2019.03.13

恋の一方通行

【女の嫉妬戦争】その猫なで声、一体どっから出してんの?

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私はただ彼女たちに憧れているんだ。

甘い甘い声色

「え〜そんなことないですぅ〜〜」

「私かわいくないです〜〜」

「○○くん〜これ出来ないよぉ〜〜」

「わかんない〜〜教えてよぉ〜〜」

「どうしたらいいの〜〜」

「わ、やってくれたの!?ありがとう〜〜〜」

「今日はもう疲れちゃったよ〜」

おいおいおい。
そこの女。

お前だよ、お前。
甘えたその声出してる、お前だよ。

その声一体どっから出してんの?

声はしっかり腹から出せよ。

声ってお腹から出すもんじゃないの?


私が生きてきて学んだことの中には、

腹からしっかり声を出して生きていくべき

って記載されているんだけど。

そんなことないの?

だって、お腹から大きい声を出して、

私は強いんだーーーーー!!!!

って叫べる人が偉いんじゃないの?

私は敗北者


でも、私は分かってるんだ。

「猫なで声女VS私」は、完全に私の負けです。

だって、私本当はただ嫉妬してるだけだから。

私には出来ないんだ。

どうやったって、人に甘えることが出来ない。

彼女たちだって

例えば同性に「なんかムカつく」と嫌われたり

例えば「そんなつもりはないのに」と悩んだり

何らかの辛さはあるかもしれない。

それでも、私は猫なで声女たちが羨ましくて仕方がない。

どうしてそんなに甘えるのが上手なの?

女の武器を駆使出来るの?

そんな風に生きているのに、どうして人に好かれるの?

「女らしく」なってしまったら、人に嫌われるんじゃなかったの?

彼女たちを見ていると、私が「人に嫌われないように」と思って作り上げてきた自分の姿に、自信をなくすんだ。

私が考えて、悩んで、苦労してきたこと「そんなの全部無駄だよ」って言われてるような気分になるの。

結局私は自分の生き方に自信がなくて、「これでいいんだ」とも思えなくて、だから自分がなれなかった彼女たちを批判したくなるんだ。

私は、猫なで声の彼女たちに、嫉妬しているだけなんだ。

猫なで声を出さなくても

あなたも、猫なで声を出してみんなに甘えてみたら?

ううん、いいの。
私にはその勇気はないし、これまで蓄積してきた「強い私」のイメージも、もう実は自分の一部になっている。

自分で作り上げた私の姿も、私の一部としてここに残してあげるつもり。
ここを変えていくつもりはもうないの。

私はきっとあなたに嫉妬し続けるけれど、あなたになることはもう望まない。

私は私にとっての「強さ」を高めていく。

あなたが絶対に追いつけないところまで、行ってみせる。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする