2019.04.23

お前とだから永遠とか運命とか信じたんだろ。私可愛いな、おい。

Ayano

Ayano

付き合いたての自分って可愛すぎて眩しい。

永遠とか運命とか、バカにしてたんだけど…な。

「永遠に彼氏と一緒に居たい」とか、「彼氏とは絶対運命だから!」なんて言ってる友達見てバカにしてたの。

何言ってんの?と思ってた。

だって、まだ若いし、結婚なんて考えられないし、それで永遠とか運命とか全然わからなかった。

永遠も運命も幻想。

そんなもの、存在するはずもない。

愛なんて幻。幸せなんて永遠に続くはずないと、本気で思っていた。

今まで結婚したこともなければ、彼氏とも1年以上続いたことがほとんどなかった。最長1年半。

「この人となら、結婚してもいいかな」なんて思ったこともあった。

だけど、それでも永遠とか運命を信じることはできなかった。

いつか消えてしまうのではないか、いつか離れていくのではないかと、不安で心配で仕方なかった。

お前とだから永遠とか運命とか信じたんだろ。

別に運命的な出会いでもなかった。

別に好きすぎて狂うほどでもなかった。

でも、この日常が永遠に続けばいいと思った。

永遠があるのではないかと信じたの。

この人と結婚して、運命だと思いたいと。

気づいたら勝手に、「この人とは運命だ!」と信じてた。

そして抱き合って寝ている時、「この幸せは永遠に続くんだ」と本気で信じてた。

気づいたら全部、あっちの流れに飲まれていたんだ。

あなたとだから永遠とか運命とか信じられたんだよ。

どれだけ好きだったかわかるか?

気づいたら喧嘩が増えていた。気づいたらイライラするようになっていた。

私より先に彼が家に帰っていて、なのに昨日の洗い物が残っていた時、「もうしんどい」と思った。

気づいたら、もう永遠とか運命なんて信じられなくなっていた。

別れるほどの大きな出来事はないけど、一緒にいる理由もない。

付き合い始めた頃の私可愛いかったな、おい。

付き合った当初の私は、何をするにも幸せだった。

一緒にいる時間が全て幸せだった。

「5年後くらいに結婚する?」なんてふざけて言って。「バイバイするの嫌だから同棲したい」なんて言って。

可愛かったな、おい。

めちゃくちゃ可愛いじゃん!!

気づいたらメイクも雑になって、朝服選ぶのも楽しいと感じなくなって、毎日仕事に追われるようになって。

彼氏からの電話に飛び上がったりもしない。彼氏へのLINEの返信も後回しになった。

超絶ブスだな、おい。

後ろから抱きついて「ねぇ、すき?」なんて言いたい。

帰ってきた彼に飛びついて、「一緒お風呂はいろ?♡」とか、言いたい。

一緒にテレビ見ながら笑いあって、目合った時に「ちゅーして」とか、言いたい。

別れた後も。

喧嘩が増えた。

喧嘩の流れで、「じゃあ別れる?」なんて言うようになってた。

勢いで別れたね。

泣きじゃくる私と、無表情のあなた。

あなたとだから、永遠とか運命とか信じたんだろ。

ずっと一緒にいたいと思ったんだろ。

でもきっとまた、永遠とか運命感じられる相手に出会えるから。

人間は、何度でも何度でも、永遠を感じたり運命を感じられる生き物だから。

また可愛い私に出会いたい。

さよなら、超絶ブスな私。

永遠に現れないでね。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする