2019.04.07

メンタルヘルスとは?メンタルが強い人の特徴から学ぶ幸せに生きる方法

【目次】

メンタルが弱いと感じているあなたへ
メンタルヘルスとは?
強靭なメンタルを手に入れたい…
メンタルが強い人とは?
メンタルが強い人の特徴12選
メンタルが強い人に共通する7の心理
メンタルが強くなりたい…
メンタルが強い人から学ぶ幸せに生きる方法
心の健康が明日の健康

 

メンタルが弱いと感じているあなたへ

メンタルが弱いことで生きづらさを感じているあなたへ

大丈夫。無理に強くしようとしなくていいんだ。

「変わらなきゃ」なんて思わなくていいんだ。

メンタルが強い人の特徴を知ることで、幸せに生きる方法を盗めばいいんだ。

無理に頑張らなくていい。

いつだって、肩の力張って、完璧を求めなくていいだ。

自分が一番頑張っていなければいけないなんて、思わなくていいんだ。

誰かと比べたり、戦ったり、羨ましく思ったり。感情の起伏が自分の邪魔をしたり。

もう疲れたよね?

大丈夫。私たちは、弱くても生きていける。

 

メンタルヘルスとは?

メンタルヘルスとは、心の健康という意味です。メンタルは英語で『精神的な』という意味を持ちます。ヘルスは英語で『健康』という意味を持ちます。直訳すると「心の健康」や「精神保健」「先進衛生」という意味になります。

メンタルヘルスは精神的な健康のことを指し、ストレスを抱えていたり、不安感や強い悩みを持っている状態を、メンタルヘルス不調と言います。メンタルヘルス不調を事前に防ぐために、ストレスチェックを受ける制度を導入する企業も増えています。

メンタルヘルスは、主に悩みやストレスの軽減や緩和サポートをを行う場面や、メンタルヘルス対策を行う場面、精神保健医療の場で使われる言葉です。

 

強靭なメンタルを手に入れたい…

強靭なメンタルを手に入れたい。

強く美しくしなやかな人間になりたい。

悲観的になり過ぎて、いつだって感情の起伏に振り回されてしまう。

頑張って生きてるつもりだけど、メンタルが強い人や精神力がある人には叶わないと思ってしまう。

自分も強くなれば幸せになれる?

自分も強くなれば楽に生きられる?

でも、悩んで考え込んでいる自分がいなくなった生活を想像することすらできない。

考えたところでどうしようもないなんてわかっているけど、いつだって完璧を求めてしまう。

いつだって、誰かに負けている感覚に陥る。

頑張って生きていきたいんだ。有意義で幸せな人生とは?

自分の性格が変わればいい?

それでもいつだって、まだ諦めたくない。

メンタルが強い人とは?

メンタルが強い人とは?どんな人を指すのでしょうか。

精神力がある人やメンタルが強い人には共通する特徴があります。
その特徴を知ることで、少しだけ自分にも強さを手に入れることができます。
メンタルが強く、心に余裕を持てば少しだけ生きやすくなります。

そこで今回は、メンタルが強い人の特徴と心理から学ぶ、幸せに生きる方法をご紹介します。

 

次は、メンタルが強い人の特徴13選

メンタルが強い人の特徴12選

1.自分を強く持っている

自分を強く持ち、意志の強い人間はメンタルが強い傾向にあります。メンタルが弱くなってしまう原因は、これが正しいのか間違っているのかがわからなくなっている状態にあるからです。

自分を強く持つことで、いつでも意思決定を速く行えるようになります。自分がどうしたいのかを素早く決めるためには、自己分析をすることも大切です。

2.人の意見に屈しない

メンタルが強い人は、人の意見に流されたり、批判を受けた時に折れたりしません。これは、自分自身に自信があったり、自分の経験や行動に自信を持っているからです。

人は、自信がないことによって人の意見で傷ついてしまいます。ですので、まずは自分自身に自信を持ちましょう。年齢分生きてこれただけで素晴らしいのです。

3.小さなことでは動揺しない

小さなことで動揺しないのもメンタルが強い人の特徴です。

人は辛いことや悔しいことや、想像していなかったことが起きると動揺してしまいます。ですが、メンタルが強い人は常に心に余裕を持っているので、小さなことでは動揺しません。人が動揺して慌てふためいている間に「どう解決するか」と考えられるので生きやすいのです。

4.肩の力を抜いて生きている

メンタルが弱い人は肩の力を張り、常に完璧であろうとしてしまいます。ですが、メンタルが強い人は常に肩の力を抜いて生きています。選択したものが自分にとって間違いだとしても、その間違いを正解にしようと努力します。肩の力を抜いて生きることによって、自分を強く持ち、逆転の発想をできるようになるのです。

さらに、いざとなった時に最適な状態で向き合うことができます。肩の力を張っている状態では、変に緊張しすぎてしまったり、不安感やストレスを抱えやすくなってしまうので、常に肩の力を抜くことが大切です。

5.常に冷静

常に冷静に判断できるのも、メンタルが強い人の特徴です。メンタルが強い人は、エネルギーを極力使わずに生きているので常に心に余裕があるのです。

なので、どんな時でも冷静に判断し行動することができます。冷静な判断を求められた時に、深く深呼吸をすることで冷静になろうとすることができます。

6.全て自分で抱え込まない

メンタルが強い人は、全て自分で抱え込まずに周りの人を頼ることができます。

メンタルが弱い人は、「周りに助けを求めることで迷惑をかけてしまうのではないか」「嫌われてしまったらどうしよう」「自分のことで人の時間を咲くのは良くないことだ」と考えてしまい、自分で抱え込んでしまいます。ですが、自分一人で解決できない問題をずっと抱えるより、周りの人に頼ることも大切なのです。

メンタルが強い人は抱え込まず、人にしっかり相談できるので自分が抱えている問題や悩みの解決が早いのです。

 

7.人と比べない

人と比べないこともメンタルが強い人の特徴です。

人と比べることで、「あの人より優れていない」「あの人が羨ましい」「あの人に負けている」「あの人より自分の方が優れているはずなのに評価されないのはおかしい」「あの人があんな素敵な人と付き合えるのになぜ私は付き合えないんだろう」など、マイナスなことを考えてしまいます。

人と比べることで、本当の幸せや適切な判断を見失ってしまいます。ですので、人と比べるより自分にとって大切かを考えられるメンタルが強い人は、メンタルが弱い人より幸せに見えるのです。

8.ポジティブに受け止める

メンタルが強い人は、逆転の発想ができるので、物事をポジティブに捉えます。

メンタルが弱い人が突然ポジティブ思考になることはとても難しいですが、少しずつ発想を変えることはできます。「ポジティブにならなきゃ!」と思ってしまうから辛いので、「これ反対に考えたらどうなるだろう」と思うところから始めましょう。

メンタルが強い人も最初から強かったわけではない人もいます。そんな人は逆転の発想を続けることで、自然とポジティブ思考に変わっていったのです。

9.エネルギーを温存している

メンタルが強い人は、常にエネルギーを温存しています。

自分にとって無駄だと判断したエネルギーは使わず、大切なところへ取っておくのです。パワーやエネルギーを使いすぎると人は大切な時にエネルギーが残っていなかったり、エネルギーを使いたい部分で本領発揮できません。それを理解しているメンタルが強い人は、しっかりとエネルギーを温存しているのです。

10.物事をロジカルに考える

物事を感情論だけでなく、ロジカルに考えられることもメンタルが強い人の特徴です。

メンタルが強い人は、感情に任せて「どうしようどうしよう」「ダメかもしれない」「終わった…最悪だ…」と悩むのではなく、「どうしたらこれを改善できるか」「ダメかもしれないけれど、このやり方ならどうだろうか」「最悪ということはこれ以上下がることはないのでこの方法を試してみよう」というように、逆転の発想とロジカルに考える思考二つを利用して意思決定を行います。

11.自分でメンタルコントロールができる

自分でメンタルをコントロールできることも、メンタルが強い人の特徴です。

自分でメンタルをコントロールできることは、経験からくるものです。悲しい時自分がどんな行動を取ったら悲しさを紛らわすことができるのか。ストレスが溜まった時に発散する最適な方法を知っている。悩みを抱えた時、誰に相談するのが最適かを理解している。このような経験によって、自分のメンタルをコントロールできるようになるのです。

メンタルが強い人はしっかり人に頼ることができるので、自分のメンタルコントロールも一人で頑張ろうとせず、辛い時は頼ります。

12.完璧を求め過ぎない

メンタルが強い人は、完璧を求めすぎず少しの曖昧さを残すことができます。

「自分は人間として完璧でなくてはならない」「この仕事は一人で完璧にこなさなければならない」と思うより、「自分は不完全だからこそ、周りの人が助けてくれる」「これは自分ではこなしきれないので得意な人に任せよう。」と思うことができます。

 

次は、メンタルが強い人に共通する7の心理

メンタルが強い人に共通する7の心理

1.慌てても仕方ない

ここからは、メンタルが強い人の心理についてご紹介します。一つ目は、「慌てても仕方ない」という心理です。

メンタルが強い人は、自分が慌てても物事は前に進まないと理解しているのです。自分が慌てても、焦っていても、何も解決しません。感情を使うより、冷静に物事を判断するためには「慌てても仕方ない」と自分に言い聞かせることが大切なのです。

2.全て自分自身で変わると理解している

メンタルが強い人は、すべて自分自身の行動で変わると理解しています。

自分自身の行動一つで成功にも失敗にもなると理解しておくと、メンタルが弱い人でも「なんとかなるだろう」「自分がやることで変わるかもしれない」と捉えられることができるようになります。

3.自分の直感を信じている

自分自身の直感を信じる心理も、メンタルが強い人特有の心理です。

考えても仕方ない時や、考えすぎて正解が見えなくなった時、メンタルが強い人は自分の直感を頼ります。メンタルが弱い人は完璧主義が多いので、自分の直感を信じるより深く考え正解を導くことを優先しますが、メンタルが強い人は自分直感を常に信じて生きているのです。

4.勝ち負けに依存したくない

メンタルが強い人の多くは、勝ち負けに依存したくないと思っています。

「この人より自分の方が幸せ」「この人より自分の方が収入が上」「あの人より自分の方が仕事ができる」「あの人より自分の恋人の方が優れている」など、人と比べることを拒みます。それは、自分の幸せは人と比べることではないと理解しているからです。

人は心理的に、人と比べる傾向にありますが、自分でメンタルをコントロールでき、自分に自信を持っているメンタルが強い人は勝ち負けに依存しないのです。

5.自分自身を常に理解している

メンタルが強い人は、自分自身を常に理解しています。

この出来事が起きた時、自分にとって最適な手段は何か。自分の性格上、この手段を取ることが良いだろう。と、判断を求められた時も自分自身を理解していることで意思決定の早さにつながります。

自分自身を理解している人ほど、人と比べたり、完璧を求めすぎないものなのです。

6.時間やお金を有効活用したい

メンタルが強い人は時間やお金を有効活用したいという思いが強くあります。

悩んでいる時間があるなら、とりあえずやってみる。使うお金があるなら、自分の幸せに繋がることに使おう。と思っています。特に時間に関しては、無駄にしないよう努力しています。

時間は、お金に変えられない大切なものだからです。悩んだり、ストレスで時間を取られるなら、楽しいことをしようと思うのです。

7.無駄なエネルギーを使いたくない

メンタルが強い人は、無駄なエネルギーを使いたくないと思っています。

人に腹を立てたり、自分の中に溜まったストレスにコンディションが左右されたり、悲しくて長時間泣くことなどを無駄なエネルギーだと捉えています。無駄なエネルギーを消耗するのではなく、大切な時のためにエネルギーは温存しておこうと思っているのです。

 

次は、メンタルが強い人から学ぶ幸せに生きる方法

メンタルが強くなりたい…

メンタルが強くなりたい…

なぜ、メンタルが強くなりたいのか。

ストレスを抱えることが嫌だから?

悩んだり、考え込む性格を変えたいから?

人の言葉や行動にいちいち傷つくことが嫌だから?

全て、メンタルが弱くても大丈夫なんだよ。

ですが、メンタルが強い人は時間やエネルギーを有意義に使っている。

意思決定も早いし、自分をよく理解している。

メンタルが強い人は、きっとメンタルが弱い人より幸福度が高いだろう。

でも、無理にメンタルを強くしようとしなくていいんだ。

メンタルが強い人から、自分に必要な要素だけ取り込めばいい。

そこでここからは、メンタルが強い人から学ぶ幸せに生きる方法。

メンタルが強い人から学ぶ幸せに生きる方法

1.人に頼ることは甘えじゃない

人に頼ることを甘えだと感じてしまうかもしれませんが、人に頼ることはむしろメンタルが強いからできることなのです。

「人に迷惑をかけてはいけない」「自分で解決しなければならない」といった固定概念を捨てて、人を頼れる自分を褒めてあげましょう。そして、頼れる人がいる環境に感謝しましょう。それによって、自分がずっと抱えていた悩みも少しスッキリするでしょう。

2.自分にも他人にも期待し過ぎない

自分にも他人にも期待し過ぎないことが大切です。自分に期待しすぎるせいで、完璧を求めてしまうのです。そして、他人に期待することで裏切られたと感じてしまうのです。

自分にも他人にも期待し過ぎず、「やってくれたらいいな」「約束守ってくれたらいいな」といった柔らかい気持ちでいることが大切です。

3.完璧が成功だと思わない

完璧であること=成功ではありません。成功を求めるあまり完璧主義になってしまう人も多いと思います。ですが、成功した人が偉いのか?成功していなかったらダメな人間なのか?ということを考えましょう。

常に完璧であることや、成功を求めることが幸せとは限りません。

4.自己分析をする

自己分析をすることも、幸せに生きる上で大切なことです。自分の性格についてノートに書き出してみましょう。

自分の長所や短所を理解することも大切ですが、長所と短所どちらの方が多く書き出せたかということが大切です。短所を一つずつ潰していく努力が、自分の自信へと変わっていきます。

5.依存や執着は自分の首を絞める

依存することや、執着することは、自分の首を絞めてしまいます。

「人に依存していないと立っていられないんだ」「この人に執着していないと一人で生きていけないんだ」と思ってしまうことで、自信喪失に繋がるからです。そして、人に寄りかかって生きることで、自立できなくなってしまいます。人に頼ることと、人に依存し執着することは全く違うのです。

6.感情的になるとうまくいかないと理解する

感情的になるとうまくいくことも、うまくいかなくなってしまいます。

冷静になればすぐ判断できたであろうことも、感情に負けて冷静さを失ってしまった状態ではうまくいきません。自分が損しないためにも、感情的になり過ぎずにゆっくり深呼吸をして感情のコントロールができるようになりましょう。

 

7.誰かと戦おうとしない

誰かと戦おうとしないこともとても大切です。

誰かと戦おうとしている時点で人と比べています。人と比べないことはできませんが、戦う必要はないのです。幼少期から運動会で競争したり、誰かと戦うことが当たり前に育てられてきました。でも、自分が満足いく形になったかどうかが重要なのです。

無理に誰かと戦おうとせず、ゆっくり自分らしく生きてください。人の基準に無理に合わせる必要なんてないのです。

8.「許す」「受け入れる」「愛する」

許す・受け入れる・愛するの3つはとても大切です。

人にイライラしたりストレスを抱えてしまうのではなく、広い心で許してあげること。人の意見や批判も、自分のために言ってくれていると思うことで受け入れることができます。愛することも同様です。人を許し、受け入れることで深い愛情を抱くことができます。

 

心の健康が明日の健康

心の健康は生きていく上でとても大切なことです。

短い人生の中で、どう過ごしていくのか。自分の幸せとは何か。自分自身をよく知ることで、見えてくるものがあります。

ストレスや悩みを抱えているときは、全てにやる気が起きず、夜も眠れなくなり、悪循環になってしまいます。

眠れない日々が続いてしまうと、心はどんどん不調になってしまいます。

そんなときは、いつもより長く湯船に浸かり、簡単な瞑想をしてから眠ると良いでしょう。

今日のストレスや悩みは翌日に持ち込まないことが大切なのです。

 

 

次に読みたい記事は?

閉じた目から、溢れる涙

周りの支えって想像以上に大きい

今すぐストレス発散!診断チェック&イライラを止めるストレス解消法

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする