2019.02.26

現実逃避

実家のベッドは、あの日のままだった。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私は結局あの日のまま、何も動けなかった。何も出来なかった。無力を思い知らされた。

この家から出ていきます。

ちょうど一年前の今頃。
私は、実家を出た。

シェアハウスで家を出ていた時期はあったけれど、一人暮らしは、初めて。

会社の通勤が辛かったから、というのも実家を出る大きな要因の一つだったけれど。

私は実家から出なければいけないと思っていた。

何故って?

私の居場所は実家にしかなかったから。

私はここを失ったら、どこにも行けないと思っていたから。

自分の居場所は、自分で作らないといけないと思っていたから。

そんな思いを抱えながら、私は実家を離れた。

自分の時間。自分だけの生活。

実家を離れた私は、自分だけの時間と暮らしを手に入れた。

なんだか大きな解放感があった。

私は一人で生きていける!なんて思ったりもした。

それと同時に、いつでも帰れる場所が出来た安心感を感じた。

実家は、それまでの私にとって、毎日帰らなければならない場所だった。

でも、一人暮らしを始めてから。

実家は、いつでも帰れるけれど、帰らない場所に変わった。

私はここに居なくても、生きていけるのね。

何も変わってなんていない

たまに実家に帰って、自分のベッドで寝ているとね。

突然大きな闇に飲まれるような感覚に陥るの。

そして、突然。

時間が巻き戻されたかのように、昔の自分が出てきてしまう。

このベッドの上で、苦しんだ時間。

泣き叫んだこと。

辛くて辛くて、もがいて、足掻いて。

どうしようもない闇に包まれていたこと。

その全てが、突然戻ってきてしまう。

私は、何も変わっていない。
いつまでも私は、ここに縛られているままだ。

昔のままでも、いいの。

今でも私は、実家のベッドで一人で眠るのが、とても苦手。

なるべく避けてる。避けたい。

まだこのベッドと向き合うほど強くなれていないから。

でも、いいの。

実家に居る私は、あの頃のままでも、いい。

あの頃の私は、たしかに死んでいた。

心が死んでいた。
心が死んだせいで、身体も死んでしまって。
全身ボロボロだった。

それでも、私は生きていたから。

だから私は、今も生きているの。

辛かった過去を美化することなんて、私には到底出来ない。

病気になったから、私は強くなれました!
病気になって、私は変わることができました!

そんな美談を語る気は一切ないわ。

でも、辛かった時の私も、生きていたの。

自分が生きていた時間を否定しながら生きるのは、辛くない?

「自分を自分で認めてあげよう!」

なんて言ってるくせに。

過去の自分を否定してしまったら、今の自分も否定することにならない?

実家のベッドに居る私も、私だから。

だから、このベッドの上に居る私も、私でいいの。

ここに居たことは、紛れもない事実だから。

私は、ここで毎晩眠っていたの。

このベッドに染み込んでいる私の涙は、私が生きた証。

このベッドの沈みは、私が動けなかった頃の記録。

どんなに辛くて苦しくても、このベッドは、いつでも私を受け止めてくれた。

ありがとう。

いつか君の上で、ゆっくりと眠れる位になって、また帰ってくるから。

「おかえり」って、大きな身体で、迎えてね。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする