2019.03.12

恋の一方通行

「やっぱりなんでもない!」だけで気付いてよ。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

なんでもなくない貴方には、分かってほしかった。

「なんでもない。」

「ねえねえ」

「ん?なに?」

「あーやっぱなんでもない!」

なんでもない。

なんでもなくない。

でも、なんて伝えたらいいか分からないし、本音さらけ出したら貴方に嫌われそうだから。

私の「なんでもない」は、

「なんでもない(って言いたいけど本当はなんでもなくなくて、絶対聴いてほしいことなんだけど、でも貴方に怒られたり嫌われたり幻滅されるのが嫌で怖くて不安で、だから結局なんでもないって言ってしまうんだけど、本当はこの気持ちさえ汲み取ってほしいんだけど、伝わるかな?伝わって?というか読み取って?お願い。)」

の省略形です。

お願い、気付いて。

この一言で、全部汲み取ってくれ。

最後のサインに気付いて?


いや、分かる。

クソほどだるいってことは、重々承知している。

でも、気付いたら口を走る、「なんでもない」。

なんでもない(と思いたい)

なんでもない(ことにしておきたい)

なんでもない(だったら良いのに)

なんでもない(ようにしてほしい)

分かる?

この一言は、私にとって最後のサイン。

「助けて」って言えない私が、せめてもの力を振り絞って言うセリフなの。

本当は言いたくないよ。

だって、貴方は私のこの言葉が大嫌いなの知ってるもん。

なにそれ。なんでもなくないじゃん。

もうこの言葉で突き放されるの、嫌だもん。

だから私だって言いたくない。

「なんでもなくない。」


そうだよ、本当はなんでもなくないの。

じゃあ、言ってもいい?

貴方が毎日連絡を取ってるその女の人は誰?

どうしてデートスポットの話をしているの?

貴方が今日会っていた女の人は誰?

どうして私以外の女の人と平気で二人で遊びに行くの?

私に干渉してほしくないのはなぜ?

私が干渉するとなにか迷惑なことでもあるの?

こんなことすら聞いちゃいけない?

こんなこと聞いたら貴方はまた怒るでしょう?

じゃあ私はどうしたらいい?

嫌なものは嫌だし、許せないものは許せないよ。

だから「なんでもない」って言葉で濁しているのよ。

…こんなこと言ったら、貴方と私が一瞬で終わりなの、分かってるから。

だから言えないんじゃない。

悲しい思いのやり場に困って、最後の最後に、「なんでもない」って言ってしまうんじゃない。

お願い、汲み取って。

なんでもない話をしよう。


もしかしたら、貴方にとってはこんな話、本当に「なんでもない」のかもしれないね。

私がこんなこと思っていても、どうでもいいもんね。

自分が一番だもんね。
自分は悪くないんだもんね。
いつだって悪いのは私だし、変な方向に変わっていくのも私だし、謝るべきなのは私だもんね。

分かった。

こんな私でごめんなさい。

貴方にとっての「なんでもない」は、私にとっての「なんでもなくない」です。

せめて「なんでもない」話として、会話をしてほしかった。

それさえ叶わないようなので、私はもうここを去るね。

私にとって、貴方なんて「なんでもない」存在になるように。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする