2019.03.06

メンタリティ

「知ったかぶり」をすればするほど、人生損するよ。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

「知りません」のたった一言を、言う勇気。

知らないことと、どう向き合う?

他人と会話していると、必ず出てくる話題。

自分が知らないこと。

この世のすべてを知っている人間なんて居るわけないんだから、誰だって自分が知らないことが会話に出てくることはある。

もし、自分の知らないキーワードで会話が繰り広げられていたら。

あなたはどう反応する?

特技:「知ったかぶり」

昔の私は、「知らないです」「分かりません」と言うのが怖かった。

こんなことも知らないの?と軽蔑されるのが怖かったから。

こんな問題も分からないの?と先生に見損なわれるのが怖かったから。

だから、知らないことも知っているフリをした。

曖昧な態度を取って、深く突っ込むこともせず、自分の主張もしない。

そんな態度でしれーっとやり過ごした。

やり過ごせているつもりで、きっと気付かれていた。

この子、知ったかぶりしてるんだろうな。

「知らない」と言う勇気

そんな私も、たくさん学んでいるうちに、気付いた。

知らないことよりも、知ろうとしないことの方が恥ずかしいんじゃない…?

知らなかったら、知ればいい。

分からなかったら、学べばいい。

知ったかぶりをして、その場を乗り切ったとして。

そのあと、ちゃんと勉強すればいいけれど。

あとで自分で学び直すのは、ハードルが高い。

だったら、知っている人に聞けばいいんだ。

たった一言。

○○って、なんですか?

知らないことを、知りませんと言う勇気。

ちょっとの勇気を持てば、一歩前に歩き出せる。

知ったかぶってると一生損するよ

私はもう、知ったかぶりをしない側の人間。

知らなかったら、

「知らないのであとで教えてください!」
「知らないので勉強してきます!その後お話させてください!」

とお伝えする。

分からなかったら、

「分からないので教えてください!」

と聞く。

「まずここまで勉強してきてから聞いて!」

って言われたら、こっちのもん。
勉強の方法を、知っている人から教えてもらえるわけだから、超ラッキー。

これが、知ったかぶる側の人間だったら、どうなるだろう。

知らなかったら、

「うんうん」
「あーそうだよねw」
「あ、分かる分かる!」

こんな曖昧な表現で濁して、頭の中は

「○○ってなんだ…?」

がグルグル巡って、話には集中できない。

あとで調べればいいやと思って、その「あとで」がやって来た時には、
「〇〇」を忘れている。「調べよう」と思っていたことを忘れてしまっている。

結局、彼の中で「〇〇」はなかったものになる。

これって、学びの機会損失。

「学び」なんて大きな言葉を使わなくても、もしかしたら自分を変えてくれる何かだったかもしれない「〇〇」を、知らずに終わってしまう。

毎日毎日この繰り返し。

完全に、人生損するよね。

「知りません」と言う勇気


私たちは、きっと生きるのが上手じゃない。

「自分は生きるの得意なんですよね〜」なんて自ら言える人って、ほとんど居ないでしょう。

生きるのが上手じゃないからこそ、上手に生きるための手段は取り入れるにこしたことはない。

上手に得して生きる手段の一つ。

それが、知ったかぶりをやめること。

知ったかぶりをやめて、人生得をしながら、生きていこう。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする