2019.03.12

我慢しまくってあなたに合うフリしてたんだから、報われろ、私。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

「我慢」って偉いんじゃないの?

繕った姿の私


貴方の前で、見せていた私の姿。

貴方にとってはそれが当たり前で、そんな私しか知らないでしょう?

あれはね、本当は全部繕っていたの。

演じていたの。

貴方によく思われたくて、我慢をしまくっていたの。

分かったフリをして


「あ〜なるほど。」
「そっかあ。」
「すごいなあ。」
「うんうん、分かる。」
「良いよね!」

なんでもかんでも、分かったフリをした。

分からないものは、全力で調べた。

貴方の言ってること・持っているもの・好きなもの。

全部、知ろうと頑張った。
私も追いつこうと頑張った。

大丈夫なフリをして


悲しかったこと。
辛かったこと。
傷ついたこと。
苦しかったこと。

傷ついても、「傷がついたよ」って言うことは出来なかった。

「大丈夫?」って聞かれたら、「大丈夫じゃないよ」って言うことは出来なかった。

「なんで泣いてるの?」って聞かれたら、「ごめんね」って言うことしか出来なかった。

我慢してないフリをして


我慢してほしいって言われたことはない。

だから、勝手に我慢してた。

「我慢してる私、偉いでしょう?」って顔をしていた。

みんなに「偉いね」って言われるのが気持ちよかった。

もしかしたら、我慢することに居心地の良さすら覚えていたのかもしれない。

外ヅラはそんな自分を演じていて、結局貴方の前で我慢するのは、辛かった。

大切じゃないものの前での我慢はいくらでも出来たけど、

大切なものの前では、素直になれない自分で居るのが苦しかった。

そしていつの間にか、「我慢してるんだから報われてよ」なんて考えるようになっていた。

私は自分で勝手に我慢していたのにね。

分かってなかったし我慢してたし大丈夫じゃなかった


本当は、何にも分かっていなかった。

貴方が言うことはいつも何だか難しいような気がしていたし、

貴方が大切にしているものの価値は私には分からなかったし、

貴方が好きなタイプの女の子に、私は本当はなりたいと思えなかった。

好きになってしまったら、負け。

この言葉どおりに、私は貴方に負けてしまったから、あとは全部我慢するしかないと思っていた。

貴方に向けたキラキラしていた私の眼差しは輝いていたかもしれないけれど、
貴方の輝きが反射してそう映っていただけで、
そこに私の姿は何もなかったし、そんな私はただの虚構でしかなかったの。

本当に謝るべきなのは、きっとこうだよね。

貴方の前で、素直になれなくてごめんなさい。

貴方と本気でぶつかることが出来なくて、ごめんなさい。

分かっているフリをして、

大丈夫なフリをして、

我慢が出来ているフリをして、

貴方から逃げ続けて、ごめんなさい。

私、もう我慢はしない。

貴方の眼差しの反射に頼るのはやめる。

私は、自分の目を輝かせるね。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする