2019.03.05

メンタリティ

マウンティングの意味と特徴!マウンティング女子あるある&対処法

マウンティング 意味

ここ2,3年でよく使われるようになった「マウンティング」「マウント」という言葉。ドラマ『ファーストクラス』などを中心にテレビでもマウンティングという言葉がよく使われるようになりました。

マウンティングとは、相手の発言に対して自分が優位に立つために馬乗りになる様子を指します。
男性のマウンティングは、主に仕事や学歴、地位や名誉、収入や女性関係で自分の格を上げようとします。女性のマウンティングは、主に生まれ持った容姿や収入、服装やメイク、恋愛や仕事などで自分の格を上げようとします。
さらに、相手を勝手に格付けし、自分より上か下かで判断することを、一般的にマウンティングと呼びます。

そこで今回は、マウンティングする人の心理や特徴、マウンティングあるあると対処法をご紹介します!

マウンティングする人の心理

⑴自分のコンプレックスを隠そうとする

自分のコンプレックスを隠すために、マウンティングする人もいます。相手にマウントを取ることで、自分のコンプレックスを隠し、自分の方が価値が上だと見せようとします。自分のコンプレックスを人に話せないタイプや、負けず嫌いの人は、相手に舐められないようにマウンティングしてしまうのです。

⑵承認欲求が強い

人に認められたいという欲求が強い人はマウンティングしやすい傾向にあります。周囲の人に愛されたい。羨ましいと思われたい。そんな心理から、マウンティングしてしまいます。会話の中だけでなく、InstagramなどのSNSでも周囲に羨ましいと思われたいがために、パーティーの写真や、彼氏との写真、匂わせるような写真などを投稿をしてしまう人もいます。

⑶他人に負けたくないという心理

負けず嫌いで、プライドが高い人は、他人に負けたくないという心理からマウンティングしてしまいます。自分が収入で負けていたとしても、「仕事はお金じゃない」と言ったり、彼氏がいなくても「彼氏に頼るなんて子供」なんて発言をして、周囲の人間を下げるようなマウンティングをします。

⑷どこに行っても一番になりたい

自分が会話の中心にいたい。自分がいつでも一番でいたい。という、ナンバーワンタイプの人は「私がこの中で一番だ」と、勝手に周囲の人間を格付けし、マウンティングしてしまいます。これは、女性だけでなく男性にも多い行動で、承認欲求を超えた先にある心理です。

【男女別】マウンティングする人の特徴

〜男性〜

⑴過去の栄光にすがってる

出身大学で競おうとしたり、海外留学経験や、自分が過去に成し遂げたものにすがっている人は、マウンティングしやすい傾向にあります。過去の栄光にすがる男性は、実はコンプレックスを抱えていることや、今の自分の現状に満足していない人が多く、周囲に舐められたりバカにされたくないという気持ちから、マウンティングしてしまいます。

⑵仕事や勉学の自慢話が多い

仕事で執行役員をしていたり、会社経営している自分は平社員の友人より上だと勝手に格付けし、自慢話を繰り広げます。誰かが仕事のストレスや悩みを話した時に、「経営の立場になると大変だよ」とか、「休みがあるだけで羨ましい」などといったマウンティングをします。学歴で競おうとしている人は、「いい大学出てると、就職しても期待されちゃって大変なんだよね」など、自分が期待されている人間だということを周囲にアピールしてしまいます。

⑶年収や功績の自慢を自虐しながら話す

収入の高さは男の格だと勝手に思い込んでいる男性は多く、「いい会社入るとやっぱり年収いいけどさ、忙しいんだよね」「管理職になってから収入は上がったけど、部下が増えちゃって…俺いないと会社回らないし大変だわ」などの自慢を自虐しながら話します。一番厄介なのが、自虐しながら自慢してくる点です。率直に「収入が上がったことを祝って欲しい」と言えばいいところを、あえて自虐して話すことによって、より自慢ぽく聞こえてきます。

⑷自分の周りの人間の自慢で自分の価値を上げる

自分の自慢ではなく、自分の身の回りの人の自慢話をすることで、「自分はこのレベルの人たちと仲が良いんだ」というアピールをしながらマウンティングする男性も多くいます。自分に自信がなく、自分に自慢できることがない人は周りの友人を使って自分の価値を上げようとします。

⑸自分より下だと思っている人の話を鼻で笑う

勝手にマウンティングして自分より下だと思っている人の真剣な話や、悩み事を鼻で笑ったりします。「俺からしたら、そんなの小さな悩みだよ」って言ったり、「まだそんなことで悩んでるの?」など、相手が嫌な思いする発言をしてしまいます。

⑹自分にコンプレックスがある

自分の容姿や、収入や学歴、男性としての価値が低いと気づいていて、コンプレックスを抱えている男性は、自分のコンプレックスを隠すために、あえてマウンティングします。自分が周囲の人間に「ダメな人間だ」とか、「自分より下だ」と思われたくないからこその行動です。

⑺負けず嫌いでプライドが高い

負けず嫌いでプライドが高い男性は、すぐマウンティングします。先ほどのコンプレックスがある男性とは正反対で、自分に自信があり、自分が一番だと思っています。なので、マウンティングして、自分の話ばかりしたり、他の人が話している時にバカにしたりします。見るからに自信満々な人は、「この人マウンティングするタイプだな…」と思っても良いかもしれません。

 

次は女性編とマウンティング女子あるある→

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする