2019.04.11

元彼が言う「いい女だった」が一番信憑性あるし、いい男と付き合ってたんだなって思う。

Ayano

Ayano

元カノを「いい女だった」って言える男が一番いい男。

お前らがなんて言おうと、元彼が「いい女だ」って言ってんだよ。

いろんな奴になんて言われようと、興味ない男に「あいつはない」とか「チャラいじゃん」とか「メンヘラじゃん」とか言われても正直クソほどどうでもいい。

元彼が「いい女だった」って言ってくれてんだよ。

それでもう満足だわ。

ってか、元彼が言う「いい女だった」が一番信憑性あるっしょ。

私と付き合ったことすらない男がきゃんきゃん吠えてるのとか、もう死ぬほどどうでもいい。

「ベッドで女一人満足させられない奴がなに騒いでんの?」って思ってる。

元彼に「いい女だった」って言われたことももちろん嬉しかった。でも、それより、別れた後にそう言ってくれる人と付き合えていた私はとても幸せだったんだと思えた。

今まで元彼の悪口並べてきた。

でも、その人の悪口だけは頑張って考えても出てこなかった。

それだけ完璧だった。だからこそ付け入る隙がなかった。

全て理想。「好きだ」と言われた時は、しばらく思考停止したことを覚えてる。

「俺と付き合ってた女が自信ないとか言い出すの、営業妨害だから。」

元彼と久しぶりに電話した。

元彼が新しい道に踏み出すと聞いて、久々に真夜中電話をしていた。

 

man

元彼

お前はいい女だった

 

girl

そんなことない。みんな傷つけた。だからこの先も自信ない。

 

返ってきた言葉。

 

man

元彼

俺と付き合ってた女が自信ないとか言い出すの、営業妨害だから。

 

その言葉を言われて思った。

「えげつないほどイケメンで、敵なしで生きてきた彼の彼女を1年半勤め上げただけで、私は立派に自信を持っていいはずだ」と。

彼がいたから、今がある。

彼がいたから、私がいる。

一番辛い時期を支えてくれたから。

愛していたことは間違いのない事実。

そして、誰よりも私を愛してくれたことも間違いのない事実。

きっとその事実があるだけでいいんだ。

時間が経つまでわからないこと…「私、いい男と付き合ってたんだな」

時間が経つまで、その人がいい男だったとか、知ることはできないんだよ。

新しい恋をして、その恋が終わるまで、その人がいい男だったとか、誰にも知ることはできないんだよ。

時間が経つまでわからない。

でも、自分が愛してきた人たちには自信を持ちたい。

「この人を好きになってよかった」と思いたい。

「この人と出会えてよかった」と思いたい。

後悔なんてしたくないんだ。でも、後悔することが恋でもあるんだ。

だから辛いな。でも、楽しいな。幸せだな。

クズでもダメでも、私が愛した人達は最高だ。

彼女をATMだと思っていた男も。別れた後でも「これ買ってー」って言ってくる男も。

浮気したのに反省していない男も。キスは浮気じゃないと思っていた男も。

酒を飲んだら暴力振るってきた男も。私が他の男と話すだけで蹴ってきた男も。

全員全員。最低最悪。

全員全員。超絶最高。

愛した過去を恥じたくない。

あなたたちがいたから今の私がいるように、付き合った相手との時間から自分が形成されていることを知るべきだ。

一部でも、全部でも、元彼が体に残っているんだ。心にも頭にも。

クズでダメな男でも、みんな愛してたから。

愛していたということだけは、胸を張って言える。

元カノが言う「いい男だった」が一番信憑性あるし、「いい女と付き合ってたんだな」って思えよ。

元彼が言う「いい女だった」が一番信憑性あるし、「いい男と付き合ってたんだな」って思うからさ。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする