2019.05.22

走る必要なんてない。ゆっくり、歩いていこう。

私たち、もう十分走ってきた。

人生生きてきて、25年。

私、めちゃくちゃに走ってきた。

毎日走り回って生きてきた。

周りに負けないように。
遅れないように。
一番になれるように。
「一生懸命」やっている自分でいられるように。

倒れちゃダメ。
折れてもダメ。
挫けるのも、諦めるのも、ダメ。

全部全部、ダメ。

雨ニモマケズ、走ってきた。

でも、もう本音を言わせて。

ごめんなさい。もう疲れました。

走った先で、見えたもの。

走って走って、走った結果。

私、もう疲れちゃったの。

全身ボロボロになって、倒れ込んで。

心までボキボキに折れた。

走った先に待っていたのは、枯れ木の世界。

色も見えなくなってしまった、薄暗い世界。

草木も何も育たない、栄養もない世界。

転んだら痛い。立てなくなる。

走って走って、走りまくっていると、幾度となく転ぶ。

かすり傷も、切り傷も、たくさんできる。
あざを作って、それでもめげずに前に進もうとする。

でも、ある日突然。

転んだ痛みに耐えられなくなって、立てなくなる。

もう走れないよ。もう立てないよ。

走らなくてもいいんじゃない?

走ってきたから、気付いたこと。

私たち、別に走らなくてもいいんじゃない?

人生そんなに行き急ぐ必要もない。

先はまだまだ長いんだから、ゆっくり進んだって別にいいし。

そもそも、何を焦って、走っていたの?

私は、走りたくて走っていたの?

みんなが走っているから、周りに合わせて走っていただけでしょう?

もう、やめよう。

私自身が「走りたくない」って言ってるじゃん。

だからもう、走らなくていいよ。

ゆっくり、自分のペースで歩いていこう。

周りに負けたっていい。

というか、そもそも比べる必要ないじゃん?

大事なのは、自分に負けないこと。

自分のペースで歩き続けること。

自分に負けずに、歩き続ければ、必ず自分だけの未来は拓けるから。

自分だけのペースで、歩いていこう。

自分だけの道を、歩いていこう。

「自分自身」

この言葉だけを大切に、生きていこう。

歩いた先で、見える景色。

あなたは、歩いた先で見える景色を知っている?

そこにあるのは、広くて大きくて、自分の手に収まりきらない世界。

私たちが想像していたよりも、ずっとずっと大きな世界。

走っていた時には見えなかった、綺麗な世界。

足元すらキラキラしている世界。

輝いている砂を、自分の手で拾うことができる世界。

大丈夫。

私たちは、走らなくていい。

あなたも、歩いてみて。

あなたにしか歩けない道が、必ず待っているから。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする