2019.05.02

「女嫌いな男性が増えている!?」原因や心理&女嫌いな男性21の特徴

【目次】

女嫌いな男性はイケメンに多い!?
女嫌いな男性の原因
女嫌いな男性の心理
女嫌いな男性21の特徴
どう関わっていけばいい?

 

女嫌いな男性はイケメンに多い!?

恋愛には様々な形があります。同性に対して恋愛感情を抱く人もいますし、性別自体も男・女だけではなく多様だと捉えられる時代に変わってきています。

そんな風に恋愛や性が多様化している中で、「女性にたいして恋愛感情は持つけれど、女性が嫌いもしくは苦手という男性」が増えています。さらにそんな女嫌いな男性の特徴の一つとして、イケメンが多いというのです。

今回の記事では、どうして女嫌いの男性が増えているのか、またどうしてイケメンに女嫌いが多いのかを、詳しく解説していきます。

女嫌いな男性の原因

1.女性にトラウマがある

女嫌いになる原因として多いのが「女性にトラウマがある」というものです。女性との関わりによって心に傷を負ってしまい、その傷のせいで、女性に対して恐怖心や近寄りがたさを感じてしまうのです。

特定の人物がトラウマになっている場合には、その人物と特徴が共通していたり、その人物と似ている女性に対して特に強い拒否反応を示すことが多いです。

2.自分に自信がない

自分に自信がないことが原因で、女嫌いになっているケースもあります。

女性を恋愛の対象として意識しているが故に、「自分はどう見られているのか」「自分は嫌われているかもしれない」と女性の目を気にしすぎてしまうことがあります。そうして自信を失っていくのに比例して、女性そのものに対する苦手意識も高まっていくのです。

女嫌いな男性の心理

1.女性に良いイメージがない

女嫌いな男性は、女性に良いイメージを持たない人が多いです。

女性に良いイメージがない人は、今までの女性との関わりの中で、女性について悪印象を抱く経験が多かったり、強烈な嫌な思い出があることがほとんどです。そしてそのような経験があると、女性全員に対して同じような心理状態を抱くようになってしまうのです。

2.できるだけ関わりたくない

女嫌いな男性は、できるだけ女性と関わりたくないという心理を抱きます。女性に対して悪いイメージを持っているために、「女性と関わると、自分にとってマイナスのことが起きる」という思いがあるのです。

このような男性は、女性の在籍するグループや、女性と関わる機会の多い場所を避けようとします。

女嫌いな男性21の特徴

1.口下手

女嫌いな男性は口下手なことが多いです。男性と話しているときには普通に話せるのに、女性のいる場になると途端に話ができなくなってしまいます。

女性に対する苦手意識から、女性と話したくないという思いを抱いている場合もあります。また自分に自信がない男性は、自分の発言が相手にどう思われるかということを気にしすぎて、会話ができなくなっていまいます。

2.コミュ障

口下手というのとは異なり、そもそもコミュニケーションをとるのが苦手という人も、女嫌いの男性の中には存在します。

このような人は性別に関わらずコミュニケーションに対して苦手意識を持っていますので、人付き合い自体があまり上手ではありません。その上女嫌いな人であれば、女性との会話には尚更苦手意識を感じてしまいます。

3.無表情であまり笑わない

女嫌いの男性は、無表情であまり笑うことがありません。

女性に対して苦手意識を持っているために、女性と共にいるときに素直に喜楽を感じることは少ないです。そのため女性の多くいる場では、基本的に仏頂面でいることが多く見られます。それとは反対に男性の友人と話している時には楽しそうに笑っていることもあります。

 

 

 

4.美人が苦手

女嫌いな男性は、美人に対して一層強い苦手意識を抱くことが多いです。

一般的に美人だと言われる人は、女性らしさが強いことが多いです。また自身のことを美人だと認識している人は、意識的に女性としての武器を用いてアプローチを行うこともあります。そのため女嫌いの人にとって女性らしさの強い美人は、苦手意識を強く持ってしまう対象なのです。

5.女子会をする女性が嫌い

女子会を多く行っている女性も、女嫌いな男性の苦手な対象になってしまうことが多いです。

女子会というのは、女嫌いな男性にとっては非常に苦手意識を抱いてしまうものです。自分の苦手な女性が集まって話をしているのですから、女子会に対してもあまり良い印象を抱きません。それと同様に女子会に参加する女性に対しても、悪い印象を抱いてしまうのです。

6.悪口や陰口が嫌い

男性がイメージする女性像の中に、「悪口や陰口を言う」というものがあります。実際には陰口をあまり口にしない女性もいますし、もちろん男性だって悪口を言うことはありますが、イメージとしてそのようなものを多くの男性が持ってしまっています。

そのため悪口や陰口が嫌いな人は、そのイメージのせいで女性のことも嫌いになってしまうことがあるのです。

7.めんどくさがり

女性との関わりを「めんどくさい」と感じることから、女嫌いになってしまう男性もいます。

女性との関わりの中で何らかのトラブルを経験したために、女性との関わりそのものに対して煩わしさを抱いてしまうのです。女性そのものに対して嫌悪感を抱いているのではなく、女性と関わるよりも他のことに時間を費やす方が有意義だと考える人も多いです。

8.あまり感情を表に出さない

女嫌いな男性は感情を表に出すことが少ないです。

特に自分に自信のない男性については、自分の一つ一つの行動に関してどのように思われているのかというのを強く意識してしまいます。そのため自分の感情を表に出すことに対しても意識しすぎてしまい、感情を出すこと自体を避けてしまうのです。

9.コンプレックスがある

女嫌いな男性の中には、自分に何らかのコンプレックスがある人が多くいます。

恋愛対象はあくまで女性ですから、女性の目を意識はしていることが多いです。しかし自分にコンプレックスがあると、それを女性に対して見せるのを怖がるようになってしまいます。その恐怖心によって女性そのものを避けるようになってしまうのです。

10.男子校出身

単純に女性と関わる機会が少なかったために、女性のことが苦手になっている男性もいます。

特に男子校出身の人に関しては、多感な思春期を同性の中だけで過ごすことになります。そのためそのまま男子同士の関わりを続けていくことが多く、女性との恋愛経験が少なくなりがちです。その結果女性との接し方が分からないために女性のことが苦手になってしまうのです。

11.女性の裏を見たことがある

女性の裏の顔を見たことがあるために、女性に対して苦手意識を持ってしまう男性もいます。

これはイケメンに女嫌いが多い理由の一つでもあります。イケメンは恋愛対象として見られることも多くあります。その分女性と関わる機会も多く、その中で普段とは違う側面を垣間見てしまった時に、そのギャップに驚きや嫌悪感を抱いてしまうのです。

12.家庭環境が女性ばかり

家庭環境が女性ばかりだという人も、女嫌いになることがあります。

たとえ異性であっても、家族に対してはあまり遠慮することがないのが一般的です。つまり女性が持つ、裏の顔を目にする機会が非常に多いのです。そのため家族以外の女性に対しても「隠している本性があるのでは」と想像してしまい、積極的に関わらなくなってしまいます。

13.計算高い人が苦手

女性の中には、計算高く策をめぐらせ、自分に都合の良いように物事を運ぼうとする人がいます。そのような計算高い行動に対して恐怖心を感じてしまうことにより、女嫌いになってしまうことがあります。

特に男性同士のカラッとした関係性を好む男性は、そのような計算高さに対して悪い印象を抱いてしまいます。

 

 

 

14.繊細

繊細な心を持つために、女嫌いになる男性もいます。過去に女性から言われた言葉や女性との嫌な思い出がどうしても忘れられずに、女性と関わることに対していつまでも臆病になってしまうのです。

繊細な人は一度受けた傷が癒えるのに長い時間を必要とします。そのためその傷により自信を失い、さらに女性と関わりを持てなくなるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

15.女性と会うことに魅力を感じない

そもそも女性と会うことに対して魅力を感じることの無い男性も存在します。

それまでの女性との関わりの中で、楽しかったことや魅力的な出来事が少なく、そのため「女性と会ったとしてもどうせ面白くないだろう」と思ってしまいます。このような人は女性に対して嫌悪感を抱いていないとしても、恋愛に発展するような関係性になることは中々ありません。

16.過去、女性への理想が高かった

過去に女性に対して抱く理想が高かった人も、女嫌いになってしまうことがあります。

理想に見合った女性が見つからず、周囲の女性の行動や言動を見ている内に幻滅してしまい、女嫌いになってしまうのです。理想というものは高くなりがちですが、あまりにも現実離れしていた場合には、どのような女性に対しても恋愛感情を抱けなくなってしまうこともあります。

17.裏切りに対する恐怖心

過去の恋愛で恋人から裏切られた経験がある人は、女嫌いになってしまうことが多いです。

どんな女性と接していても、「また裏切られるのでは」という思いあり、女性に対して嫌気がさしてきてしまいます。女性経験が多いイケメンは同時に女性関係で裏切られた経験も多いため、これもイケメンに女嫌いが多い理由の一つとなります。

18.今までモテなかった

今まで女性からモテなかった人が女嫌いになることもあります。

女性に対して恋愛感情を持っているにも関わらず女性からモテなかった人は、自分に対する自信を失ってしまうと共に、女性に対しても積極的に関わろうという思いを失ってしまいます。そのような人は女嫌いであるだけでなく、女性恐怖症にも似た心理状態になってしまうことも少なくありません。

19.流されやすい性格

人の話や情報に流されやすい人は、女嫌いになってしまうことがあります。

多くの社会において、長年男性の方が力を持つような状況が続いていました。現在では変化し始めているものの、未だに男性主義的な人や発言も多いのが現状です。そのため流されやすい人は、女性を批判・差別するような言動に影響を受けてしまい、女性に対して偏見や苦手意識を持ってしまいます。

20.絶食系男子

絶食系男子とは、恋愛に対して興味を全く持たない男性のことを指します。女性に興味がないわけではない人も中には存在しますが、恋愛ということに無関心なので、交際に発展することはほとんどありません。

そのような人は趣味や友人等、女性以外の楽しみを持っているために、わざわざ女性と関わろうとはせず、むしろ拒絶するような場合もあります。

21.欲が強い人が嫌い

欲が強い女性に対して、特に拒否反応を示す男性も存在します。一概には言えませんが、男性に比べて女性の方が、服やアクセサリー等に対するこだわりが強く、それらに対する欲が強いと思われることが多いです。

そのような女性の欲に対して良い印象を持たない男性が、女嫌いになってしまうこともあります。またそのような男性は、ガツガツした女性に対しても同じように嫌悪感を示すことが多いです。

どう関わっていけばいい?

「好きな人ができたけど、その人が女嫌いだった…」

そんな場合は、どのようにその男性にアプローチをしていけばよいのでしょうか。

女嫌いの男性と関わる上で重要なことは、「女性らしさをあまり見せない」ということです。女嫌いの男性は一般的にいわれる「女性らしさ」に対して良い印象を抱きません。そのため自分の容姿や言動において女性らしさを出しすぎてしまうと、それだけで「関わりたくない人」認定されてしまいます。

そのためまずは「好き」という気持ちを前面に出さずに、気長に関わっていくことが、その人との関係性を発展させる近道になるのです。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする