2019.02.21

現実逃避

【裏垢女子】アカウントを切り替える時、私は別の人間になる。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

裏垢に居る私も、私として懸命に生きています。

裏垢女子

裏垢なんて、いくつあっても足りない。

数を数えたら、大変なことになる。

「裏垢」にはなんとなく陰湿なイメージがある?

分かる。

裏垢女子張本人の私でさえ、「陰湿」な感じがする。

でも、裏垢って、私にとっては生きる形の一つなの。

アカウントが切り替わる時。
私は別の人間になる。

私は多重人格。

私は、裏垢女子。

表の私

表の私は、きっと明るい。

陽気で、人あたりはまあまあ良くて、強そうで、自分を強く持っていそうで、芯を持って歩いている。

見た目もそれなりに華やかで、清潔感もあるほう。

人に意見を言うことも出来て、自分を曲げない。

きっと、ちょっとカッコいい。

清々しく生きている。

こんな表の私も、私自身。

裏の「明るい」私

裏の私も、きっと明るい。

綺麗に言葉を綴ろうと固くなっている私ではない。

くだけて、ふざけて、たくさん笑って、毒を吐いて。
汚い言葉でふざけあって。

気を遣うことがなく、ただ気ままに過ごしている。

きっと、ちょっと黒い。

裏で明るくふざけている私も、私自身。

裏の「暗い」私

裏に居る私は、きっと暗い。

暗くて、陰湿で、ジメジメしていて、メソメソ泣いていて、誰も信じることができない。

私一人では何も出来ないことを知っていて、
表の自分とあまりにも姿が違うから、
なかなか他人には姿を見せることが出来ない。

でも、こんな自分を受け入れてくれている人が居ることは、もう知っている。

私は、強くなくても大丈夫だよと、他人に言われて、勇気を貰う。

裏に居る暗い私は、大切な人たちに励まされながら、なんとか伝い歩きをして、生きている。

裏に居る「暗い」私は、もう私にとっても、私の一部になっている。

この私は、きっと一番人間味がある。

もしかすると、自分が一番好きな自分。

私が人間だと、強く実感する自分。

裏の「暗い」私を虐める私

裏に居る「暗い」私は、暗い性格ゆえだろうか、いじめを受けている。

お前は死ね!

って、暴言を言われ続けている。

誰だか知らないこの人に、私の一部が、ずっといじめられているんだ。

「暗い」私は、ただでさえ自分の価値を疑っているから。

そんな風に責め立てられると、

ごめんなさい。ごめんなさい。
本当に、ごめんなさい…。
自分が一番よく分かっています…。
許してください…。

ただひたすらに謝ることしか、出来ない。

いじめに立ち向かうことは、出来ない。

とても残念なことに、きっといじめをしているのも、「私」。

辛くて、苦しくて、もがいている人間に、

お前は必要ないから。死ね。

簡単にそう言い放つのも、「私」。

表と裏

私は、表で見せている姿以外にも、たくさんの自分を抱えている。

裏垢でしか出せない自分を、沢山持っている。

あなただってそうでしょう?

表垢で呟けないこと、沢山たくさん抱えているでしょう?

裏垢がない人間なんて、存在するの?

私には、むしろそんなことを言う人の方が、信じられない。

裏垢がある人の方が、よっぽど人間らしいと感じる。

「私自身を乗っ取られていました!」

たまにね、出したくなかったところで自分が出てきてしまうことがあるんだ。

簡単に言うなら、アカウントを間違えちゃう時。

ああ、ここでは、この私ではないのに…。

抑えられなかった。

自分の中の自分が、抑えられなかった。

君の出番はここじゃないよ!

そう伝えたのに、出てきちゃった。

うーん、何と言ったら、フォロワーさんに伝わるかな。

すみません、アカウント乗っ取られていました!

…私の中の、違う私に乗っ取られていたんだけど。
そう伝えて、一体誰に伝わるんだろう。

まあいっか…。

これも、私の一部だし。
他人から見れば、全部私がやってることだもん。

結局全部、「私」という人間がやってることだから。

裏垢でも、必死に生きている。

私たち裏垢女子が生きているのは、表の世界だけじゃない。

裏垢の中でも、一生懸命生きている。

陰湿で、暗くて、ネチネチしていて、
自分でどうしようもない感情を発散しながら、
それでも何とか向き合おうと立ち向かう。

負けてしまうこともある。
むしろ負けてばっかり。

負けては表の自分とのギャップに凹んで、
裏の中の自分に否定されて、もっと苦しむ。

でも、いいの。
負けてもいいの。

表でキラキラと過ごしている私も、カッコいいけれど。

裏で戦ってる私だって、カッコいいから。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする