2019.02.18

貴方が好きなのは、「貴方のことが好きな私」でした。

久保佳奈子

久保佳奈子

恋の脆さと儚さを知った。儚く散ったからこそ、美しく見えてしまうのかもしれないね。

片思い?両思い?

恋が叶った。

片思いが、両思いになった。

それなのに、何故?

どうして私は、いつまでも片思いをしているのでしょうか?

これは片思い?それとも、本当に両思い?

一喜一憂

私は、貴方の言葉、行動、全てに一喜一憂して。

貴方にもっと好きになってもらいたいと、ただひたすらそう願っていた。

貴方が好きだと言ったブランドの服を買った。

貴方の反応が悪かった服は、もう着ないと、捨てた。

貴方の好きな音楽を聴いた。

貴方の生き方に憧れた。

貴方の背中が大きく見えた。

貴方はとても強くて、私が絶対に超えることのない人だと、信じてやまなかった。

私はこの人に着いて行きたいんだと、ずっとそう信じていた。

脆く、儚く、崩れた。

いつだろう。

なんだか簡単に、崩れてしまったの。

自分がどこに居るのか、分からなくなったの。

貴方を追いかけるだけの自分に、自分は居ないことに気付いたの。

私は貴方の操り人形じゃない。

貴方のモノでもない。

私は、私なんだから。

でも、そんな「私」は、一体どこに行ってしまったのかしら。

私は、「私」をどこに置いて来たのかしら。

もう、本当の自分がどこに行ったのか分からなくなってしまったわ。

恋は、脆く儚く、いとも簡単に崩れていった。

私が信じていたものなんて、結局どこにも存在していないものだった。

「信じていた」ものは、いつの間にか「信じなければいけない」ものになっていた。

私は、どこで間違えた?

どうしてもっと早く気付けなかったのかしら。

貴方は、私を見ていない。

貴方が見ているのは、「貴方のことが好きな私」だった。

そして、私は私で、悪者で。

「貴方のことが好きな私」を、ずっと一生懸命に演じていた。

いつの間にか私の素直な気持ちは、演じている自分になっていた。

脆く、儚く、崩れたから。

きっと、「恋」というものは

脆ければ、脆いほどに。
儚く散れば、散るほどに。

美しさを増してしまうものなのでしょう。

そうやって崩れ去ったものに、私たちは何故だか魅了されてしまうのでしょうね。

私の恋は、脆く儚く崩れたからこそ、今はもう「美術品」として記録されている。

そんなもの、家に置いておいたらスペースを取るだけだから、美術館に寄贈して、私の手元を離れたところにひっそりと置いてもらって構わないわ。

そして、私がその美術館を訪れることは、決してない。

もう、見る必要もないほどに、見飽きたから。

セピアに色褪せた恋の色

長く続いた恋は、いつまで経っても色褪せることのない’片思い’でした。

終わってみて、その色はいとも簡単に、褪せていきました。

私には、もうあの頃見ていた色を完全に思い出すことは出来ない。

思い出はあっても、そこにあるのは、セピアだけだから。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする