2019.05.17

どうせ生きるなら

「清潔感を出すには?」清潔感とは|清潔さ&身だしなみのポイント13選

目次

清潔感を出すにはどうすればいい?
そもそも、清潔感の意味とは?
清潔感のない男性&女性は嫌われる?!
すぐできる!清潔さ&身だしなみのポイント13選
清潔感があることは社会でのマナー

 

清潔感を出すにはどうすればいい?

「清潔感」は、色々な場面で求められるもの。

学校や職場、冠婚葬祭の場はもちろん、プライベートな場面であっても求められることがあります。

また他人から抱かれる印象にも、大きく関わってきます。

そのため清潔感には気を遣っている人も多いですが、どうすれば清潔感が出せるのか悩んでいる人もいるはずです。

中には「お風呂も歯磨きもしっかりしてるのに、清潔感がないと言われる…」という人もいます。

また清潔感がなくても、それを自覚していないという人もいます。

そのように清潔感が出せているのかどうかは、自分一人だけの判断では不十分な場合も多いです。

そんな人に向けてこの記事では清潔感を出すのに必要なポイントをお教えします。

そもそも、清潔感の意味とは?

そもそも清潔感とはどういう意味なのでしょうか。

一般的には汚れのないことを清潔感と言います。勘違いしやすいですが、「清潔感=清潔であること」ではありません。もちろん身だしなみや服の清潔さも、清潔感の要素の一つではありますが、それ以上に「清潔そうに見えること」が重要なのです。

この二つは同じように見えますが、違いがあります。身だしなみや服が実際に清潔であっても、他人から見て清潔でなければ、「清潔感がある」とは言えないのです。そのため清潔感を出すには、「他の人から見て清潔であること」が重要になります。

清潔感のない男性&女性は嫌われる?!

恋愛に関しても、清潔感は非常に重要になります。

清潔感のない男性は恋愛感情を抱かれにくいですし、清潔感のない女性も幻滅されてしまうことがあります。

実際にどのような人に好感を抱くかというと、男女共に多くの人が「清潔感のある人」と答えます。

それくらい恋愛において清潔感は大切なのです。

この際も自分が清潔にしているかどうかではなく、相手にどう思われているかというのが恋愛の行方を左右します。

そのため好きな人に振り向いてもらいたいという人は、清潔感を出すにはどうすればよいのかということに気を遣ってみましょう。

今まであんまり清潔感に気を遣ってなかったという人は、清潔感を出すことに気を付けるだけで、周囲の人の目が大きく変わるはずです。

すぐできる!清潔さ&身だしなみのポイント13選

ここからは清潔感を出すためのポイントをご紹介します。

清潔感を出すには、まずは身だしなみや清潔さに注意することが大事です。

そのためどのようなことに気を遣えば清潔感のある人になるのかということを、しっかりと学んでいきましょう。

また身だしなみ以外にも清潔感に関わる要素はあるので、それについてもご紹介!

今までの自分の行動や習慣についても、これを機に振り返ってみて下さい。

1.白シャツを身につける

清潔感のある服装として最も手軽なのが、白シャツです。白という色には、多くの人が清潔できれいなイメージを抱きます。またシャツにはフォーマルなイメージがあり、きっちりとした印象が持たれています。

そのため白いシャツを身につけるだけで、他人からある程度清潔感のある印象を抱かれることができます。「今まで清潔感に気を遣ってこなかったから良い服がない」という人は、白いシャツを準備して、ここぞという時にはそれを着るようにしてみて下さい。

2.体臭に気を使う

体臭も清潔感を出すために非常に重要です。

どれだけ身だしなみ等の外見がきっちりしていても、体臭が臭いだけで幻滅されることになります。メイクや服装に気を遣っていても、体臭のせいで清潔感のない女性だと思われてしまいます。もちろん男性についても同様です。

しかし自分の体臭には自身では気づきにくいため、いざという時に幻滅されないよう、普段から欠かさず体臭のケアを行うようにしましょう。

3.食事後の歯磨き

歯も清潔感を判断するポイントの一つです。歯が黄ばんでいたり、間に物が挟まっていたりすると、不潔な人だと思われてしまいます。そのため毎食後に欠かさず歯を磨くようにしましょう。

特にコーヒーを飲んだ後や、煙草をよく吸う人は歯が黄ばみやすいので、念入りにケアをするように心がけてみて下さい。歯のケア方法には、歯を白くする歯磨き粉等、家で気軽に行う方法もありますので、時間のない人でも手軽に実践に移すことができます。

4.ヘアスタイルを整える

ヘアスタイルというのは、男女ともに印象を大きく左右するものです。寝ぐせがついていたり、髪が明らかに手入れをしていないくらいにぼさぼさだったりすると、どうしても清潔感のない人だと思われてしまいます。それとは反対に、今まで手入れをしていなかった人は、少し整えるだけで大きく印象が変わることもあります。

自分では手入れの仕方が分からないという人は、美容室に行った際に、美容師さんに自分に合った手入れ方法を尋ねてみましょう。

5.ヒゲやムダ毛の処理を行う

ヒゲやムダ毛も、清潔感を左右する大きな要素です。無精ヒゲが生えていたり鼻毛が出ていたりすると、誰の目から見ても清潔には見えません。そのため毎日処理をするようにしましょう。

気づかない場所や知らない間に生えていることもあるため、家を出る前やお風呂に入る時等、人の目に触れる前にはチェックする習慣をつけると、処理を忘れることもなくなります。

 

 

 

6.服のシワや汚れはNG

いくらフォーマルな服装や清潔感の感じられやすい服装であっても、服にシワや汚れがついていたら、不潔だと思われてしまいます。服にはしっかりとアイロンをかけて、シワを伸ばしてから着るようにしましょう。

また清潔感を感じられやすい白シャツですが、白いため汚れがどうしても目立ちやすいです。着る前に汚れがついていないか一通り確認し、もしついていたら面倒くさがらずにしっかりと落とすようにしてください。

7.爪の手入れを行う

あまり思い当たらない人もいるかもしれませんが、手も人の印象を大きく左右します。そんな手の中でも一番目を引きやすいのが爪です。爪の間が汚れているとどうしても不潔な印象を抱かれてしまいます。

また女性の中にはネイルをする人もいますが、装飾が多すぎたりすると、あまり清潔感は感じられません。ネイルはおしゃれの手段の一つであり、どのようなネイルをするかは自由なのですが、清潔感を感じさせたい人は、なるべくシンプルなものにした方が無難です。

8.肌や唇の乾燥

肌や唇が乾燥している人も、あまり清潔感を感じられません。肌のトラブルで悩んでいる人は多いですが、人それぞれ肌の特徴が異なるため、そのケア方法も人によって変わってきます。

特に乾燥肌の人は一番見た目に表れやすく、また冬等の空気が乾燥している時期はどうしても乾燥しがちになってしまうため、自分に合っているケア方法を見つけておきましょう。自分にあったケア方法が分からない人は、一度皮膚科で相談してみるのも良い手です。

9.食べ方が美しい

食べ方は、清潔感にとても大きな影響を与えます。中でも食べるときにクチャクチャと音をさせるというのは、人によっては非常に不快に感じられる場合もあります。気づかない内に、そのような食べ方をしているという人もいるので、一度自分の食べ方を振り返ってみましょう。

他にも箸の使い方や、ご飯粒を残していないか等、食べ方が印象を左右するポイントは多くあるので気を遣ってみることが大切です。

10.下品な発言をしない

身だしなみや清潔さだけでなく、言葉遣いも清潔感を左右する要素です。特に下品な発言をする人が清潔感を感じさせることはほとんどありません。見た目や服装もしっかりしているのに、なぜかクリーンなイメージがないという人には、発言に清潔さがないことが多いです。

今置かれている場や、話し相手との関係性を弁えた発言を心掛けるようにしましょう。

11.笑い方が上品である

清潔感を持たれるかどうかには、笑い方も大きく関わってきます。見た目が上品な印象を与えるものでも、大口を開けて笑っていたりすると、それだけでイメージが悪くなってしまいます。

もちろん笑うのは良いことで、よく笑う人は好感を持たれやすいですが、笑い方が人に不快感を与えるものであったならば、その人自体に悪い印象を抱かせてしまいます。そのため自分の笑い方がどのようなものであるか、一度振り返ってみると良いでしょう。

12.落ち着いたトーンで話す

落ち着いたトーンで話すと、清潔感が感じられやすくなります。清潔感が感じられる人というのは、大人っぽく落ち着いた人です。そのため子どもっぽい言葉遣いで大声で話す人などは、清潔感のある人だとは思われません。

そのため話すときはあまり大きな声を出さずに、口調も丁寧な方が好感を持たれやすいので、人と話すときには意識してみましょう。ただあまりに口調がきっちりしすぎていると堅い人だと思われることもあるため、適度な気軽さも忘れないようにしてください。

13.姿勢がいい

背筋がピンと伸びている人は、しっかりしていて清潔感のある人だと思われやすいです。猫背な人は背中が丸まってしまっていて、周りから見るとどうしてもだらしのない人だと思われてしまいます。

ですが姿勢は直そうと思ったらすぐに直せるわけではありません。普段からしっかりとした姿勢を身につけておかなければ、中々良い姿勢にはならないのです。そのため日常生活場面から、自分の姿勢には気を配るようにしましょう。

清潔感があることは社会でのマナー

清潔感とは、他人からの印象をよくするための手段というだけではありません。

清潔感とは、社会で生活する上でのマナーの一つともいえるのです。

清潔感がない人は、知らず知らずの内に他人に不快感を与えてしまっていることも少なくありません。

そのように不快感を与えてしまうのは、自分にとっても他人にとっても、悪影響でしかありません。

もし今まで上記で説明したような、清潔感を出すためのポイントがあまり守れていない人がいたら、ぜひ実践してみて下さい。

周りの人のあなたを見る目が大きく変わってきます。

そうなればあなたのこれからの生活も、他者との関係性も、段々と良好なものに変わるはずです。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする