2019.03.01

どうせ生きるなら

「楽しいことないかな…」と思う人の特徴や心理は?楽しいこと31個大公開!

「楽しいことないかな…」

「楽しいことないかな…」「面白くないな…」「人生つまらないな…」と思っている人は意外と多いのです。現状に満足していなかったり、今の人生を全力で楽しめていないと、毎日をつまらなく感じてしまいます。

淡々と流れる日々に嫌気がさしてしまったり、何処か物足りなさを感じてしまう人に向けて、今回は「楽しいことないかな」と思う人の特徴や心理を探りながら、楽しいことを31個ご紹介します!

楽しいことないかなと思う人の特徴

趣味がない

楽しいことを探している人に共通しているのは、趣味がなかったり、趣味が極端に少ないことです。読書やカメラやスポーツや料理など、様々なものがある中で、自分は何がしたいのか、何をしてみたいのか、わからない人は趣味を持ちづらいのです。まずは、一つ一つに興味を持って取り組んでみると、楽しいことへの出会いが広がります。

ネガティブ思考

ネガティブ思考で落ち込みやすい性格の人は、楽しいことがないと感じてしまいやすい傾向にあります。楽しいことをしていても、楽しいと感じられないことが多いのです。ネガティブ思考はなかなか変えられませんが、楽しいことを見つけることで一歩前進できるでしょう。

劣等感を感じやすく、人が羨ましく見える

今の時代SNSが発達しているため、周りの友人がどこで何をやっているのかプライベートがたくさん見えます。友人が、楽しそうに飲んでいたり、旅行に出かけていたり、恋人と仲良さそうにしているところを見ると、劣等感を感じてしまい、自分にも「楽しいことないかな」と思うのです。

寂しさや、孤独を感じている

「楽しいことないかな」と思う人に共通しているのは、一人で寂しいと感じていることです。友達が少ないから楽しくない。出かける機会が少ないから楽しくないと感じてしまいます。ですが、楽しいことの中には一人でも楽しめるものがたくさんあるので、一つずつ挑戦してみると良いでしょう。

楽しいことないかなと思う人の心理

現状に満足していない

心理としては、現状に満足しておらず、人生を楽しいと感じられていないことが多い傾向にあります。これは、今の自分に満足していないのではなく、今の日常に満足できておらず、仕事は楽しいけどプライベートが充実していない状態の時に「楽しいことないかな」と思うのです。

毎日が淡々としている

毎日、朝起きて会社に行き帰宅してご飯を食べて寝る。というルーティーンができていて、変化がない状態の時に人は「楽しいことないかな」や、「新しいことを始めたいな」と思います。淡々とした日常の中に少しでも面白いことや幸せを見つけ出せると、毎日が楽しくなります。

刺激を求めている

生活が単純化していて、毎日が淡々としていると、人は刺激を求めようとします。刺激を求めることで、楽しさに出会う機会が増えます。

新しいことを始めたい

趣味を持ちたかったり、特技が欲しいと思った時に、人は新しいことを始めようとします。様々なジャンルの中から自分にあったものを見つけ出し、新しいことを始めると楽しさにつながります。

楽しいこと31個大公開!

1.旅行をする

旅行は一人旅行でも、友人と行っても楽しめます。どこに行くか、いつ行くか、など考えるだけでも楽しい旅行はオススメです!近場であれば2~3万円から行けるので、サクッと小旅行して、旅行を趣味にするのも◎

2.カフェ巡り

コーヒーや甘いものが好きな人には、表参道や青山、原宿や渋谷、下北沢や高円寺など、おしゃれなカフェや小さな古民家カフェなど、様々なカフェを巡るのがオススメです。たくさんのカフェを巡ってコーヒーを飲み比べしてみるのも楽しいです!

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする