2019.05.11

環境がストレスを呼んでると早く気づけよ、日本。

日本という国で生きてきた。

人々が肩をぶつけながら忙しく通り過ぎていく。

街には人が溢れて、騒音のように人の声ばかり聞こえる。

都会には、静かな場所なんてないように見える。

私の目には、みんな生き急いで何かに追われているように映る。

一生は短い。

人間はすぐ老いていく。

一年なんて365日しかない。

でも、時間の使い方も、お金の使い方も、どこで生きるかも、全て自由なんだ。

それなのに、何かに縛られている気がする。

見栄を張ったり、プライド振りかざしたり、誰かに負けちゃいけないような気がしたり…

なんでこんなに追い詰められなければいけないんだろう。

私たちは、ただ普通に生きたいだけなのに。

ただ、普通に笑っていたいだけなのに。

ストレスだらけ。

勝手に追い込まれて、勝手に傷ついて、勝手に泣いてる。

でも、全部何かのせいにしていないと、生きていける気がしないよ。

満たされない心。埋める穴。

心が満たされたことなんてない。

いつだって、「なんか足りない」

いつだって、「寂しい」

いつだって、「物足りない」

私たちは、日本という孤独まみれの国で生きてきた。

孤独死が増えた。

一人でいることが増えた。

この日本という国が生んだストレスや孤独は、永遠に消えないのでしょうか?

忙しくすぎていく時間の中に幸せを求めたり、価値を求めたり…

何度も頑張ろうと思ってきたよ。

何度も戦おうとしたよ。

でも、いつだって自分の無力さを教えてくれるだけだった。

跳ね返された言葉や、跳ね返された思い。

いつの日か、報われますか?

このまま頑張り続けていて大丈夫ですか?

『努力は必ず報われる』って実話ですか?

この心は、いつになったら満たされますか?

現実なんて、どうでもいい。

現実を忘れたくなる時がある。

日本で生きていると、毎日がストレスで。

この現実から逃げたくなるんだ。

「もうどうでもいい」「もうどうにでもなれ」って。

「勝手に終わってくれ」って。

私たちは、なんで生きているの?

なんのために必死に戦っているの?

生きるため?生活するため?お金のため?名誉のため?地位のため?夢のため?

もう、何もわからないです。

日本で生きていくことが苦しいです。

夕日が見たい…

仕事に追われて、いつだって気づいたら夜になっている。

夕日を見る日が減った。

夕日を見て、「あぁ生きてる」って感じることが減った。

空を見上げて「今日も晴れてて幸せ」って思うことがなくなった。

余裕がないんだ。心が穏やかじゃないんだ。

自分の心が健康じゃない証拠なんだ。

夕日が見たいよ。

綺麗な夕日が落ちていく姿を、ただただ見つめていたいよ。

環境がストレスを呼んでると早く気づけよ、日本。

仕事環境、学校環境、家庭環境。

生きることにおいて全ての環境がストレスを呼んでいるんだ。

自殺なんてして欲しくないのに、環境全てがストレスを呼んでいる。

こんな国でどうやって笑って生きろって言うの?

こんな国でどうやって幸せに生きろって言うの?

こんな国でどうやって自分を追い込まずに生きろって言うの?

環境がストレスを呼んでると早く気づけよ、日本。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする