2019.04.09

【かまってちゃんとの上手な関わり方】かまってほしい人の特徴と心理は?

【目次】

身近にいるかまってちゃん男女
かまってほしい人7つの特徴
かまってほしい人5つの心理
【場面別】かまってちゃんとの上手な関わり方
かまってちゃんも可愛いの。

身近にいるかまってちゃん男女

かまってちゃん。
頻繁に連絡を取ったり、大げさな話をしたりして、いつも誰かにかまってもらいたい。
そんな行動から、あまり良い印象を持たない人もいるはずです。

かまってちゃんには女性が多いというイメージがあるかもしれませんが、もちろん男性にもかまってちゃんはいます。男性のかまってちゃんが抱いているかまってほしいという心理も、女性のかまってちゃんの心理と同じなのです。

また、かまってちゃんには色々な場面で出会うことがあります。あなたの友達や恋人だけでなく、職場にもかまってちゃんがいるという人もいるはずです。
性別や場所を問わず、かまってちゃんはとても身近な存在なのです。

「私の友達がかまってちゃんで、対応に疲れる…」「かまってちゃんな恋人とうまく関係が作れない…」
この記事は、そんな風に身近にいる「かまってちゃん」の「かまってほしい」に困っている人にとっての、付き合い方のヒントです。

かまってほしい人7つの特徴

かまってちゃんな行動をとる人には、共通点があります。
かまってちゃんについて理解を深めるために、その共通点・特徴をご紹介します。
身の回りの人について「もしかしたらあの人はかまってちゃんかもしれない」と思っている人は、以下の特徴がその人に当てはまるかどうか考えてみてください。

1.メンタルが弱く傷つきやすい

積極的に連絡をしたり話しかけてくるので、かまってちゃんは厚かましいというようなイメージを持っている人も多いはずです。

しかし、実はかまってちゃんは傷つきやすく、些細な一言でも大きな痛みとして感じられます。
「あいつはかまってちゃんだから」ときつい対応をとってしまうと、かまってちゃんの心に大きな傷になることもあります。

2.体調不良になりがち

あなたの周りのかまってちゃんに、いつも「体調が悪い」と言っている人はいませんか?
実はそれもかまってちゃんの特徴の一つなのです。「自分を気にかけてほしい」「心配してほしい」という思いから、体調不良を訴える人が多くいます。

先ほど紹介したように、かまってちゃんは傷つきやすいので、たとえ頻繁にそのような発言をしていても、責めないようにしましょう。

3.繊細な心を持っている

かまってちゃんは、繊細な心を持っています。そのため小さな出来事にも心を揺り動かされます。すぐに傷つきやすいのも、繊細な心をもっているからなのです。

不安感が強く極度の心配性であるなど、マイナスに働きやすい反面、心が細やかだということでもあります。周りの変化や、誰かが落ち込んでいる時にいち早くそれに気付けるという良い面もあるのです。

4.返信がこないと不安になる

かまってちゃんは、メールやLINEの返信が遅いと不安になってしまいます。
「嫌われてしまったかもしれない」という思いから、時にはいくつものメッセージを送る、何度も電話をかけるという行動をとることもあります。

そのような行動が煩わしいからといって、かまってちゃんからの連絡を無視してしまうと、かまってちゃんをますます不安にさせてしまうことになります。

5.常に誰かと連絡を取り合っていたい

かまってちゃんには、常にだれかと連絡を取り合っていたいという気持ちを持っています。それによって、その人との繋がりや信頼関係を実感できるのです。

そのため、その日に食べたごはんや、行った場所など、些細なことであっても報告し、繋がりを感じていたいのです。

かまってちゃんから頻繁に連絡が来たとしても、丁寧に返信をしてあげることで、かまってちゃんは安心します。

6.SNSでマイナスな発言が多い

SNSは、常に誰かとの繋がりを感じていたいかまってちゃんにとって、手放すことのできないツールです。

そんなかまってちゃんの投稿には、マイナスな発言が多くあります。それは「もう疲れた…」というような発言をすることによって、他の人から気にかけてもらいたい、心配してもらいたいという心理状態から来るものです。
かまってちゃんの抱いている孤独感が、マイナス発言に繋がっているのです。

7.恋人や親友に執着しやすい

かまってちゃんは、恋人や親友など自分の大切な人に対して、人一倍執着しやすいです。
もっと好かれたい、嫌われたくないという思いから、四六時中一緒に居たがったり、頻繁に連絡を取りたがります。

人との繋がりを強く求めているかまってちゃんにとって、自分に近しい人との繋がりはとても重要なものです。その繋がりをさらに深めようと思うあまり、依存関係になることもあります。

 

かまってほしい人5つの心理

ここまでかまってちゃんの特徴についてみてきました。かまってちゃんについてより深く知れたであろうこと、間違いありません。

ここからはかまってちゃんがなぜ上記のような行動をとるのか、その心理についてお伝えしていきます。
今まで理解できなかったような行動について、どのような心の動きが働いているのかを知ることにより、関係性が良い方向に変わります。

1.寂しい

かまってちゃんは人に対して心を開くことが苦手で、気軽に相談したり、困ったときに頼れるような関係性が築けません。時に相手を困らせてしまうほどの「かまってほしい」気持ちや行動は、そのような「寂しさ」が原因となっています。

かまってちゃんがあなたに対して頻繁にコンタクトをとるのは、あなたがそんなかまってちゃんの数少ない信頼できる人だということなのです。

2.必要とされていたい

かまってちゃんは、誰かに必要とされていたいという気持ちを強く持っています。

恋人や友達が仕事などで忙しいと、かまってちゃんは「自分は必要ないのでは」と不安でいっぱいになってしまいます。そんな不安から、かまってほしいという思いが大きくなってしまうのです。

3.自分に自信が持てない

かまってちゃんは自己肯定感が低く、自分に自信を持つことができないでいます。そのため一人だけでいると「どうせ自分なんて…」と自分否定ばかりをしてしまいます。

そんな自分を守るために、かまってちゃんは他人からの肯定を強く求めています。かまってほしいという思いも、自分に自信がないことの表われなのです。

4.誰かに愛されたい

誰かに愛されていたいという思いを持っているのも、かまってちゃんの特徴です。そのため恋人や親友の目が他の物事に囚われていると、焼きもちを焼いたり束縛をしたりします。

関係性の悪化を防ぐためには、「あなたは私にとって大切な人だよ」ということを伝えていくことが大切です。

5.認められたい・褒められたい

かまってちゃんは認めてほしい・褒めてほしいという承認欲求が強いです。

かまってちゃんは自信を持てていません。そんなかまってちゃんにとって、誰かから認められ、褒められることはとても重要なことなのです。

自分の大切な人からかけられた褒め言葉が、かまってちゃんの大きな原動力になるのです。

【場面別】かまってちゃんとの上手な関わり方

ここまでで、かまってちゃんの特徴と、その心理について見てきました。

ここからは、実際にどうやったらかまってちゃんと上手に関われるのかについてご紹介します。
色々な場面で関わることになるかまってちゃん。今回は職場編・友達編・恋人編の三つの場面での上手な関わり方をお伝えします。

〜職場編〜

1.都度褒めてあげる

職場にいるかまってちゃんには、細かいことであっても、その都度褒めてあげることが大事です。
褒め方も重要で、おざなりに褒めても気持ちは満たされません。とはいえ何もかもに大げさに褒めていては疲れてしまいます。
実際によくやったな、頑張ったなと思った時に、素直な気持ち・言い方で褒めてあげましょう。

2.小さなことでは怒らない

かまってちゃんと関わるときには、小さなことで起こらないように心がけましょう。

特徴でも挙げたように、かまってちゃんには些細なことでも大きな傷になってしまいます。軽く注意したつもりでも、「怒られた」と受け取ることがあるのです。そのように思われては、その後の関係性に支障が出てしまいます。

かまってちゃんと話すときには、言葉の選び方に気を遣ってみてください。

3.感情的になるより冷静に関わる

かまってちゃんと関わる中で、時には発言や行動に腹が立ってしまうこともあります。あまり感情的にならず、冷静に関わることが、かまってちゃんとの関わりには重要です。言動すべてに向き合っていては、あなたの心も消耗し、疲れてしまいます。

「これくらいはいいか」と受け流すような気持ちでいれば、負担も減り、上手く付き合えるようになります。

〜友達編〜

1.できるだけ早く返信してあげる

あなたの友人にかまってちゃんがいる場合、頻繁にLINEやメールが来ることがあるはずです。かまってちゃんは返信が来ないと不安になるので、返信の遅れが原因で関係性の悪化に繋がる場合もあります。

そのような事態を避けるためにも、連絡に気づいたら、できるだけ早く返信をしてあげてください。

2.話を遮らない

かまってちゃんは自己承認欲求が強く、自分のことを受け止めてほしいと思っています。

そんなかまってちゃんの話を遮ると、「私の話つまらなかったかな」「嫌われちゃったかな」と不安な気持ちになってしまいます。
たとえあまり興味のないことであっても、最後まで聞いてあげるようにしましょう。

3.会話から置いていかない

かまってちゃんを会話から置いてけぼりにしてしまうのは避けましょう。

かまってちゃんには自分を気にかけてもらいたいという思いがあります。会話に入れないと、自分は必要ないのではないかと、自己否定へと陥ってしまいます。

会話から置いていかないように気を付けるのはもちろん、会話に入れていないなと思った時には助け舟を出してあげると、安心してもらえます。

〜恋愛編〜

1.仕事よりも恋人が大切だと言っておく

かまってちゃんは自己肯定感が低いため、あなたが仕事ばかりに目を向けていると、「私は恋人にとって必要ないのかもしれない」と不安になってしまいます。そんな不安から連絡の頻度が増したり、ケンカになる場合もあります。

そうなる前に、前もって仕事よりも恋人が大切であると伝えておきましょう。そうすればかまってちゃんな恋人も安心してあなたのことを見守ってくれます。

2.体調崩したと言われたら優しくしてあげる

かまってちゃんの特徴でご紹介したように、自分を心配してほしいという心理から、体調不良を訴えることが多いです。

もしあなたの恋人が「体調を崩した」と言って来たら、素直に心配をしてあげて下さい。もちろん実際に体調を崩している場合もあります。そうでなくても寂しさを抱えているので、恋人が満足するまで優しくしてあげましょう。

優しくしてもらえた恋人は、自分が大切な存在であるということをより深く実感できます。

3.連絡が遅くなるときは事前に言っておく

かまってちゃんは恋人からの連絡が遅くなると、「浮気をしているんじゃないか」と考えが悪い方へと進んでいってしまいます。

そんな考えが一人歩きをして、恋人に対して不機嫌になったり、攻撃的になってしまうこともあります。そのため連絡が遅くなる時は事前に言っておきましょう。

いつになったら連絡できるかというのも併せて伝えておくと、さらに安心してもらえます。

4.自分の心は常に余裕をもたせておく

かまってちゃんはメンタルが弱く、小さなことでも気持ちが揺らいでしまいます。そんな状況であなたの気持ちも乱れてしまったら、二人の関係性が悪化することもあります。

自分の心に余裕を持たせることによって、相手の言動に心を揺さぶられなくなりますし、優しさをもって接することができるようになるはずです。

そのような関わり方であれば、二人の間の信頼関係も高まり、関係性も良い方向へと進んでいきます。

かまってちゃんも可愛いの。

かまってちゃんって、実はかわいいんです。

自分に自信が持てず、寂しさに囚われていて、いつでも誰かの愛を求めている。
そんな感情ばかりが先走ってしまい、失敗することも時にはある。

けれど褒められれば喜ぶし、心配してくれたら嬉しい。
かまってちゃんはとても素直なんです。

今まであなたの周りにいるかまってちゃんに対して、ネガティブな感情を抱いていたかもしれません。
ですが、少しその人の行動・心について見つめなおしてみてください。

今回の記事で、かまってちゃんの行動や心の動きについて、新しく知ることはあったでしょうか。
その知識を、あなたとかまってちゃんとのこれからの関わりを明るいものにできるように使って、進んでいってください。

 

関連記事

私は、元カノを忘れるための道具じゃありませんが??

「今どこ?」不安だよね…でも、押し付けは逆効果。

私以外、愛する必要ありますか?飽きられない努力6つ

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする