2019.02.24

メンタリティ

閉じた目から、溢れる涙

あーやん。

あーやん

閉じた目から溢れる涙は、人生の結晶として消えなきゃいいのにな...

目は閉じたのに

夜中、眠れないことがよくある。

目は閉じているのに、脳みそは起きていて、嫌なことばかり、不安なことばかり、頭の中でぐるぐる回る。

目を閉じているのに2時間眠れない日が続いている。

なせこんなにも不安を抱えながら生きているんだろうと思うほど、眠れない。

不安材料は一つずつ潰したいと思う。

でも、潰すことすらできない。

不安はどんどん膨らんで、気づいたら自分を追い込むには十分な状態になっている。

脳内バランスが崩れていることはわかってる。

でも、夜中になると不安で溢れてしまうんだ。

 

不安だ。辛い。苦しい。悲しい。

 

なんでこんなにも毎日嫌なことばかりなんだ。

 

生きていくことは難しい。

 

生きていくことは私には向いてない。

 

そんな言葉が頭の中でぐるぐる回る。

 

明日も無事生きれるだろうか。

 

朝が来たら、また頑張らなければいけないのか。

 

お願いだから、私を置いていかないで。

 

そんな言葉が頭の中でぐるぐる回る。

寝不足の毎日

結局深い眠りにつけないまま、嫌な夢を見て寝不足な毎日が続く。

いいことなんて何一つない。

わかっているけれど、それでも眠るということが難しい。

寝不足な毎日の中で幸福なんて訪れるはずもなくて。

「あぁ、快晴な空を見て幸せだと感じられる人間になりたい」と思って空を見上げるようになった。

寝不足な私は最初の頃「眩しすぎて死ぬ」って思っていたけれど、気づいたら空が晴れているだけで幸せになれた。

きっと、幸福の感度はこうやって高くなるんだって思った。

でも、反対に夜になるとまた訪れる。

目を閉じているのに涙が溢れて止まらなくなる恐怖が。

私は、「何にそこまで怯えているの?」

いつか思ったことがある。

「私がどうなろうと、人は見ていない。誰も気にしていないんだから、生きたいように生きればいいんだ。」って。

でも、反対に思った。

「誰にも見てもらえない人生なんて、辛くてやっていけそうもない。」って。

生活循環がおかしいことなんてわかってる。

だからメンタルが崩れてしまうんだってこともわかってる。

でも、じゃあどうすればいい?

どうしたらいいの?

閉じた目から、溢れる涙

きっと、人は涙の数だけ強くなれる。

あの言葉は本当だと思う。

何も臆することはない。

涙にくれる夜があったっていい。

涙が溢れる毎日が続いたっていい。

それだけ、強くなれるから。

何かに期待しているから怖くなるんだ。

何かに真剣に向き合っているから不安になるんだ。

いいんだ、生きてるんだ。

これが生きるってことなんだ。

これが、人生なんだ。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする