2019.04.16

人たらしの意味とは|私は人たらし?人たらし13の特徴で診断チェック!

【目次】

人たらし(人誑し)の意味とは?
私って人たらし?人たらし13の特徴で診断チェック!
人たらしが愛される5つの理由!
どうせ生きるなら、愛され続けたいから。

 

人たらし(人誑し)の意味とは?

人たらしとは、どんな人のことを指すのでしょうか。

まずは、人たらしの意味からご紹介します!

人たらし(人誑し)とは、周囲から愛されるような人間のことを指します。

元々、「男たらし」「女たらし」など、悪い意味で使われてきた「たらし」という言葉ですが、今では周囲の人に愛されている人間を人たらしと言うようになりました。

人たらしは近年いい意味合いで使われることが増えたのです。

 

そこで今回は、そんな人たらしの特徴診断チェックと、人たらしが愛される5つの理由についてご紹介します!

私って人たらし?人たらし13の特徴で診断チェック!

ここまで、人たらしの意味についてご紹介してきました。ここからは、「私って人たらしなのかな?」と思っている方に向けて、人たらしの特徴をご紹介!ぜひ、診断チェックしてみてください!

1.誰にでも平等に接する

誰にでも平等に接する人は、人誑しと言えるでしょう。えこひいきをしたり、誰かにだけ媚びたり優しくする人間は、人たらしとは言えません。誰にでも優しく、誰にでも平等に接する人は、周囲から愛される人間になるのです。

2.人に優しい

人に優しい人も、人たらしと言えるでしょう。人に優しくできる人は、自分にも優しくできます。自分に優しくできる人は、優しさというものがどれだけ温かいものなのかを知っています。冷たくしたり、避けたり、自分ばかり頼る人間は人に優しくする心を忘れてしまっているので、人たらしとは言えないでしょう。

3.おねだり上手

おねだり上手な人も、人たらしと言えるでしょう。人たらしは先ほど挙げたように、優しく誰にでも平等に接するため、そもそも愛されています。なので、「この子のお願いだったら聞いてあげよう」「大変な時は、助けてあげよう」と思ってもらえます。

おねだり上手とは、単純に媚びるのがうまいのではなく、いつも愛されているからこそ、相手がいつもの優しさを返してあげようと思うのです。

4.いつも助けてくれる人がいる

いつも助けてくれる人がいる人も、人たらしの可能性が高いでしょう。先ほど紹介した、おねだり上手と似ているのですが、困った時に助けてくれる人がいるということは、とても幸せなことです。「私、いつも助けてもらえているな」「私、いつも支えてもらえているな」と思ったことはありませんか?そして、いつも助けてくれる周囲の人はあなたを大切に思っているんだと気づいたことはありませんか?

あなたが周囲の人を大切にする分、相手もあなたを大切に思っているのです。

5.弟・妹気質

弟・妹気質な人も、人たらしの可能性が高いでしょう。弟気質な人は、お姉さん気質な人や兄貴気質な上司・先輩に好かれます。妹気質な人も同様です。いつでも、「助けてあげたい」「一人じゃ立てないから支えてあげよう」と思わせる能力が高いことは、人たらしの特徴です。

いつも頑張っていない頼りっぱなしの人は弟・妹気質とは言えません。本人がいつも必死に頑張っているからこそ、成り立つのです。

 

6.八方美人

八方美人なことも、人たらしの特徴です。八方美人は悪い意味ではなく、いい意味です。悪い意味で使われやすいですが、八方美人は人に愛されます。場の空気が読めて、人の気持ちがわかってこそ、八方美人が成り立つのです。

なのでここでは、八方美人は影で悪口を言う人という意味ではなく、人に合わせる能力が高い人を指しています。

7.いつでも笑顔

いつでも笑顔な人も、人たらしの可能性が高いでしょう。いつでも笑顔で明るく、太陽みたいな存在の人は周囲の人を惹きつけます。何事も嫌な顔している人より、いつも笑顔で頑張っている人が好まれます。

8.異性だけでなく同性にも好かれる

異性だけでなく同性に好かれることも、人たらしの特徴です。異性にだけ好かれる人や、同性だけに好かれる人はたくさんいますが、どちらにも好かれる人はごく少数です。異性の目だけ気にしている人は、同性に嫌われやすく、同性の目を気にしている人は異性に好かれません。

ですが、人たらしは常に平等に接するので、異性にだけでなく同性にも好かれるのです。

9.「なんとかなる!」精神

なんとなかる精神があることも、人たらしの特徴です。ずっと悩んでしまって考え込んでしまう性格の人は、負のオーラがにじみ出ています。負のオーラも人を惹きつけますが、いつも明るく困った時も「なんとかなる!」と思えている人は、周囲の人間を励まし元気づけることができるのです。

10.努力家

努力家であることも、人たらしの特徴です。どれだけ明るくても、ポジティブでも、努力せず人に甘えている人は「中身のない人だ」と思われてしまいます。いつも努力し常に戦っている人を周囲は応援したいと思うのです。

なので、コツコツと努力できる人間は、人たらしの可能性が高いでしょう。

11.人を批判したり否定しない

人を批判したり、否定しないことも、人たらしの特徴です。人を批判したり侮辱する行為は、周囲の人を嫌な気持ちにさせます。そしていつも悪口を言っている人は、「この人つまらないな」「一緒にいて楽しくないな」と思われてしまいます。

なので、人を批判したり否定しない性格の人は人誑しな傾向にあります。さらに、人誑しは「自分がまだまだなのに、人を悪く言えないな」と思っています。そんな心理も周囲の人間に評価されているのです。

12.寄りかかるのではなく頼れる人

人に寄りかかるのではなく、頼れる人も人誑しである傾向にあります。人に寄りかかってばかりで努力せず、いつも他力本願な人は自分の力を過大評価する傾向にあります。本当は自分で何もできていなくても、「自分はすごいんだ!」と思ってしまっているのです。

ですが、人誑しは、周りに寄りかかるのではなく本当に大変な時だけ人に頼ります。「これは、自分ではなくこの人に任せたほうがいい」と判断し、しっかり適材適所で人を頼れる人は愛されます。

13.フットワークが軽く付き合いがいい

フットワークが軽く付き合いがいいことも、人誑しの特徴です。どこにでも飛んでいく都合のいい人ではなく、フットワークが軽く付き合いが良いことが大切です。上司に呼ばれた時に飛んでいける人や、誰かが困っている時にすぐに助けに行ける人は周囲の人に愛され頼られルノです。

 

診断結果は次のページ!

〜診断結果〜

0~4個当てはまった方

人たらしとは言えないでしょう。人は支え合って生きるものです。人を遠ざけたり、頼らないようにすることは幸せとは言えません。周りにいてくれる人に感謝しながら頼っていいのです。

5~8個当てはまった方

人たらし一歩手前です。今以上に人を大切にしたり、物事を前向きに捉えることで愛される人間になれます。この後紹介する『人誑しが愛される5つの理由!』を一つずつトライしてみましょう!

9~12個当てはまった方

9個以上当てはまった場合、人たらしと言えるでしょう。これからも周りの人を大切にしながら、自分らしく生きましょう。

13個当てはまった方

完璧な人たらしと言えるでしょう。あなたは男女共に愛されるタイプです!

人たらしが愛される5つの理由!

人誑し診断、いかがでしたか?あなたは人誑しだったでしょうか?

ここからは、人たらしの人が愛される理由についてご紹介します。

1.人が不快に思うことをしない

人たらしは、人が不快に思うことを絶対にしません。人を批判したり、人に甘え続けたり、裏で悪口を言ったりと、人が不快に思うようなことはしないのです。しっかりと礼儀マナーを守り他人を尊重しています。

人たらしの人は、根本に「一人で生きているわけではない。支えてくれる人たちがいるから自分がいるんだ」と思っているのです。その思いが、周囲の人の信用や信頼を勝ち取っているのです。

2.応援したくなるほど頑張っている

人たらしは、応援したくなるほどの努力家です。頑張っていない人は周囲に応援されることはありません。実績がなくても、まだ始めたばかりだとしても、夢のために頑張っている人や、成し遂げたい目標に向かってひたむきに走っている人を周囲は応援したいと思うのです。

「あの子も頑張っているから、自分も頑張ろう」と周囲の人に思わせられる人が本当に愛される人なのです。

3.周りが沈んでいても明るくする力がある

周りの人が沈んでいる時に、明るくする力があることも、人誑しが愛される理由です。人たらしは、単に頑張り屋さんな訳ではありません。自分が辛い経験をしてきたり、努力してきたことで、周囲の人の悩みや辛い思いに寄り添うことができるのです。

いつだって、「大丈夫だ」と思わせられるほど人を照らす力がある人誑しは、本当に愛される人間なのです。

 

4.頼り上手・感謝上手

頼り上手で感謝上手なことも、人誑しが愛される理由です。頼られる分人に頼ることができる。そして、頼った際は「ありがとう」がしっかり言えること。感謝の気持ちがない人に人はついて行こうと思いません。感謝できる人間であり続けることは難しいことではありません。

小さなことでも、自分がどれだけ追い込まれていても、しっかり「ありがとう」を言えることが大切なのです。

5.挨拶や礼儀、マナーや上下関係を大切にする

挨拶や礼儀、マナーや上下関係を大切にすることも、人誑しが愛される理由です。まず、挨拶ができない人=社会性がない人と思われます。そして、礼儀マナーがなっていない人は、育ちが悪いと判断されてしまいます。さらに、上下関係を守れない人は「この子大丈夫か?」「敬う気持ちがないのか?」と思われてしまいます。

人たらしは、人付き合いを大切にしています。なので、挨拶や礼儀、マナーや上下関係を大切にできるのです。

どうせ生きるなら、愛され続けたいから。

どうせ生きるなら、愛され続けたいから。周囲の人に嫌われるより、愛されていたいから。

いつだって人懐っこく、人を愛し、人を大切にすること。

それが大切なのです。

自分一人で生きているわけではありません。誰かに支えてもらわないと生きていけないのです。

代わりに、自分が手伝えることや、支えられることは支えてあげましょう。

人と人は支え合い、愛し合えるからこそ、生きていて楽しいと感じられるのです。

誰にも愛されず、誰も寄せ付けず、全てを切ってしまう。「自分なんかが…」「人が嫌い…」そう嘆いていては、今の状況を変えることはできません。

人誑しは、賢い生き方なのです。

どうせ生きていくなら…たった一度の人生なら…愛されていたいと思うのが人の心理です。

一つずつ、愛される努力をしてみませんか?

あなたが毛嫌いしている人に好かれた時、人は少しだけ幸せになれる。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする