2019.05.18

どうせ生きるなら

人生のゴールは死ぬまで分からないし、なんなら今はもう延長戦。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私さ、もう既に一回死んだからさ。今は延長モード入ってるんだよね。

ゴールを目指して

もう、うんざりだ。

人生は、自分だけのものだから。

高みを目指して、進んでいこう。

さあ、毎日を輝かしく。

ゴールに向かって、生きていこう。

もうやめてくれ。

毎日なんて、輝いていない。

ゴールなんて、目指してもどこにもない。

他人と同じ方向を向いて、並んだり、差をつけたり、差をつけられたり。

そんなどんぐりの背比べには、疲れた。

人間って、頑張ったら偉いんですか?

頑張ったら、天国に行けるんですか?

達成すれども、ゴールじゃない。

達成できない目標は、意味もない。

目標を達成すればいいの?

じゃあ、達成したら、そこはゴールですか?

そこまで歩けば、もう終わりですか?

…どうせまだ、続くんでしょう。

私はまだまだ、歩かなければいけないんでしょう。

また新たな目標を用意しなければならないんでしょう。

もういいよ。

終わりにして。

人生は、死ぬまで続く。

これまで生きてきて、一体いくつの目標を達成したのだろうか。

一体どれだけの「努力」と「忍耐」を繰り返してきたのだろうか。

幾度となく目標を達成しても、人生は終わりはしなかった。

どんなに努力を繰り返しても、人生は終わってはくれなかった。

私は気付いた。

人生は、死ぬまで続くんだ。

人生は、終わらない。

私たちの「命」は、死ぬまで永遠に続く。

だから私たちは、「生きている」んだ。

だから私たちは、「この世」にいるんだ。

そうだ。

私は、生きている。

一回死んだから。今はもう、延長戦。

人生の終着点は、みんな等しく「死ぬこと」だって気付いた。

でも、死ぬために生きるのって、なんかもう楽しくないなって思ったの。

「死ぬ」に向かって、生きていくの?

「生きる」に向かって、生きるんじゃないの?

そう。

「死ぬ」に向かって生きていた私は、実はもう死んだ。

私はあの時、一回死んだから。

今の私は、ただ「生きる」ことを願って、生きている。

「生きる」に向かって、生きている。

一回死んだら、どうなるか知ってる?

延長戦に入れるんだよ。

今の私は、もう延長戦の中。

自分の「生きる」のためだけに、生きているの。

粘り強く。骨太く。

延長”戦”。

そうだよ、私は生きながら、戦っている。

「自分」という存在と、戦いながら生きている。

この「自分」というものは、この世で一番よく分からないもので。

そのくせ、いつも私の側に居るんだ。

とても厄介で、時に楽しそうで、時にとても悲しそうな顔をする。

そんな存在が、面白くて、愛おしくて。

だから私は、今も「自分」と戦っている。

私の攻略方法を、毎日模索しながら。

生きている。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする