2019.03.15

メンタリティ

「逃げ癖が治らない」逃げ癖診断チェック&嫌なことから逃げる癖を治す方法

【目次】
1.逃げ癖とは
2.あなたは逃げやすいタイプ?11項目でチェックして!
3.逃げるって悪いこと?
4.逃げ癖の原因3つ
5.逃げ癖がある人5つの心理
6.【場面別】逃げ癖が出るタイミング
7.逃げ癖のメリット&デメリット
8.逃げ癖を直す方法7選
9.逃げてもいいんだよ。立ち向かってもいいんだよ。

逃げ癖とは

逃げ癖とは、嫌なことがあった時に途中で投げ出してしまうことが癖になってしまっていることを指します。仕事や、勉強、恋愛や人間関係において、一度逃げてしまうと、人は逃げる癖がついてしまいます。

逃げ癖は、諦め癖などにも繋がってしまうので、悪化していく前に、早いうちに治すことをお勧めします。

あなたは逃げやすいタイプ?11項目でチェックして!

「私って本当に逃げ癖があるかも…」と思った方に向けて逃げ癖ある人の特徴をご紹介します。11項目で、あなたも当てはまるかチェックしてみてください!

✔︎ 今までに投げ出した経験がある 

✔︎ 責任感を問われる仕事や役職が苦手

✔︎ いつも最後までやり遂げる自信がない

✔︎ 自己評価が低い方だと思う

✔︎ ミスした時に言い訳をしがちだ

✔︎ 人の上に立つことが苦手

✔︎ 長く続けるとどんどん辞めたくなる

✔︎ 頑張ることが苦手

✔︎ 何事も悪い方向へ考えてしまいやすい

✔︎ 面倒なことは嫌い

✔︎ 諦めが早い方だ

0~3個当てはまった方

逃げ癖があるとは言えないでしょう。基本的に、自分のやるべきことをしっかり理解していて、「一旦やってみよう」とチャレンジできるタイプです。

4~6個当てはまった方

逃げ癖までとはいきませんが、逃げることをこれからも続けてしまうと、逃げ癖がある人になります。一つずつ、改善していきましょう。

7~10個当てはまった方

7個以上当てはまった場合、逃げ癖があると言えるでしょう。自分の責任放棄や、物事の捉え方を変えることで少しずつ改善していけます!

11個当てはまった方

重度の逃げ癖を持っているでしょう。治すまでに時間はかかりますが、一つ一つ丁寧に解消していきましょう。誰しも戦える力を持っています。

逃げるって悪いこと?

『逃げることは悪いことなのか』という問題に対して、逃げることは絶対に悪いとは言えません。場面や場合においては、逃げることも大切です。

自分の心理状態や自分の精神状態が悪い時に、逃げずに戦い続けようと思うと、辛い日々が続いてしまいます。なので、一概に「逃げる=悪いこと」というわけではありません。

 

次は逃げ癖の原因や心理&【場面別】逃げ癖が出るタイミング

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする