2019.04.30

貴方のことを忘れたくはなかった。でも、忘れてしまった。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

毎日は、進んでいるんだね。

いつのまにか。

生きていると、当たり前に時間は進んでいくわけで。

私も、いつのまにか生きてる時間がどんどん長くなっている。

今も変わらず、毎日は進んでいく。

貴方と過ごした日々は、どんどん遠くに離れていって、当然時間も経っている。

どんなに毎日が変わっていっても、

大切にしていた気持ちだけは、

いつまでも大切に、忘れずに、生きていこう。

そう思っている。

そう思っているのに。

いつのまにか、貴方との日々が、手からこぼれ落ちていくかのように消えていく。

貴方の笑顔?

貴方は、よく笑っていた気がする。

どんな笑顔だったっけ。

大きな声で笑うわけではなくて、はにかむような笑い方。

声を出して笑う時は、本当におもしろくて、楽しい時。

私だけに向ける笑顔も、あった気がする。

どんな笑顔だったっけ。

もう、思い出せなくなってしまった。

貴方のぬくもり?

貴方は、冷たい人だった。

冬の寒い日に、二人で公園に居た時の、貴方の冷たくて凍えそうな手のひら。

必死に手のひらを温めようとしたのを覚えている。

あの時流れていた、確かに暖かった空気は、どんな色をしていた?

ああ、私はきっと、この日を一生忘れない

そんな風に思ったのに。

あの日の出来事は覚えていても、あの日のぬくもりも、色も、もう思い出せない。

貴方の怒った顔?

貴方は、厳しい人だった。

私は、貴方の大切にしていることを傷つけないようにと、食らいつくことに必死だった。

貴方の人生の邪魔をしてはいけない

だから私は、居ても問題ないくらいの存在感で、邪魔にならないようにと努めた。

怒られたことも、たくさんあった。

喧嘩をしたことも、数えきれないほどあったはず。

でももう、貴方とぶつかり合った温度も、貴方の怒った顔も、思い出せない。

貴方は、人間?

貴方が記憶から遠のいていって、徐々に薄れていって。

今の貴方とか、私はまったく知らない。

ねえ、貴方は今も、生きているの?

私の世界には、もう貴方は居ないから。

私には、貴方が人間かどうかさえ分からない。

あんなにも、毎日を一緒に過ごした人だったのに。

私はあの時。

思い出せなくなっているのは、貴方の姿だけじゃないの。

貴方を思って過ごしていた、私の姿もどこにも居なくなってしまった。

私はきっと、一生この人を思って過ごすのね。

そんな風に信じていたのに。

貴方のことが好きで好きで仕方なかった私の姿とか。

貴方に会えると決まっただけで喜んでいた私の姿とか。

貴方のためにプレゼントを悩んで用意する私の姿とか。

全部が当たり前にあったはずなのに、出来事だけは覚えているのに。

自分の暖かさも、あの時の温もりも、感情も、いつのまにか消え失せた。

でも、きっとこれでいいの。

大切なものは、大切だったことだけ覚えていれば、それで十分。

今の私には、今の私にとって大切なものがたくさんある。

それらを守ることに、一生懸命だから。

過去の自分と、貴方に、ありがとうの気持ちだけを持ちながら。

今日も私は、今を進んでいく。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする