2019.02.21

どうせ生きるなら

隣の芝生が青すぎて、私の人生草生える。

あーやん。

あーやん。

何も始めてないのに、指くわえて「羨ましい。」と言うのは、きっとわがままだ。

隣の芝生は青い的な?

よくことわざで、「隣の芝生は青い」なんて言うけれど、最近本当にそう。

周りの人間は人生が楽しそうだ。
毎日笑ってる。
きっと辛いこともあるんだろうけど、表に出さずに頑張っている。

本当に尊敬する。本当にすごいと思う。

今の時代は、SNSの発達により、簡単にカリスマが生まれるようになった。
天才が世の中に現れすぎて、ついていけない。

時代の流れも早すぎる。
みんなそんな早さに遅れることなく、トレンドの波に乗って生きている。
タピオカが流行ったら並んで、シーシャが流行ったら吸って、みんな同じブランドのトレーナー着て、みんな動画見て、動画配信して。

本当にすごい。SNSは人を動かす素晴らしいものなんだと思った。

同時に、置いていかれている人間としては、隣の芝生が青すぎる。

違いは何?

私と周りの差はなんだろう。

なぜ私は、みんなのように〇〇ができないんだろう。とか、
なぜ私は、みんなのように生きられないんだろう。とか。

いつもいつも両手放しで、「いいなぁ」って言ってるだけ。
輪の中に入ろうとしないのも自分。
ついて行こうとしていない自分に原因があるなんてわかってる。

でも、周りが羨ましくて仕方ない。
みんなでふらっと飲みに行ったり。
みんなで遊んだり。夢の国に行ったりしてる。
時には、みんな海外旅行したりしてる。

人生が華やかで楽しそうだ。
『今』を生きている人は、輝いて見える。

でも、きっとみんな、「あの子は羨ましい」って思いながら生きているんだろうな。
誰かを羨ましいと思っている私を、羨ましいと言う友達がいる。
私が羨ましいと思っている人も、憧れの存在がいる。

きっと人間は、そうやって積み重ねられているんだ。

羨ましいは、わがまま?

きっとみんな誰かに憧れている。
きっとみんな誰かを「羨ましい」と思っている。

でも、指くわえて「いいなぁ」なんて言ってても、人生は1mmも前に進んでくれない。
それは、誰しも理解しているはず。

でも、行動できないんだ。
いや、行動しないんだ。
行動しなくていい理由をつけて、「私にはなれないから」「私にはできないから…」って言う。

そんな努力もしないで生きてきたくせに、「私の人生つまんない」とか「私この先どうなっちゃうんだろう」「私って不幸」とか言ってるの、だいぶ草。

羨ましいなら、なればいい。
その次元に行くまでに、その人はきっと滲む涙を拭きながら、毎日全力で走ってきたんだ。

遊んでるのが羨ましいと思うなら、それだけ稼いで海外旅行行って写真載せまくって承認欲求満たせばいい。
みんな人生楽しそう…って思うなら、自分も好きなこと見つけて、それを仕事にできるくらい努力すればいい。

何も始めてないのに、指くわえて「羨ましい。」と言うのは、きっとわがままだ。

そこに辿り着くまでの努力は絶対に人を強くする。

それに、自分の人生を羨ましいと思ってる人がいる事実を忘れなければ、人は少しだけ強くなれる。

あーやん。
あーやん。
躁鬱病/バイセクシャル/DV/イジメを乗り越え、DariaMeを立ち上げ。 『生きるという当たり前に真剣に向き合います。』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする