2019.05.06

どうせ生きるなら

休むことは甘えじゃない。『人生の休息をとる必要性』

休むこと

忙しい時ほど、「今休んではいけない」「周りに迷惑をかけてはいけない」「今は頑張らなければいけない」と追い込んでしまいやすい。

休むことに罪悪感を感じてしまう。

そんな日本で生きていることは、とても苦しいことだ。

誰だって休んでいいのに。

誰だって定時で帰宅していいのに。

誰だって迷惑かけていいのに。

そもそも休むことは迷惑をかけることではないんだ。

でも、今の日本は「働く時間が長い人がえらい」とされている。

そんなの間違っている。

ゆとり世代が世の中に出てから、定時帰宅することや、休みの日に稼働しないことが当たり前になりつつある。

でも、それを問題視する大人たちもいる。

なぜ、問題視されなければいけないのか。

なぜ、休んではいけないのか。

休むことは、甘えじゃない。

休むことで「甘えている」と言われたり、休むことで「怠けている」と言われたり。

そんなの間違ってる。

人は、休んでいいものだ。

休むことは、甘えじゃない。

休んではいけない人なんて、この世に存在しないんだ。

誰のために働いているの?

誰のためにそんなに頑張るの?

そもそも、働き続けることだけが、頑張っていると言うの?

休むことを拒んだり、休むことを否定される日本は経済大国とは言えない。

たくさん休むことで、いいバリューを残している国がどれだけ存在しているか。

私たちは、休むことを恐れてはいけない。

人生の休息をとる必要性

人生において、休息をとることはとても大切なことだ。

休息をとることで、人生がもっと豊かになると人は知る必要がある。

頑張りすぎて、潰れていませんか?

頑張りすぎて、生きることに疲れていませんか?

頑張りすぎて、しんどくなっていませんか?

あなたが休まない理由は何?

社会に出て、休むことが怖くなり、休まなくなった日本人。

上司が休まないから休めない。

じゃあ、まず上司が休め。

部下に気を遣わせるな。

休息をとることで、人はもっと有意義に生きられる。

仕事も楽しむことができる。

だからこそ、人はもっと休むべきなんだ。

それでも休むことが怖いなら、「休むことも仕事のうち」だと思えばいい。

休むことを恐れないで。

今の自分にちゃんと満足できるようになって。

今の生活に満足できるようになって。

幸せは、その先にあるものだ。

今見えている世界は全てではない。

もっと素敵な未来があるんだ。

あなたが見えている世界が、ちょっとでも広くなることを願って。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする