2019.05.03

不幸とのにらめっこは、もう終わりにしよう。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

幸せになりたいのでしょう?

幸せになりたい。

幸せになりたい。

そう願う人は、少なくない。

少なくないどころか、ほとんど全ての人が、幸せを望んでいるのではないかしら。

かくいう私も、幸せになることを望んでいる一人で、幸せになるために生きている。

たとえば、宝くじが当たったり。

たとえば、王子様に出会えたり。

たとえば、ある日突然絶世の美女になれたり。

たとえば、いきなり東大に入学できちゃったり。

こんな風に。

幸せが降りてこないかな。

本当に、幸せになりたい?

幸せになりたいと望む私。

にもかかわらず、私は幸せどころか、不幸と程近くに居た。

日々の幸せを感じることはないのに、毎日不幸を感じることだけには困らなかった。

今日も、私は上手く生きられなかった。

今日も、私は甘えた人間だった。

今日も、私は幸せになれなかった。

毎日毎日、不幸とにらめっこをしていた私に、聴きたい。

あなたは、本当に幸せになりたいの?

あなたは不幸がお好きでしょう?

あなたは、本当に幸せになりたいの?

だってあなた、不幸がお好きでしょう?

「幸せ」について考える時間なんて全然なくて。

いつだって、不幸について考えている。

不幸とのにらめっこは、いつまでも飽きることなく続けている。

それほどに、不幸がお好きなのでしょう?

それならば、幸せを手放して、不幸と一緒にいればいいでしょう?

幸せになろう。

不幸になりたい人のもとに、幸せはやって来ない。

幸せが、自ら不幸の中にやって来るわけないでしょう?

不幸の中には、幸せは居ない。
やって来ることもない。

今考えれば、簡単に分かること。

でも、不幸とにらめっこすることに一生懸命だった私には、気付くことができなかった。

自分が幸せから遠ざかっていたことに。

自ら幸せを遠ざけていたことに。

自分が不幸のもとに向かっていたことに。

幸せになる勇気だけは、大切に。

私たちは、生きている。

生きていると、勇気が必要な場面はやって来る。

幸せで居続けることにも、勇気は必要。

幸せは、実は不幸よりも怖いものかもしれない。

幸せになってしまうと、不幸に転落する可能性が出てしまうから。

不幸でいれば、ずっとそのままでいいから。

幸せを維持するためには、それ相応の努力とか、パワーとかが必要になってくるから。

それでも、私は幸せになりたい。

どんなに苦しくって、続けるのが大変でも、不幸のままで居続ける自分はもう嫌だ。

毎日を苦しみながら、もがきながら、どこに幸せがあるのかも知らずに不幸の中で埋もれるのは、もう嫌だ。

私は、幸せになりたい。

だから、幸せになる。

自分を幸せにする。

幸せの現状維持をしてみせる。

さようなら、不幸なままの私。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする