2019.05.15

狂愛

どうせなら、生ゴミのように捨ててくれ。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

変に優しくなんて、しないで。

無理だと言ったくせに。

もう無理でしょ。

そう言ったのは、あなた。

泣いてすがりついたのは、私。

すがりついて放たれたのが、この言葉。

離れていかないと思ったよ。

そうね。

どうせ私は、あなたから離れられない存在です。

いつもくっついているだけの、まるで金魚のフンです。

私は、あなたを見ていることしかできない。

私は、あなたに何か有益なものをもたらすこともできない。

私は、たとえ目が死んでもあなたの後を追い回すことしかできない。

私はあなたにとって、何者?

私、本当に金魚のフンだったのかな。

分かんない。

でも、あなたに言われたことを思い出せば、きっと私はそれ同等の価値しかなかった。

きみが悪い。
きみのせい。
きみは分かっていない。

そうね。

どうせ私は、あなたにとってのマイナス要素。

どうせなら、捨ててほしかった。

それだけ言うのならば、私を捨ててよ。

まるで生ゴミかのように。

いとも簡単に、捨てなさいよ。

どうして中途半端に、手元においておくの?

だから私は、また期待をするんじゃない。

あの頃の二人に、戻れるかな。

淡いピンクの色をした、私の期待を返してよ。

どうせもう、私たちは戻れない。

そんな事実から必死に目をそむけて、だっさい格好でしがみついた私の姿。

きっと滑稽だったでしょう?

そんな滑稽な女を、手元に置いたのは、あなたよ。

滑稽な女と、滑稽な男。

あなたの元にずっと居るわけないじゃない。

あなたは言った。

きみが離れるわけないと思ったよ。

そんな永遠、ありえるわけがないじゃない。

どうして私は離れないと思ったの?

滑稽だから?

金魚のフンだから?

私のせいだから?

私が離れないと思った理由なんて、とても怖くて聞いたこともないけれど。

もう今の私は、こう言える。

一生離れないなんて、そんなわけないだろ。

生ゴミになれないのなら。

あの時私は、生ゴミになったってよかった。

そのくらいの気持ちと、思いで、ぶつかったつもりだった。

捨てられるつもりだった。

でも、あなたの反応は予想外のもので、私をまだ手元に置いておこうとしていたみたい。

なにそれ。アホくさ。

私は、もう生ゴミになると決めたのに。

私に、変に優しくなんてするからさ。

私は、生ゴミになり損ねた。

もういいよ、大丈夫。

生ゴミにすら、なれなくて、ごめんなさい。

仕方ないので、私はまだまだ人間として生きていきます。

あなたの側から、離れてみて、私は立派に人間やっていく。

いつかの私は、この記憶をまるで生ゴミかのように捨てているわ。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする