2019.03.06

尽くす女がモテる時代は、もう終わった。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私が尽くすわけないじゃん。お前が尽くせ。

尽くす女は「かわいい」。


尽くす系女子。

良妻賢母。

昔から、「尽くす女」に対するポジティブイメージは強いように感じる。

ここで、一つの説を提唱したい。

尽くす女がモテる時代って、もう終わったっしょ?

今モテるのは、男に尽くされる女。

男たちが、「ハイ、喜んで!」と尽くしてくれる女。

ついつい尽くしてしまう全国の女性に投げかけたい。

まだ「尽くす女」で消耗してるの?

「尽くす女」は、モテない。


あなたが例えば、尽くす女だったとして。

尽くすことで、満足する?

尽くしたら、それで十分?

「見返りが欲しい」って気持ちは微塵もない?

そう思おうとしているだけで、本当は心の奥で、ちょっと疲れてしまっていない?

どうして私はこんなに色々しているのに。

彼は何もくれないのかな。

私はいっぱい想っているのに、何も帰ってこない。

お返しが欲しいよ。

こんな言葉、心の底にあるんじゃない?

「彼はなぜ何もくれないのか」。

その答えは、とっても簡単。

あなたが、「都合のいい女」だから。

何もしなくても、勝手に尽くしてくれるから。

尽くす必要も、メリットも、ないから。

だから男は、何もしない。
当然、尽くす気なんて、サラサラない。

「尽くされる女」になる方法

じゃあどうしたら尽くされるのよ!?

って、尽くす女たちからの怒りの声が聞こえてくるので、尽くされる女になる方法も書いていくね。

その1:「ありがとう」を言う。言いまくる。

とにかく感謝しまくろう。

例えば、いつもは連絡をこまめに来れない男が、報告の連絡をくれた時の、回答。

尽くす女はなんて答えるでしょうか。

「いっつもこんな風に、こまめに連絡くれたらいいのに〜笑

はい、NGですね。

こまめに連絡することを強制されているようで、「重い」「だるい」「面倒くさい」の三拍子揃っちゃってる。

しかも、連絡を待ってるよね。
結局いつも待ってる側になってる。

待つんじゃねえ、待たせろ。

一方、尽くされる女の回答。

「連絡ありがとう!○○くんの状況分かって安心した。無理はしないようにね!」

はいこれ来た〜!

「ありがとう」という感謝の気持ちに加えて、「無理しないで」の気遣い。

これって尽くしてるんじゃないの?という声が聞こえてくる。

いやいや、違う。
まずは導入として、褒めるんだよ。

あくまでこれは導入だから。

その2:尽くす喜びを男に植え付ける

感謝と気遣いで男が喜んだら。

それを成功体験として、男に植え付けよう。

連絡したら、こんなにも喜んでもらえるんだ…!

俺を気遣ってくれるんだ…!

しかも、連絡を強制してこない。

うーん、喜んでもらいたいし、今日も連絡してみようかな…!

はい、ここまで思わせたら完全勝利が見えてきた。

男が「尽くしている」って感覚なくして、尽くしはじめる。

連絡に限った話じゃない。
いくらでも汎用可能。

部屋の片付け。

掃除や洗い物の家事。

デートプランの提案。

もう何でもこれですよ。

男は、尽くすことにメリットがあれば、いくらでも尽くす。

「尽くす喜び」を、相手に与えてやれ!


あなたが尽くしすぎて恋愛が上手くいかないというのであれば。

自分が感じる「尽くす喜び」を、相手に全部共有しよう。

自分が尽くすことからは、一旦離れて。

尽くされる女になってみよう。

そのうちあなたは、尽くす気持ちに加えて、尽くされる喜びまで知ってしまう。

それって、思いやりの両方向を知っているってことでしょう?

なんて素敵な人間でしょう。

尽くすだけじゃなくて、尽くされる喜びも、取りに行こう。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする