2019.03.07

大好きなので、別れましょう。

積み上げてきたもの、積み上がらなかったこと。

多分、長く続いた方だと思う。
あまり人に知られていない関係だったとしても。

お互いSNSにカップルとしての何かを載せることはなかったし、
ツーショットも撮ることはほとんどなかった。

優先順位は友達だったし、仕事だったし、連絡だってちょうどいいくらいの頻度。

お互いの相談や愚痴は黙って聞いて、発散するだけ。

それでも好きだったし、お互いの距離感もきっとちょうどよかったし、好きだった。

だから、別れた。

まだ、完成しないまだまだ積み重ねられる猶予を残して。

何も不満のない関係が良いのかと言われれば、私は答えられないけれど、少なくとも私は、良いと思っていた。

だから、続かなかった。

それでいいと思ってしまったから。

見えなかったもの、言えなかったこと。

浮気の心配なんてしたことがなかったのは、確かに感じられる「好き」を日々痛感していたからだし、
とやかく言わなかったのは、言わずともお互いの距離感に困ったことなどなかったから。

ときめかないことは悪ではないことを私たちは知っていたし、知っているつもりでもあった。

言えないのか、言わないのかももうわからなくなってしまうくらいに、私たちは一部だけ溶け合っていた気がする。

だから、お互いの本音も建前もわかったようでわからなかった。

わかっているようでわからなかった。

浮気の心配なんてしたことがなかったのは、確かに感じられる「好き」を日々痛感していた(気がした)からだし、
とやかく言わなかったのは、言わずともお互いの距離感に困ったことなどなかった(気がした)から。

ときめかないことは悪ではないことを私たちは知っていた(気がする)し、知っているつもりでもあった(気がする)

全て、「気がする」だけの私の、彼の、思い込みだったかもしれないけれど。

大好きなので別れましょう。

好きだった期間は短かった気もするし長かった気もする。

ただし、終わるときは、あっという間だ。
1分もしない。

大好きな人との別れは、多分辛いし多分悲しい。

でも同時に、とても簡単だ。

どこかで、「まあ、そうだよな」とも思っているし、
「こんなもんなんだな、別れるのって」と思ったりする。

大好きだから別れた。
嫌いになって、腹が立って、縁を切りたいと思う前に、別れた。

これから加速していくであろう、「嫌いなところ」で「腹の立つところ」で彼を選んだ自分のことを卑下したくなかった。

大好きなうちに終わらせれば、そんなことはなくて済む。
大好きなまま。いいところをたくさん知ったまま。優しい言葉をもらったまま。

「私たちはいいカップルだった」という前提で。

そのままの彼で留めておける。
嫌なところに挟まれてオセロのように一つ一つ、塗り替えていく必要はない。

何より私は傷つかない。

だから別れた。傷つきたくなくて。

「なんで別れたの?」
「大好きだから、別れたんだよ」

の一言で、全て収まるうちに。

mayan
mayan
ファッション雑誌とメディアのライター。 「女の子が幸せになる未来があればそれでいいです。」

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする