2019.04.19

狂ったように愛すから、狂ったように愛して。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

狂った恋は、狂った愛になったよ。

貴方と私の物語

貴方は、私に言いました。

君が苦しい時に、僕が一緒に居ることなんて、気にしなくていい。
そんなのは、当たり前のことだから。

君が苦しいか苦しくないかは、どうでもいい。

これは、狂ったように暖かい、貴方と私の、「愛」の物語。

泣き虫。

私はすぐに、泣いてしまう。

貴方の前では、いつでも泣き虫。

泣いて泣いて、あげくの果てには、突然倒れる。

苦しいと叫ぶ。
ごめんねと叫ぶ。
死にたいと叫ぶ。

申し訳ない気持ちで、胸が詰まって、どうしようもない。

貴方の苦しい表情も、私の苦しさをさらに募らせる。

ごめんね、なんて言いたくないのに。

本当にごめんね。

弱虫。

私は、いつでも弱虫。

強がって、見栄張って、社会に突撃していって。

でも、家に帰ると、外の私はどこにも居ない。

気が弱くて、小さくて、情けなくて、ネチネチと悩み続けて。

貴方に「どうしよう」と泣きついて、強がる余裕もなくなって。

また、貴方に困った顔をさせちゃった。

今日もごめんね。

苦しい君も、笑っている君も。

泣き虫で、弱虫な私に、貴方は言いました。

弱くてもいいし、強くなってもいい。

泣いてもいいし、笑っていてもいい。

苦しくても、苦しくなくてもいい。

なんでもいいんだよ。

全部君の姿だから、それでいい。

大丈夫だよ。

きっとこれは、愛。

愛の形は人の数だけ無限にあるけれど、これが私と貴方の愛の形。

貴方が私のそばに居てくれることが、当たり前じゃないって知ってるよ。

それでも貴方は、当たり前だと言ってくれる。
私と貴方が一緒に居るのが、当たり前だと言ってくれる。

当たり前って、どんなに大きな幸せなのか、私は知っているよ。

だから私は、あなたに言いたいの。

今日もありがとう。

弱い私を受け止めてくれる人。

私たちは、恋をする。

恋をしながら、生きていく。

恋には、大抵の場合、終わりがあって、その終わりを恐れながら生きていたりもする。

「終わらない恋」を信じたいと思っているけれど、

「いつかは終わる」なんて諦めに近いものを抱いていたりも、実はする。

そうして、強がって生きている。

本当の恋とか愛とか。そんなの到底分かりそうにもないけれど。

それでも私は、貴方を愛して、貴方と恋をしているの。

その事実だけで、もう十分。

私の弱さを、見つめてくれてありがとう。

私の強がりを、知っていてくれてありがとう。

これが本当の愛かどうかは分からない私は、せめてもの思いを持って。

今日も狂ったように貴方を愛し続けています。

だから貴方も、狂ったように愛してね。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする