2019.03.27

メンタリティ

メンヘラに多い感受性が強い人。感受性の意味や特徴を徹底解明!

【目次】

メンヘラは感受性が強い?!
感受性の意味とは?
感受性が強い人の特徴
感受性が強い人にメンヘラが多い理由
圧倒的共感力があるんです。
心が豊かなだけなんです。

 

メンヘラは感受性が強い?!

「感受性が豊か」「感受性が強い」なんて言葉をよく耳にしませんか?

いい印象を持つ人もいれば、悪い印象を持つ人もいると思います。

感受性とは、どんな意味を持つ言葉なのでしょうか。
私たちは、唱えます。『感受性が豊かな人にメンヘラが多い』『メンヘラには感受性が強い人が多い』と。

メンヘラは、人の痛みがわかります。
メンヘラは自分が辛い思いや苦しい思いをしてきたため、人が辛い時に寄り添い、支えることができます。
そんなメンヘラは感受性が強く、心優しく繊細なのです。

メンヘラも、感受性が強い人も、最高だと思いませんか?

感受性の意味とは?

まずは、感受性の意味を知るところから始めましょう。

感受性とは、その世界や周囲から、刺激を受けやすく、印象を受け入れる能力のことを言います。
物や人から色々なものを感じ取る力がある人を、感受性豊か・感受性が強い人と言います。

そこで今回は、感受性が強い人の特徴や、感受性が強い人にメンヘラが多い理由をご紹介していきます。

感受性が強い人の特徴

感受性が豊かな人には共通する特徴があります。「自分は感受性が豊かな方かな?」「感受性が豊かな人はどんな人だろう?」と思った方は、この特徴を参考にしてみてください。

1.人の気持ちや痛みがわかる

まず、人の気持ちや痛みがわかる人を感受性が強い人と言います。自分が過去に辛い経験をしたタイプもいれば、最初から人の痛みを感じ取りやすいタイプもいます。この2つのタイプが存在します。

前者は、裏切りやいじめなどの経験により、人の痛みがわかるようになった人です。後者は、察する能力に長けていて人の痛みを自分の痛みのように感じられる人です。

2.自分のことのように一緒に悩む

自分のことのように一緒に悩むことも、感受性が強い人の特徴です。友人や知り合いに人生について、恋愛についてなど相談された時、自分のことのように親身になって一緒に悩みます。とにかく人に寄り添うことができるのです。

これは、先ほど紹介した『人の気持ちや痛みがわかる』に通じていて、気持ちがわかるからこそ、親身になり一緒に悩めるのです。

3.日々の小さな変化にも気づける

感受性が強い人の特徴として、日々の小さな変化に気づけるというものがあります。物の小さな変化や、環境の小さな変化はもちろん、人の小さな変化にも気づきます。「今日は様子がおかしいな」「体調が悪いのかな?」「何か悩み事があるのかな?」など、周囲の人間の変化を瞬時に察知し、声をかけてあげられる人は感受性が強いと言えるでしょう。

4.アートや流行に敏感でセンスがある

感受性が強い人は、アートや流行に敏感でセンスがある人が多いのです。美しいものや、芸術に対して、人より様々なことを感じ取り、楽しむことができます。

さらに、流行に対しても敏感で、例えば何か流行っているものがあったとして、普通の人はその流行に乗るだけですが、感受性が強い人は「なぜ、これが流行っているのか」「〇〇という理由で流行っているのではないか」と深掘りして考えます。それだけ、全てのことに対してアンテナを張っているということです。

5.自分の世界観を確立している

感受性が強い人の中には、自分の世界観を確立している人が多くいます。「これが好き」「この色が好き」「この形が好き」「この女優・俳優・モデルが好き」「この街並みが好き」など、自分の好きなものがはっきりしています。アートや流行に敏感でセンスがあるので、人よりも美的感覚が優れているのです。

6.環境に左右されやすい

感受性が強い人は、人よりも様々なことを察知し感じ取ってしまうため、環境に左右されやすい傾向にあります。人が傷つかないことにも傷つきやすく、環境に流されやすいのです。

自分の芯をしっかり持っている人もいれば、そうでないタイプもいるので、そうでないタイプの人は周囲の人間に押し切られやすいことが多いのです。

7.感情が揺さぶられやすい

感受性が強い人は、その名前の通り、感情が揺さぶられやすいのです。人があまり傷つかないことに対しても、辛い、苦しいと感じやすいのです。反対に、人があまり喜ばないものに対して、嬉しい、幸せなど感じやすいのです。

絵や映画や音楽に感情を揺さぶられることもあれば、人間関係で感情が揺さぶられることもあります。

8.繊細で小さなことでも壊れやすい

感受性が強い人は、繊細で小さなことでも壊れやすい傾向にあります。人のことも自分のように悩むほど心優しいので、外部からの情報や外部からの刺激によって壊れやすいのです。繊細なガラスのハートなので落としたら割れやすく、大切に扱う必要があります。

9.映画やドキュメンタリーで感情移入して泣く

感受性が強い人は、感情移入しやすいのです。映画やドキュメンタリーでびっくりするほど泣きます。主人公に感情移入して泣くこともあれば、ドキュメンタリーは「こんな現実があるんだ」「自分なんて…」「私がこの人だったら…」と置き換えて考えてしまい涙を流します。

感情が揺さぶられやすい上に繊細なので、感情移入しやすく涙もろいのです。

10.ストレスを溜めやすい

感受性が強い人は外部からの情報や刺激によってストレスを溜めやすい傾向にあります。感受性が強い人は、自分のことだけでなく周りのこともよく見て大切にしているため、人の何倍もストレスを溜めてしまいます。

吐き口を見つけられない間はとても苦しい思いをしてしまうので、周囲の人間が普段助けてもらっている分、助けて上げる必要があります。

 

次は、感受性が強い人にメンヘラが多い理由

感受性が強い人にメンヘラが多い理由

ここまで、感受性が強い人の特徴を紹介してきました。ここからは、感受性が強い人にメンヘラが多い理由をご紹介します。

1.辛い経験をしてきたため、人の痛みがわかる

感受性が強い人の特徴でも紹介しましたが、人の痛みがわかるという性格は、メンヘラと共通しています。過去に傷を負い辛い経験をしてきたからこそ、人に優しくなれるのです。人の痛みがわからない人に比べて、周りを傷つけないよう必死に生きています。

2.人の言葉に敏感で傷つきやすい

外部からの刺激を感じやすいという部分で、メンヘラと感受性が強い人は共通しています。人の言葉に敏感で、ちょっとした言葉にも傷つきやすいのです。周りの人は傷つけるつもりがなかった一言でも、当人は深い傷を負っていることがあります。

3.感情の起伏が激しい

感受性が強いため、感情の起伏は激しくなります。ストレスを溜めやすく、涙もろい。さらに感情を揺さぶられやすいので、人より感情の起伏が激しくなってしまいます。よく笑い、よく泣き、よく怒ります。誰よりも、人間らしいところは、感受性が豊かな人も、メンヘラも共通しています。

4.周囲の人を大切にする

メンヘラは周囲の人を大切にします。様々なタイプのメンヘラがいますが、感受性が強いメンヘラは、周囲の人を大切にします。自分と関わってくれている全ての人に愛情を注ごうとします。その愛情がたまに強すぎることがありますが、それだけ大切に思っているということです。

5.自分の気持ちに忠実に生きている

メンヘラも、感受性が強い人も、自分の気持ちに忠実に生きようとします。周囲に流されやすい性格ではありますが、自分を大切にしようと努力はしています。

辛い時は辛いと叫び、悲しい時は悲しいと言います。さらに嬉しいことはたくさんの人と共有したいし、喜びは分かち合いたいと思っています。

圧倒的共感力があるんです。

メンヘラも、感受性が強い人も、感受性が強くメンヘラな人も、全員圧倒的共感力があるんです。

人の気持ちに共感し、小さな変化に気付き、自分で感じ取る。

この共感力は、とても素晴らしいものなのです。

人が気にも留めないことに対して、しっかりと考え、悩むことができる。

それは、メンヘラと感受性が強い人の大きな強みです。

他の人たちにはない、素晴らしい長所なのです。

一つ一つの物事に対してしっかり向き合い、諦めが悪い。

そんな素晴らしい特性を持った人たちなのです。

一言に「感受性が強い人は苦手」「メンヘラは苦手」なんて言う人がいますが、彼ら彼女たちの素晴らしさに気づけばきっと見方も変わるはず。

心が豊かなだけなんです。

人に迷惑をかけることがあります。

自分の感情に忠実に生きすぎるせいで、周りに迷惑をかけていること、気づけないことがあります。

でも、心が豊かすぎるだけなんです。

人より、感じ取りやすく繊細なだけなんです。

ちょっとのマイナス思考はありますが、たくさん考えるからこそ、マイナスなものが出てきてしまうんです。

でも、素晴らしさに気づいて欲しいんです。

だって、私たちすごくない?他の人にはない、特殊能力持ってるんですもん。

いいのよ、このままで。無理に変わろうとしなくて。

だって、とても魅力的だから。素晴らしい魅力だから。

あなたにしかない。

あなただけが持っている。

『 素晴らしい 魅力 だから 』

 

次に読みたい記事は?

いつまでメンヘラを軽視するつもり?必死に生きてますから。

【徹底検証】メンヘラと天才は紙一重説

定期的に自分の性格に嫌気が差すのですが…しんどい。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする