いつもは会社でしか会うことのない彼を、飲みに誘ってみたり。ムードのある雰囲気のお店を選んで、大人の女性としての色気を出すことができますよ。

4.相談事をして頼る

年下の男性だからといって、かわいいだけではありません。男性は、誰しも「女性に頼られたい」と思っているものです。それが、年上女性は「頼る必要がなさそう」なんて思われてしまっては、もったいありません。積極的に彼に相談ごとをしましょう。

男性は、頼られることで「男として必要とされている」と感じることがあります。気になる年下の男の子には、積極的に自分の悩みを相談してみましょう。彼との仲も深まること間違いありません。

 

 

5.男らしさを尊重する

年下男性だからといって、バカにしたり可愛がりすぎるのはもってのほか。男性は誰しも人から頼られたい存在です。彼の男らしい一面を尊重しましょう。

彼に頼った場面では、彼の男らしいを褒めたり、「ありがとう、助かっちゃった」という気持ちを伝えることも大切です。

6.年の差を感じさせないよう甘える

気になる年下の彼とは、年の差を感じさせないようにしてしまうのも一つの良い手段です。年の差を感じなくなれば、付き合うことにもなんの抵抗もなくなります。

少し恥ずかしさが出てしまうかもしれませんが、その恥ずかしさを抑えて、彼に甘えてみましょう。男性にとっては、女性から甘えられることは嬉しいものですし、自分が男として見られているんだと意識をする瞬間でもあります。彼に年の差を感じさせないためにも、気になる年下の彼には積極的に甘えていきましょう。

7.包容力で守ってあげる

年下の彼が困っている時に、助けてあげることができる余裕を持っているのも、年上女性の強みです。彼が助けを必要としている時や、甘えたい気持ちの時には、包容力で守ってあげましょう。

包容力のある女性は、結局男性からすると「居心地の良い女性」になります。最大限にあなたの包容力を発揮しちゃいましょう。

8.年齢の話をしない!

そもそも年下男性との恋愛をする時に大切なのが、年齢を意識しないこと。そして、意識させないことです。

お互いが恋愛を意識することがないように、年齢の話をこちらからわざわざするのはやめましょう。

もし年齢の話になったとしても、「私は年齢なんて恋愛に関係ないと思っている」というスタンスを伝えることで、彼にとっての恋愛対象に入ることができるかもしれません。

 

年下の男の子が見せる脈ありサイン

「気になっている年下の男性は、脈ありなのかな…?」と心配になること、ありますよね。全く興味を持たれていないわけではない気がする。でも、私って年上だし、あなたにとってはもしかしたらそもそも恋愛対象じゃないのかもしれない…。そんな不安を抱くことも、年上女性にはあるんです。

ここでは、年下の男の子が見せる脈ありサインをご紹介します。あなたの気になっている彼に当てはまるものがないか、チェックしてみてください!これからの彼との付き合い方のヒントにもなります。

1.悩み相談をするようになる

年下男性の脈ありサインとして、気になっている女性に悩み相談をする、というものが挙げられます。もし彼が、あなただけに悩みを打ち明けてくるようになったら、それは脈ありのサイン。彼もあなたのことが気になっているかもしれませんよ!

2.「弟だと思われてる?」

年下男性の、脈ありサイン発言が、こちら。

「俺って、弟だと思われてる?」

この発言、あなたのことを女性として意識している証拠です。

あなたに弟ではなく、男性として見てほしい。

その気持ちが、この一言に詰まっています。

3.男らしさや頼れる姿勢を見せてくる

年下の男の子が、男らしさや頼れる姿勢を積極的にあなたに見せようとしてくるのも、あなたのことを異性として意識している証拠の一つです。あなたに「男性として」見てほしくて、積極的に男らしさを発揮しようとしています。

そんな男らしい姿を見たら、タイミングを見計らって「頼もしい」「尊敬しちゃう」なんて、彼を褒めてみましょう。ますます彼の気持ちは高ぶっていきます。

 

 

4.二人でいる時だけ甘えてくる

気になる年下の男の子が、あなたの二人でいる時だけ甘えてくるのであれば、それもあなたを女性として意識している証拠の一つです。あなたに心を許し、あなたの包容力に甘えています。

彼が甘えてきたら、あなたの包容力で思いっきりつつみ込んであげましょう。ますますポイントアップできますよ。

5.LINEの頻度が増える

気になる年下の男性との、連絡頻度も重要な指標の一つです。彼とのLINEの頻度が増えたのであれば、それはあなたを異性として意識している証拠の一つです。脈ありのサインと考えていいでしょう。

気になる年下男性とのLINEが増えているのであれば、そのまま連絡の頻度を増やして、どんどん彼との距離を近づけていきましょう。あなたが彼との恋愛を意識していることを伝えるチャンスも増えていきます。

年下男性との恋愛の始め方

年下男性との、恋愛。

今まで経験がなくて、どう進めたらいいのか分からなくて頭を悩ませる人も多いはず。

しかし、年下男性との恋愛はけっして難しいことではありません。

むしろ大切なのは、あなた自身が「年下であること」「年上であること」と年齢の差を意識しないことです。

「私が年上であることを、気にするんじゃないかな…」と彼の心配をしているようで、実はあなた自身が、年の差恋愛に躊躇してはいませんか?

大切なのは、まずは彼を落とすか落とさないとか、そういう問題ではない。

彼を、一人の男性として、一人の人間として、尊敬できること。

お互いを、尊重しあえること。

それが大切にできれば、あなたは気になる年下男性の彼とも、上手くお付き合いができるようになるかもしれません。

まずは、一人間としてお互いを知り合うことを意識してみてください。

 

「年上女性じゃ、ダメですか?…」

年下の男の子には、年下女性だからってだけで、恋愛対象外にはしてほしくない。

年齢なんて、いつ生まれたかが違うだけで、結局人間であることには何も変わらないじゃない?

私は、あなたを人間として、男性として、尊敬している。

年下だからと好きになったわけじゃない。

私、あなたの年上だけど、私だって別に一人間であることには変わりがないから。

少しだけ、あなたより生きてきた時間は長い。

少しだけ、あなたより余裕を持てるようになってきた。

少しだけ、あなたを包み込む力を身に着けてきた。

お願い。どうか、「年上だから」の一言だけで、私を恋愛対象外にはしないで?

あなたのことを、ただ好きな一人の女性として、見て?

私、誰よりもあなたという人間を愛し切る自信があるから。

「こんな年上女性は、ダメですか?」

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする