2019.03.14

どうせ生きるなら

なんでもかんでも「かわいい」の一言で済ますのやめてくれ。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

かわいい以外の言葉たちが、消えてしまう。

それ、本当にかわいいの?

これ超かわいくない?

そのセリフ、過去に何人の女性から聞いたか計り知れない。

この世に溢れる、莫大な数の「かわいい」。

かわいい!
まじやばくない?
かわいすぎてやばい!!

分かった。

分かったから、一回落ち着いて考えてみよう。

それ、本当にかわいいの?

「かわいい」の基準は何?


あなたにとっての、かわいいってなに?

かわいい人。

かわいい物。

かわいい洋服。

かわいい音楽。

かわいいお菓子。

かわいいメイク。

かわいい動物。

人それぞれ違う「かわいい」に対する軸を持っているはず。

人によってかわいいの感じ方は違うから、もしかしたらみんなが使う「かわいい」は本当にかわいいのかもしれない。

でも、あまりにもかわいいって言葉を多用しすぎじゃない?

大してかわいくもないものに、とりあえずかわいいって言っておこうみたいな節、あるでしょ?

私はある。

思考停止でとりあえず「えーかわいいー」って言ってしまうこと、結構ある。

「まじやばい超かわいい」って言ってしまうこともある。
というか、気付いたら口に出ている。

無意識で発してしまうほど、「かわいい」が染み付いてるのって、ちょっと怖い。

そして何より、悲しい。

だって、「かわいい」以外の言葉たちが、埋もれてしまうでしょう?

「かわいい」以外の言葉たち

かわいい以外にたくさんある言葉って、なんだろう。

例えば、

良い。

素敵。

美しい。

綺麗。

儚い。

脆い。

憧れる。

敵わない。

勝っている。

センスがいい。

一つひとつの対象を絞っていけば、もっと色んな言葉が出てくる。

今私たちの中で全部「かわいい」でひと括りにしてしまっている気持ちは、かわいい以外の言葉でもっと深く表現し、伝えることができる。

私たちは、「かわいい」以外の言葉たちを、もはや放棄しつつある。

そのままでいいのかな。

かわいいで済ませていると


かわいいって言葉は、良い言葉。

大抵の場合、褒め言葉として使われるし、使いやすい。

人を褒める時、物の魅力を伝えたいと思う時に、とても重宝できる。

でも、全部をかわいいで済ませていると、この先どうなっていくんだろう。

私たちは、かわいい以外の言葉を忘れる。

「かわいい」しか言えない大人たちのもとで育つ子どもたちは、

ますます「かわいい」以外の言葉を忘れうるし、そもそも知らずに生きていくことになる。

私、そんなの嫌だ。

せっかくたくさんの表現がある日本語を使うことができるのに、

言葉の魅力を忘れていくのは、絶対に嫌。

「かわいい」を越えて、

その一歩先の言葉を探しにいかない?

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする