2019.02.19

どうせ生きるなら

薬がなければ生きていけないのね。

あーやん。

あーやん

薬がないと、ちゃんと生活ができないなんて、信じたくなかった。でも、ありがとう。

薬がなければ生きていけないのね。

毎日、朝昼晩と薬を飲まないと、精神を安定させることができない。

夜眠ることができない。

そんな人はこの日本にたくさんいる。

それを知らない人たちは、「何で薬飲んでるの?」と言う。

でも、その問いに対して、答えたくないのも事実だ。

自分が薬飲んでるなんて、好きな人には知られたくない。

仲の良い友人にも、心配されたくないから、言いたくない。

でも、実際に薬がなければ生きていくことが難しい。

ちゃんと呼吸をして、ちゃんと笑って、ちゃんと外に出て、ちゃんと生活する。

この“ちゃんと”ができないんだ。

ご飯を食べたり、眠ったり、歩いたり、走ったり、仕事をしたり。

そんな当たり前ができないんだ。

毎日薬を飲んでいると、悲しくなる日だってある。

ある日の夜

ある夜、いつも通り薬を取り出して錠剤を見た瞬間、涙が溢れてきた。

突然涙が止まらなくなった。

「後何年この生活が続くんだろう」とか「これがないとちゃんと生活できないなんて辛い」とか…

自分があまりにも弱くて、脆い。

その事実が受け入れられなくなってしまったんだ。

こんな自分を望んではいなかった。

小さい頃は、ちゃんとした大人になって綺麗なお嫁さんになると思っていた。

こんな醜い自分を望んではいなかった。

夜は気持ちを少しずつ地獄に落としていった。

立ち直れないんじゃないかと思うくらい泣いた。

日常生活の一部として服用している人がほとんどだ。

だから、気にならない。

これのおかげで生きてる!やった!と思える人もいる。

でも、自分の気持ちについていけなくなってしまった。

突然、自分の生活や自分自身を愛せなくなってしまった。

「こんな体…」「こんな心…」なんて自分を責めてしまった。

「大丈夫、私は強いから。」

大丈夫よ、私は強いから。

大丈夫よ、私は薬を飲んでる自分もきっと愛せるから。

大丈夫よ、私は毎日笑ってるから。

これがないと生活ができないんじゃない。

これがあるから生活ができるんだ。

大切な友人や家族と笑って生きられるんだ。

きっとこれからも、耐え難い現実に向き合う日が訪れると思う。

でも、その時はとことん落ち込んで溢れる涙をこらえずに、全力で泣いてやろう。

そしたらきっと、いや、絶対。

私は昨日より強くなれているから。

「我慢して堪えるのは良くない」先生が言ってた。

自分の感情にも、自分の体にも、素直に生きていけばいい。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする