2019.03.19

「友達ができない」友達ができない人の特徴・原因|友達を作る方法

「友達ができない…」

友達がいない…

友達ができない…

できても、いつだって浅い関係性になってしまう。

本当の友達ってなんだろう。

私たちは、支え合いながら生きている。

一人じゃ生きていけない。

コミュ障だから?出会いがないから?一人が好きだから?人に興味を持つことができないから?

全部、わかっているけれど…それでも…

深い関係を築くことが苦手なんだ。

そんなあなたに、読んでいただきたい記事です。

 

友達ができないことを、バカにされたくない。

「あの子友達いないよね」とか、言われたくない。

別に、いないんじゃなくて、作らないだけ。

そんな風に思っている人もいるんじゃないでしょうか?

いいんだよ、それでも。

『友達ができない=寂しい人』なんてイメージも嫌だ。

そんな風に思われるのは心外だ。

友達を大勢作る必要はない。

量より質だ。

悩みを相談できて、たまに飲みにいって、そんな友達がいい。

だから、バカにしないでほしい。

 

友達ができないと感じるときは?

友達ができないと感じるときはいつ?

休日に誘う友達がいなかったとき?

飲みに行きたいと思ったときに誘う友達がいなかったとき?

悩みがあるときに相談できる人がいなかったとき?

友達ができないと感じる瞬間は、生きている中で幾度となくある。

でも、それが不幸か幸せかと聞かれたらわからない。

周りの人たちがSNSで楽しそうにしているのを見ると羨ましい。

結婚式に呼ばれているのが羨ましい。

色々な感情が生まれては、消えていく。

私たちは、友達ができないと感じたとき、孤独感を覚える。

それなら、新しい友達を作ってみたらいい。

 

友達ができない人の特徴10個

まずは、友達ができない人の特徴をご紹介します。

友達ができない人には共通した特徴がいくつかあります。

友達を作るためには、自分がなぜ友達ができないのかを知る必要があります。この10個の項目を読んで、何を改善すればいいのか学んでみましょう。

1.一人が好き

友達ができない人の特徴一つ目は、一人が好きということです。

買い物や映画、食事など、全ての行動を一人で楽しめてしまう人は、友達がいなかったり、友達ができにくいことがあります。一人行動をする人は友達ができないことが多いでしょう。

ですが、一人でできないことや、誰かと喜びを共有したいと思ったときに、友達の必要性に気づきます。なので、普段一人行動している人は、少しずつ周りの人を誘ってみると良いでしょう。

2.出会いがない

出会いがないことも、友達ができない人の特徴です。一つの仕事を続けていて、新しい出会いがない人。

仕事が忙しく出会いがあっても全て仕事になってしまう人。フリーランスで常に在宅で仕事をしている人。毎日家事をこなし家にいることが多い主婦。海外に行くことが多く、定期的に人と会えない人など。

様々な人が「出会いがない」と感じています。

出会いがない人は少しずつ外に出てみるようにしましょう。休日家に引きこもるのではなく、外に足を運ぶだけで、様々な出会いが待っています。

3.休日が不定期・仕事が忙しい

出会いがない人の特徴3つ目は、休日が不定期・仕事が忙しいことです。サラリーマンやOLと違い、飲食店で働く人や、美容業界で働く人など、接客業をしている人は土日忙しく、平日にお休みをとります。

なので、学生時代からの友人とはなかなか休みが合わず、疎遠になってしまいがちです。

休日が不定期・仕事が忙しい人は、同じ業界で働く友人を作ってみると、お休みも合い、悩みも共有できるので良い関係性が築けるでしょう。

4.自己開示が苦手

自己開示が苦手な人も、友達ができない人の特徴です。自分のことを話すのが苦手だったり、自分の素の性格を出すことが苦手な人は、友達ができづらい傾向にあります。

さらに、自己開示が苦手な人は、自分のことを話さないので本性が見えづらいのです。なので、相手から信用されずらく、深い関係を築くのが難しいのです。

自己開示が苦手な人は少しずつ周りの人に自分のプライベートや悩み相談などをできるように努力してみましょう。

 

5.人に興味がない

人に興味がないことも友達ができない人の特徴です。

他人に興味がなく、人の話に共感したり、悩みを聞いたりすることができない人は、友達ができても深い関係性を築くことができず、少しずつ友達が減っていきます。

他人に興味を持ったり、仲良くする努力ができないと、友達を作ることは難しいでしょう。

6.悲観的に考えやすい性格

悲観的に考えやすい性格の人も、友達ができない人の特徴です。

悲観的になりやすい人は、「私はどう見えているんだろう」「悪口を言われているかもしれない」「嫌われていたらどうしよう」「私がいると迷惑かな?」と思ってしまいやすく、その考え方から、なかなか深い関係に踏み込むことができません。

悲観的に考えやすい性格の人は、あまり考えすぎず人付き合いをしてみましょう。

まずは『人は皆、誰かに嫌われて、誰かに好かれている』ということを念頭に置いておきましょう。

7.常に無表情で感情が読めない

常に無表情で感情が読めない人も、友達ができない人の特徴です。ポーカーフェイスの人は、感情が読めないので、相手に「この人何考えているんだろう?」と思わせてしまいます。

相手に怪しまれてしまったり、自分たちのことが嫌いなんじゃないかと思ってしまうのです。

周りから自分がどう見えているのか、ということを理解することが重要です。さらに、感情を出すのが苦手な人は少しずつ笑う練習から始めましょう。

8.金銭的余裕がない

友達ができない人の特徴8つ目は、金銭的に余裕がないことです。

金銭的に余裕がない人は外に遊びに行くこともなかなかできず、周りの友人に合わせることが難しくなります。そうなると誘われても断る回数が増えて、誘われなくなってしまいます。

金銭的余裕がない人は、自分と同じ金銭感覚の人や、収入が同じくらいの人と付き合って行くと良いでしょう。

9.自分に自信がない

自分に自信がないことも、友達ができない人の特徴です。

自分に自信がない人は、友達と一緒にいても悲観的になりやすかったり、周りと比べてしまいやすいので、友達が離れていってしまいます。

ポジティブな友達の方が一緒にいて楽しいので、自分に自信がない人は少しずつ自分に自信をつけてみましょう。まずは、自分のいいところを見つけるところから初めてみてください。

10.会話が苦手

会話が苦手ない人も友達ができない人の特徴です。会話が苦手だと、自分のことを人に話したり、相手の話を聞くことができず、関係を築くことができません。

さらに自分から話しかけるのが苦手な方は、相手が話しかけてくれるまで友達ができません。

会話が苦手な人は、まずは笑顔でいることを心がけましょう。緊張している時は相手に露骨に伝わってしまいます。なので、笑顔でいることでその場を緩和しましょう。

 

【異性・同性別】友達ができない10の原因

ここまで、友達ができないと感じるときについてや、友達ができない人の特徴をご紹介してきました。友達ができない人には特徴だけでなく、原因があります。

ですが、その原因は異性の友達か、同性の友達かで全く異なります。そこでここからは、【異性・同性別】友達ができない10の原因をご紹介します。

 

【異性の友達ができない原因】

ここからは、異性の友達ができないことで悩んでいる人に向けて、友達ができない人の原因について5つご紹介します!

1.異性が苦手

まずは、異性と関わることが苦手ない人は、異性の友達ができません。

異性を生理的に受け付けなかったり、「下心があるのではないか」と感じてしまいやすい人は、異性の友達ができづらい傾向にあります。

まずは少しずつ会話から始めてみましょう。会話に慣れてきたら、友達に少し近づきます。

 

2.異性の好みや思考が理解できない

異性のことみや思考が理解できないことも、異性の友達ができない原因の一つです。

異性の好みや思考が理解できないと、相手を理解してあげることができないので、喧嘩してしまったり、好かれることができません。

男性と女性では全く思考が違います。男性脳、女性脳という言葉があるように、性別の違いによて生まれる考え方の違いがあるのです。それを理解し、相手を受け止めることをしてみましょう。

3.男子校・女子校出身

男子校出身、女子校出身の人も異性の友達ができづらい傾向にあります。これは、今まで同性ばかりと関わってきて同性の友達ばかりだったため、異性との関わり方がわからないことが原因です。

少しずつ異性と関わって行くことで、異性に慣れてきて仲良くなることができます。

なので、少しずつ関わってみましょう。まずは、気の知れた友達が連れてくる異性の友達と話してみるところから初めてみるといいでしょう。

4.自分から話しかけるのが苦手

自分から話しかけることが苦手なことも、友達ができない原因の一つです。

相手から話しかけてもらうことを待っているだけじゃ、いつまでも友達はできません。緊張しやすかったり、「話しかけて嫌がられえたらどうしよう」と悲観的になりやすい人は自分から話しかけることが苦手です。

ですが、少しずつまずは挨拶をしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

5.恋人からの束縛

恋人から束縛されていることが原因で、異性の友達ができない人もいます。恋人からの束縛は、恋人と話し合うしかありません。自分自身も異性の友達はいらないと思っているのならいいのですが、今の恋人と付き合う前から仲の良い異性の友達と疎遠になってしまうのは辛いですよね。

そこで、恋人と話し合い、恋人の束縛から逃れましょう。

一番いい手段は、その異性の友達を自分の恋人に会わせることです。

恋人は「自分の彼氏(彼女)が誰かに取られたらどうしよう」と思っています。異性の友達と会わせて「やましい関係はないから大丈夫」と伝えることが大切です。

 

【同性の友達ができない原因】

ここまで異性の友達ができない原因についてご紹介してきました。

そこでここからは、同性の友達ができない原因について5つご紹介します。

1.異性の友達が多い

ここからは同性の友達ができない原因をご紹介します。一つ目は、異性の友達が多いことです。

例えば、女子会でも異性の友達とばかりいる女の子を女子会に呼びたいとは思いません。「あの子は、異性の友達といる方が楽しいんだ」と思われてしまうからです。さらに嫉妬なども含まれてきます。

なので、同性と異性の友達を半々にすることが大切です。異性の友達が多いことは、同性からの嫉妬に繋がります。

2.異性と一緒にいる方が楽

異性と一緒にいる方が楽だと思っている人も、同性の友達ができない原因の一つです。

異性と一緒にいる方が楽な人は、「女同士の愚痴がめんどくさい」「女の子たちの解決しない悩みを話してる時間が嫌い」「男同士の暑苦しい絡みが苦手」「男同士のすぐ飲ませたがるノリが嫌い」など、同性と一緒にいることに対して嫌だと感じている人です。

なので、無理に同性の友達を作ろうとするより、一緒にいて心地良い人といる方を優先しましょう。

3.人を見下しがち

人を見下すことも、友達ができない原因です。人を見下す人は、誰かが悩み相談している時に鼻で笑ったり、自分の自慢話ばかり繰り返します。一緒にいる人や、その場の人が嫌な気持ちになってしまうことで、人が離れていきます。自分が見下されたらどう思うか考える必要があります。

なので、人を見下す人は、友達ができなくて当たり前です。自分の性格を改善しましょう。何を思って、自分より上だ下だと決めているのかわかりませんが、人は十人十色全員違うから美しいんです。上や下などありません。

ナンバーワンではなく、オンリーワンなのです。

まずは、その思考を理解するところから始めましょう。

4.顔面が整い過ぎている

顔面が整い過ぎている人も、同性の友達ができない原因の一つです。

男性はまだしも女性は自分より美人な人や可愛い人を無意識に嫌う傾向にあります。これは嫉妬心からくるもので、羨ましさの表れです。

なので、顔面が整い過ぎている人は自分の顔面をアピールしたり、「可愛い」と言われてきた過去を話さないようにしましょう。反対に「モテないよ」ということはあまり良くないでしょう。

なるべく女性らしい服装より、ジェンダーな服装で会ったりすることで、親近感を感じてもらえます。

 

5.異性にとてもモテる

異性にモテることも、同性の友達ができない原因の一つです。異性にモテていることも嫉妬の対象になります。

「あの子モテるからあまり好きじゃない」と口に出すことはありませんが、羨ましさから冷たくしてしまったりします。男女ともに異性にモテている人は、あまり同性に好かれません。

なので、自分の自慢話や、モテてきた経験はあまり話さないことをお勧めします。

 

友達なんて…と思わないで。

友達なんて、今までもできなかったし、これからもできない。

そんな悲観的にならないで。

一人で強がって「友達ができない自分でも大丈夫」と思わないで。

絶対に自分にあった友達ができる。

誰だって、一人では生きて行けない。

友達ができない原因を理解できああなたは強い。

あとはもう、友達を作る方法を知ればいいだけなんだから。

自分を愛し、相手を愛し、友達ができたら人生はもっと華やかになる。

明るい未来のために、友達を作る方法、学んでみませんか?

 

友達を作る方法8選

ここまで、友達ができない人の特徴と、友達ができない原因についてご紹介してきました。

ここからは、どうしたら友達ができるのかということをご紹介します。自分の改善点を見つけ、一つずつトライしてみましょう。

1.趣味を作る

友達を作るために、まずは趣味を作ってみましょう。これは、休日あまり外に出ない人や、出会いがないと感じている人向けです。

さらに一人が好きな人は一人でできる趣味を見つけてしまいやすいですが、なるべく大勢でできる趣味を作りましょう。

例えば、料理などは一人で楽しめてしまいます。ですが、楽器やゲームやスポーツは、一人でもできますが、大勢でもできます。

趣味を作ることで、趣味つながりの友達ができやすくなります。自己開示が苦手な人も、同じ趣味について話すことは自分のプライベートについて話すことよりも軽い気持ちで会話できるので、まずは趣味を作ってみましょう。

2.新しい環境に変える

友達を作るために、新しい環境に身を置いてみましょう。これは、出会いがない人や休日が不定期な人、さらに会話が苦手な人にお勧めです。出会いがない人には新しい出会いがあります。

休日が不定期な人は休日を合わせやすい仕事に変えることができます。会話が苦手な人は自ら会話をしなければいけない環境に変えることで、少しずつ人と話せるようになっていきます。

新しい環境は、自分の生活や自分の性格を大きく変えてくれます。人と人との出会いの大切さを感じることができるので、環境を変えることは大変お勧めです。

3.自分から話しかけてみる

友達を作る方法の一つに、自分から話しかけてみるというものがあります。

まずは挨拶からでもいいので、自己開示が苦手な人や、会話が苦手な人はまず笑顔で「おはようございます」「お疲れ様です」と話しかけてみましょう。

自分と似た系統の人であれば人は話しかけやすくなるので、自分から話しかける努力をしてみましょう。

最初から「友達を作るぞ!」と意気込んでしまうと、自分の緊張感をさらに煽ってしまうので、まずは軽い気持ちで話しかけてみると良いでしょう。

4.積極的に外に出かける

積極的に外に出かけてみるのも、いいでしょう。新しい友達は、出会いに行かなければできません。

積極的に外に出るようにしましょう。

おしゃれな本屋さんや、アットホームなカフェに行けば、隣の人やお店の人に話しかけやすいので、まずは新しい場所に出かけてみてはいかがでしょうか。

5.SNSを始める

SNSを始めることも一つの手段です。SNSで似た趣味の人に出会ったり、同じアーティストが好きという共通点から出会いに繋がります。

SNSは顔をあわせるわけではないので、会話が苦手な人や、無表情で感情を出すことが苦手な人に最適です。

SNSを利用すると、SNS上で仲良くなってから会えるので、普通の初対面より楽な気持ちで出会うことができます。

無理に、最初から会おうとするのではなく、連絡を何度か重ねてから合うことで、自分の気持ちが楽になります。

6.レッスンや教室に通う

レッスンや教室に通うことで、趣味の合う新しい友達を作ることができます。

どんな趣味を始めようか悩んでいる人は、レッスンや教室に通ってみても良いでしょう。ヨガやピラティスのレッスンに通ってみたり、料理教室に通ってみることで、新しい出会いがあります。

同じ趣味を持っていたり、同じ考え方の人と出会いやすいので、ただ出会うより仲良くなりやすいのです。

 

7.誘いを拒まず、まず行ってみる

誘いを拒まず、まず行ってみることも大切です。誘いに対して「なんか楽しくなさそう」「めんどくさい」「私が行っても意味なさそう」などと考えてしまう前に、まず行ってみましょう。

「行ってみたら楽しかった」「たまにはこういうのもいいかも」「大勢は苦手だったけど、楽しかった」などと思えることもあります。

まずは、行ってみることが大切です。本当に合わないと感じた場合は、途中で「急用で帰らないと行けなくなってしまった」と抜ければ良いので、まずは足を運んでみましょう。

8.感情表現を身につける

感情表現を身につけることで友達を作りやすくなります。

これは、無表情で感情を出すことが苦手な人や、人に興味がない人、会話が苦手な人にお勧めです。まずは笑顔を作ることが大切です。笑顔がないだけで「この人楽しくないのかな?」と思われてしまいます。

なので、まずは感情表現を身につける第一歩として、笑顔を作る練習をしましょう。

楽しい時は、笑っていいのです。あなたが笑うことで、その場が楽しくなることを忘れないでください。

 

あなたを求めている誰かがいる。

友達を増やすことで、毎日が華やかになります。

自分が今まで一人で行動していた時間、少しだけ友達と共有するだけで、外の世界とつながっていることを感じられます。

友達はいるに越したことありません。

毎日毎日友達作りに励む必要はありませんが、友達を増やすことで楽しくなることも事実です。

仕事で忙しい人も、会話が苦手な人も、自己開示が苦手な人も、人に興味がない人も、悲観的になりやすく自分に自信がない人も。

誰だって、同じ悩みを抱えている人がいます。

その人同士で繋がったらいい。

自分の悩みを共有できること。自分の悩みに共感してもらえること。

それは、生きることの喜びにつながります。

誰だって一人じゃないんだから。

あなたを求めている誰かがいる。

それだけは、忘れないで、生きていってほしいのです。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする