2019.02.27

どうせ生きるなら

自分の人生、傍観しながら終えるつもり?

ぼんちゃ

ぼんちゃ

ステージなんて上がったもん勝ち。上がらないと、そもそも何も始まらない。

舞台に上がる理由

何度も上がった、ステージの上。

緊張して、顔は強張ってしまう。

いつもどおりの自分の演奏なんて、なかなか出来ない。

無我夢中で演奏して、気付いた時には曲はもう終わっている。

それでも私がステージの上に立ちたかったのには、きっと理由がある。

きっと私は、自分の人生を傍観して居たくなかったのでしょう。

「人生」という舞台の上で、あなたはどう生きる?

怖い怖い、ステージの上。

誰でもステージに上がったことはあるはず。

お遊戯会での発表。

入学式や卒業式での、証書授与。

クラスのみんなの前で意見を言うのも、一つのステージ上。

ステージの上って、緊張するよね?

まったく緊張がない人なんて、本当にごく少数なんじゃないかしら。

私は過度に緊張するタイプ。
それでも、好き好んでステージに上がってきた人間。

音楽が好きだったから。

毎年のピアノの発表会は、2歳の頃から16歳まで上がり続けた。

吹奏楽部のコンクールや演奏会も、何度経験したか分からない。

バンドを始めてからは、日常的にステージの上に立つようになった。

自分で好きで上がるのに、緊張してばかりで、多分寿命はめちゃくちゃ縮んだ。

またあの上に立たなきゃいけない…。

嫌だ、失敗したくない…。

逃げたい…やめておけばよかった…。

降りた瞬間。

でも、いざステージを降りた瞬間。
こんな風に思っているんだ。

また演りたい。

また舞台に上がりたい。

次は何を演奏しよう。

次はどんな自分を魅せよう。

だから私は、音楽の虜になった。

ずっと音楽と共に生きてきた。

演奏を聴いているだけでいいの?

あなたは、好きな歌があったら、歌いたくならない?

私はなる。
そして、歌う。

あなたは、好きな音楽があったら、演奏したくならない?

私はなる。
そして、演奏する。

あなたは、目の前にステージがあったら、その上に立ちたくならない?

私はなる。
そして、立つ。

そこは、私の「人生」のステージ。

ずっと目の前にあり続ける。

誰しも、自分の目の前にいつでもステージがある。

それは、「人生」。

人間一人ひとりに等しく用意されているステージ。

自分の人生を、傍観しながら人生終えるなんて、悲しくない?

私は、他人の演奏を聴いているより、自分が演奏している方がずっと楽しい。
同じくらい、苦しい。辛い。
逃げたくなることも、逃げることもある。

それでも私は、観客ではなく、ステージの上に立ち続ける人間であり続けたいの。

あなたも、一歩足を前に出してみて。

ステージはそこにあるから。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする